スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡の国の円高 

とある大手家電量販店で行われている円高還元セールを物色中のなんだろう君を何やら悩んでいる匝がみつけました。



やぁ、なんだろう君。久しぶりだね。ずいぶんと羽振りのいい買い物しているね。

なんだろう君
これは匝さんじゃないですか。あいかわらずしけた格好ですね。


それは失礼だろう。ところで何を買っているんだい?

なんだろう君
今、円高で海外製のものが安くなっていると聞いたので買いに来たんですよ。あるものなんか円高還元セールしていて円高万歳です。


おやおや、それはよかったね。それが自分の首を絞めるとも知らないで。

なんだろう君
なんですか、その思わせぶりなセリフ。まるで円高が問題みたいな言い方ですね。


君は円高のメリットをどう考えているんだい?

なんだろう君
そりゃ、輸入品が安く手に入りますから不必要なほど高機能で高額な日本製よりも、もともと使う機能しかないが高かった海外製のものが円高でどんどん安くなることはいいことです。


円高メリット以外のことまで言ってない?ま、いいか。
じゃ、円高のデメリットは?

なんだろう君
日本製品が海外に売れなくなるっていいますね。


ずいぶんと簡単に言うね。それがどれほど大変なことかわかっている?

なんだろう君
そうはいっても日本は海外から材料を輸入し加工して輸出するわけでしょう。円高ってことは輸入する材料も安くなっているわけですから問題がないと思います。


あうちッ!君の思慮のなさには呆れるね。そもそも君はモノづくりの会社に勤務しているんだろう?
ここで円高の恐ろしさを教えてあげよう。

続きを読む

スポンサーサイト

カマトトぶって 

蒸し暑さにだらけ伸びきっている匝のもとへ、腕を組み何か思案げな顔で、なんだろう君がやってきました。


やぁ、なんだろう君。随分と深刻そうな顔をしているが、夕飯の献立でも考えているのかい?
似合わないからやめた方がいいよ。

なんだろう君
そうじゃないんですよ。人生の大きな難問にぶつかっているんです。


ほう。それはそれは。恋愛関係かい?

なんだろう君
残念ながら違います。もっと奥が深いもので、子どもにとって繰り返される謎です。


ん~、ニワトリが先か、タマゴが…

なんだろう君
違いますよッ!ボクが真剣に悩んでいるのにどうして茶化すんですか!


いやいや、そういうつもりじゃなかったのだよ。そもそも君のいう奥深い謎とはどんなものなんだい?

なんだろう君
“赤ちゃんはどこから生まれるか”ってテーマです。


いやぁ、びっくりだ。そんなことで悩んでいたのかい?カマトトぶってちゃいけないよ。そもそも君は何歳…

なんだろう君
ボクじゃないですよ。知り合いの小学1年生から真剣な顔で聞かれたんです。
「最近ボクに弟か妹ができるの。でもどこからくるのかな」って。


それで君はなんて答えたんだい。

なんだろう君
あ~、コンビニ?って答えました。


おいおい、いつから赤ちゃんがコンビニで売られることになったんだい。

なんだろう君
えぇ、だって突然だったんで、とっさに答えてしまったんですよ。
じゃ、匝さんはどう答えるんですか?


うむ。そういう嘘はいわないな。コウノトリが…なんて言っても感のいい子なら騙されていると気付くだろうから、嘘はいけない。もっとも橋の下で拾われたと信じていた子供も中にはいたがね。

なんだろう君
だからどう答えるんですか!(その橋の下で拾われたのは匝さんじゃないんですか?)

続きを読む

鏡の国の大不況 

おちぶれた格好で道端の空き缶を拾っている少年を見かけたところ、それがなんだろう君だと気づいた匝は知らんぷりをして通り過ぎようとしました。

なんだろう君
あ、匝さんじゃないですか。こんなところで何をしているんですか?


はて?どこかから声がするが…。

なんだろう君
無視をするのをやめてください。ボクですよ。


おやおや、なんだろう君じゃないか。どうしたのかね、こんなところで?

なんだろう君
一生懸命働いていた自動車メーカーの下請け会社の工場に出入りしている会社が
仕事がなくなったと言ってクビにされて追い出されたんです。


なるほど、最近よく聞く話だね。

なんだろう君
なんで、アメリカで株が暴落したからってボクが失業しなければならないんですか?
納得いきません。働いていた会社だってこれから新工場を建ててさらに人を増やさないといけないって
言っていたのに。


それは君、景気が良かったからさ。

なんだろう君
??


