スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカにカメラをつけてみた!? 

米ナショナルジオグラフィックはアメリカオオアカイカにカメラを装着するイカ用ボディスーツを開発。
自然界でのイカの行動がカメラに納められた。



まずはイカを放す。海深くへと向かう。
ナショジオの記事によると、腕を大きく広げることで交尾を誘っているらしい。襲われているのかと思った。
身体のあちこちに吸盤の跡が残るが、次々に迫るイカたちに恐怖。ちょうどカメラの前でイカのくちばしが迫るシーンも恐ろしげである。
1分10秒あたりで身体全体が白・赤(モノクロなので白・黒なのだが)を繰り返す。これが会話(コミュニケーション)なのかもしれないとのこと。群れるイカたちも色の変化を繰り返している。

イカは群れ、そして生物の中では知的能力があるためコミュニケーション能力があるのでは、また自己と他者がわかっているのではという本も以前読んだ。
イカの研究は興味深いかもしれない。

参 考

ナショジオ日本語版:【動画】体を点滅させて言葉を交わす巨大イカ
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150126/433159/



スポンサーサイト

ダイオウイカと泳ぐ! 

先日、FNNで海中のダイオウイカを発見、一緒に遊泳するニュースが流れました。
そしてYoutubeのFNNチャンネルで公開されたので備忘のため書いておきます。



日本海側はダイオウイカが多いらしい。最近は日本海の暖流と寒流がぶつかるところで暖流が上昇する湧昇流に乗ってダイオウイカが海面まであがってくるということらしい。


19日、流氷接岸! 

2015年の流氷接岸日は網走気象台発表で1月19日となりました。

NASAの衛星“ランドサット”がたまたま19日にサロマ湖上空を撮影してました(以下、衛星画像はクリックで大きくなります)。薄雲を通しての写真ですが、サロマ湖・能取湖から知床半島付け根の海上にもやもやっと白く渦巻く海氷がみえます。
20150119_01.jpg

18日、サハリン東沿岸から帯状に押し寄せる海氷がNASAの地球観測衛星でも見えました。
20150118_01.jpg

JAXAのAMSR-E(改良型高性能マイクロ波放射計/NASAの地球観測衛星Apua搭載)で得られたデータによる海氷の厚さ画像。18日現在で北海道に到達しているのがわかる。19日は赤いエリアが多くなっていた。
20150118_W1AM2150118B_hok_IC0.jpg

NASAの地球観測衛星による13日の画像。この日は雲が少なく、海氷がはっきり見えていました。サハリン東沿岸に海氷がたくさん集まっているのがわかります。
20150113__01.jpg

参 考

網走気象台:網走の「流氷接岸初日」のお知らせ
http://www.jma-net.go.jp/abashiri/topics/setsuha2015.pdf

NASA WORLD VIEW
https://earthdata.nasa.gov/labs/worldview/index.html?unsupported

JAXA:オホーツク海の海氷分布
http://sharaku.eorc.jaxa.jp/cgi-bin/adeos2/seaice/seaice.cgi?lang=j&mode=large


モフモフした毛虫、毛虫に擬態する鳥の雛 

youtubeを見ていたらあまりにモフモフした毛虫の動画を発見!



“Flannel Moth”とされるが、正式な名前はわからず…。有毒らしい。

次は“Flannel Moth”によく似ているけれど、実は鳥の雛。



“cinereous mourner”の雛らしい。
親鳥から餌をもらっている動画もある。



世の中知らない不思議な生き物でいっぱいだ。


参考

ナショナルジオグラフィックス:The Caterpillar Defense
http://phenomena.nationalgeographic.com/2014/12/10/the-caterpillar-defense/

hortIPM:Puss caterpillar, asp or flannel moths
http://hortipm.tamu.edu/pestprofiles/chewing/asp/asp.html


前線がくっきりと 

世界風速( http://earth.nullschool.net/jp/ )で昨日 10月22日正午の地表の風を見たら関東地方からカムチャツカに向け風の境目がくっきりとあって興味を持った。静止画像ではわからないだろうが、風の動きは境界に向けて南北から流れ込んでいる。