では、君がアメリカ人の貧乏な労働者としよう。

続きを読む

風船の科学(きっかけ編) 

天高く馬肥ゆる秋。フッと空を見上げてみれば赤い風船が街灯に引っ掛かったままユラユラと揺れている。さらに下に目をやるとウーウー唸りながら街灯に登ろうとしているのは、なんだろう君。


やぁ、なんだろう君。こんなところで何をしているんだい?
久し振りにあったけれど、相変わらず不可解な行動をしているようだね。

なんだろう君
匝さん、久しぶりの再会の挨拶がそれですか。ボクはひっかかっている赤い風船を取って、いずれは恩返しをしてもらう予定なんです。


恩返し?誰の??まさか風船じゃなかろうね。

なんだろう君
知らないんですか?風船とお友達になると、その後、大空へ連れて行ってもらえるんです。


君はいったい何才なんだい?それはフランス映画の“赤い風船”だろう。あれだって、無事に帰ってきたかわからないよ。飛んでいくシーンしかないし、かの風船おじさんと同じように…

なんだろう君
そうそう、おじいさんやおかあさんのいる遠いお国へ行って、寒いことも、悲しいことも、おなかのすくこともなく、みんな一緒にいつまでも楽しく暮らせるんです。こんな不景気なところとおさらばできますよ。


どこかできいたフレーズだねぇ。
そこまでいうならあるかどうかわからない“恩返し”なんて当てにせず、自分で空に飛んでみたらどうだい?

なんだろう君
ええっ!どうやってですか?


その前にいいかげん降りてきたらどうかな。風船を取るなら、ちゃちゃっと。

なんだろう君
よいしょっと。風船も一緒に作戦会議ですね。


なんか疲れるなぁ。
ところでその風船はどうして浮いていると思う?それがわかれば半分飛べたも同然さ。

なんだろう君
馬鹿にしないでくださいよ。それは風船の中のガスの重さがマイナスだからです。

続きを読む

迷える羊飼い 

ドーン

il||li _| ̄|○ il||l

なんだろう君
あは、こんにちわぁ。どうしたんだい、匝さん。


なんだろう君…。暖かくなって別れの季節も間近だね。春一番も吹いて…花びらも舞っているよ

なんだろう君
それはね、匝さぁん。地球がアンニュイな溜息をついているからなんだよ。
そしてそんな息が季節を変えていくのさぁ。
でもボクがいれば、いつも楽しく寂しくないよ。だって、サイエンス100%。
もうウールなんていらなんだよ。眠れない夜でもヒツジを数えなくてもいいのさぁ。


なんだろう君…、匝はうれしいよ…ふっ
ね、なんだろう君。匝は何のために生きてきたのかなぁ。

なんだろう君
匝さん。匝さんは本当はアルプスの羊飼いで、迷える子羊を…

(メール見つめてないで、はやく会社にいきなさーい)


この物語はフィクションであり実在する人物、団体、事件、その他の固有名詞や現象などとは何の関係もありません。嘘っぱちです。どっか似ていたとしてもそれはたまたま偶然です。

温暖化と北極 

春の陽光にうたた寝している匝のところへ、浮き輪をつけたなんだろう君が慌てて転がり込んできました。

なんだろう君
匝さん、大変です。地球温暖化で北極の氷がとけると海に近いところは水没するってテレビでやっていました。さぁ、一緒に逃げましょう。


なんだい、なんだろう君。その慌てっぷりは。浮き輪までつけて、まるで火事場で枕を持って逃げる人みたいじゃないか。そもそも氷が融けようが海面が高くなっても津波のように街を襲わないから、とりあえずは慌てなくても大丈夫だよ。テレビでもいますぐ逃げろとはいってなかったろ。

なんだろう君
今すぐじゃないんですね?ふぅ、よかったぁ。でも北極の氷がとけているのは本当でしょう?
温暖化で気温も上がっているし、どんどん氷がとけていずれは水浸しですね。そうだ、今のうちに高台の土地を買っておかなきゃ。


慌てふためいていたと思ったら金儲けの話かい。君の心にはサイエンスが不足しているね。慌てる乞食は貰いが少ないっていうよ。そもそも北極の氷がとけているのは気温は直接の原因ではない。

なんだろう君
え?だって地球温暖化にならないよう、冷房は高めに暖房は低めに設定しましょうとかいっているではありませんか。


地球温暖化の話し全体を語りだすと収拾がつかなくなるので、要点だけいっておこう。そして今回はなんで北極の氷がとけているかというのをメインに話したい。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。