20141023_01.jpg

気象庁の22日正午の天気図をみると、前線が伸びているのがわかる。北からは冷たい空気、南からは暖かい空気が徐々に北へ進んでいるようだ。北風、南風のせめぎ合い。
20141023_02.jpg

NASA MODISで衛星画像を見た。ちょうど日本付近で画像が分かれてしまい太平洋側が9時41分頃と日本海側が11時17分頃(JST)だ。
列島を横切る雲の帯が前線の雲だろうか。寒冷前線(北風)は冷たいため地表付近から進む。暖かい湿った空気は冷たい空気の上に押し上げられ雲をつくる。その寒冷前線の先端は雲の右側というイメージでいいのかな。
20141023_03.jpg

気象はおもしろいな。

クレジットカードの磁気テープがキラキラ 

クレジットカードの更新時期となり新しいカードがやってきた。
サインを書くために裏返すと、磁気テープ部分がキラキラとホログラム処理が施されていた。

20140911_02_0816.jpg

磁気ストライプを調べると、表にあるもの、裏にあるものの2種類があることを知った。
表にあるにはキャッシュカード。裏にあるのはクレジットカード。裏側にあるのが国際規格みたいです。
ICチップ内蔵のものにも磁気ストライプがあるのは、IC読み取りができない場合に備えているわけではなく、磁気ストライプの情報は同じでICチップにはカード番号、所有者名、有効期限、暗証番号とデータ通信する場合の暗号鍵がしこまれているらしい。
これにより暗証番号認証はセンターとの通信ではなく、カードと端末とでできるようになったのでしょう。

最近はカードに磁気ストライプがないものもあるけれど、これはないわけではなく、印刷で隠ぺいされているのだ。
このホログラム処理も隠ぺい磁気ストライプの一種なのだろうが、磁気ストライプの場所がわかるので隠ぺい目的ではなく、違う目的なのだろう。

すなわち考えられるのは偽造防止。
磁気ストライプにホログラムを施されたものはホロマグネットストライプ(ホロマグ)とよばれるものだそうだ。
調べると読み取りの際にエラーが出やすかったそうだが、今は改善されたのかもしれない。

参 考

常陽クレジット:VISAカードのデザイン変更について
http://www.joyocredit.co.jp/credit_card_okyakku/card_riyo.html

日銀金融研究所:ICカード利用システムにおいて新たに顕現化した中間者攻撃とその対策
http://www.imes.boj.or.jp/research/papers/japanese/11-J-16.pdf

キリンの首が長いのは? 

キリンのオスはメスを得るために壮絶な戦いをする。それは首を鞭のように相手にぶつけるのだ!



『分子からみた生物進化』(宮田隆/ブルーバックス)を読んでいる。
一般にキリンの首が長いのは、他の動物が届かない高木の葉を食べるために徐々に首が伸びた、という説をよく聞く。

しかしこの本では、創造論者が次のような指摘をダーウィンにしたと書かれていた。
1)長い首を支える骨や筋肉などのさまざまな支持構造を変更する必要がある
2)心臓から高い位置にある脳まで血液を送るための高い血圧が必要になる
3)これらを同時に変えるのは自然選択だけでは困難である

ダーウィンは自然選択での説明をするが、首が長くなる進化をしているものと、血圧が高めに進化したものが交配すれば実現できる、ようなことを考えたようだがちょっと納得しにくい。

ここで、本ではスティーブン・J・グールドという古生物学者の説が登場。
上の動画にあるようにキリンはネッキングという首をぶつけ合う行動をする。
当然、長い方が遠心力が働き強力であるから、戦いでは首のより長い方が有利であり、結果メスを獲得できる。

そうすると、首の長めのキリンが子孫を残すことができるわけで、どんどん首が長くなっていったのであろう。首を振るという行動のため、骨も筋肉も鍛えられる。また血圧も高くなり、同時に異なる二つを実現できた。

そんな説だ。おぉ、これなら納得できちゃう。(まぁ、説ですけどね)
しかしこのネッキングという行動はあまりに激しい。実際に見たら、音も大きくてびっくりしちゃうね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。