スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍勢祭りの雰囲気 

91011_31.jpg
天高く感じる秋の空。吸い込まれるように飛んでいく龍勢、そして幟旗。
91011_32.jpg
龍勢を楽しむ会場は桟敷席。打ち上げる流派の席などもある。その多くは有料桟敷席だが、町を挙げてのお祭りだ。地元密着数百年の歴史なのか、観光という感じはしない。15分に一発という龍勢だが、打ち上げ前の口上も楽しく聞いて、お酒で上機嫌の見物客が多い。縁日も出ていたしね。

このお祭りは町おこしとかいうものではなく、古来より伝わる伝統的なお祭りである。

そもそも椋神社は西暦710年にできた由緒ある式内社だ。710年は和銅3年。和銅とは、純度の高い銅のことで、椋神社のある秩父地方で発見された。元号はこれを記念して改元されたものだ。この時に発行された通貨が“和同開珎”である。

龍勢まつりのはじまりは、椋神社の由来に基づいている。
日本武尊がこの地に立ち寄った際に道に迷ってしまった。この時、持っていた鉾の先から一条の光が走る。その光は大きな椋の木をあり、その傍らに猿田彦大神が立っていて赤井坂へと導いてくれた。その後、大勝し、鉾を神体として猿田彦を祀ったのが椋神社のはじまりとされる。

この鉾からの一条の光を模した行事を後年の氏子たちが興す。最初は火のついた燃えさしを河原で投げていたのだが、火薬が伝わると龍勢として空へ飛ばすこととなったそうである。

以上の由来について“椋五所大明神由来”という1725年(享保10年)の文献に記載があるため、ここから数えても280年以上も行っている由緒正しい民俗伝統行事なのだ。
91011_33.jpg
さて桟敷席の後方には櫓があって、打ち上げる流派の人たちが完成までの紹介などを述べた後、「東西、東西」ではじまる口上を述べる。最後は概ね世界平和や家内安全などを祈念しつつ「椋神社へご奉納」と述べたのち龍勢が空高く上がっていくはずである。もっとも4割は失敗するらしいが。
91011_34.jpg 91011_35.jpg
桟敷席にはどこかの流派が作ったであろう龍の頭が飾ってあった。椋神社の脇には著作権ギリギリの「鉄28号」が飾ってある。小学校かなんかの生徒の作。コメントいただきました。櫻龍会様が製作、奉納された作品だそうで、大変失礼いたしました。
これとは別に龍勢会館には過去に作られたもので「ののけ姫」という、これまた著作権ギリギリのものが飾ってあったのだ。
91011_37.jpg
龍勢は打ち上げ矢倉に運び込む前に桟敷席前の道路を往復する。矢柄と呼ばれる長い竹竿は長さ20メートル程度。先端には松の木をくりぬいて火薬を詰めた火薬筒がついている。筒の周りにはパラシュートやら唐傘、花火などが流派によってつけられている。
91011_38.jpg 91011_39.jpg
これら龍勢の作り方などはバス停近くの龍勢会館(道の駅)にある。打ち上げ矢倉の上部やパラシュートなども展示されている(有料300円)。同様のお祭りはタイ国でも行われているようで、交流があるようだ。下はタイ国用の観覧席。
91011_36.jpg
また来年も行こうかな。


2009-10-26 20:30
斜体部分追記

スポンサーサイト

龍勢が飛んでいく【動画差替版】 

うん、楽しかった!
席について昼食が配られている時に13時になり、龍勢がいつ飛び出してもいいようにカメラを構えての準備。右目はファインダー越しに、左目は生で打ち上げを見つめていた…
がッ!
91011_21.jpg
15番の貴源雲流“秋空を彩る貴源の舞”は秋空ではなく、矢倉の上で舞い上がってしまった。
下の人たちは大変そうだ。
91011_22.jpg
打ち上げは15分置き。風が会場側に流れはじめる。係長氏はビールの買い出し中。
13時15分にやや遅れて16番武甲雲流“大空に輝け、武甲の華 昇龍の舞”の打ち上げ。
やっと秋空に吸い込まれるように雲を引く龍勢をみることができた。これには小学校の寄書きパラシュート付。
91011_23.jpg
続けて13時30分に遅れること7分。17番の翼天飛流“昇り翼龍 流れ銀華”の打ち上げ。これにも別の小学校の寄書きパラシュート搭載。失敗したらちびっこががっかりしそうだが、意外と失敗が多いのも龍勢の特徴。手作りですし、ま、そこも楽しみの一つです。

この龍勢は青空に一条の雲を引き、上空ではじけてうまい具合にパラシュートが展開された。
打ち上げる龍勢には長い竹竿がついているので大きなパラシュートは安全に竿を落下させるもの。凝っている龍勢だと竿から煙幕をいい具合に仕掛けているものも。その他に唐傘や花火もついているものがある。
91011_24.jpg
18番櫻龍会“世界の果てまで、ピカチュウ、吉中、イッテQ”。
91011_25.jpg
この18番も小学校の寄書き付。いい具合に上空ではじけ、煙幕がきれいだ。
91011_26.jpg
椋神社付近の打ち上げ矢倉に近い所からの見学。
20番の白雲流“カギのエキスパート開ける明るい未来を!”という龍名は、奉納者がジュウゼン製造という会社。上空ではじくことなく、まっすぐ山の裏側まで飛び去りました。猪突猛進で社業も安泰?
91011_27.jpg
続くこちらは21番は巻雲流“巻雲流 分身の術”。
奉納者のJAちちぶ農協の方がステージで挨拶。「我々は約束した時間に打ち上げます」という言葉通り定刻の14時30分にうちあがった。上空ではじけ、パラシュートが展開し、花火が鳴った時にはガッツポーズしていたのを匝はみてしまった。うれしいんだろうなぁ。

23~25番23,24,26番はYoutubeでご覧ください。
お子さんの誕生祝いで奉納したりすることもできるそうです。聞いたら流派に申し込むらしいんですが、相場は30万円くらい。原価は15万くらいかなぁ、とはいっていましたが、とりあえず30万円を払えば自分の龍勢を作ってもらえ、もしかしたら口上も述べられるのかも。

この口上がおもしろい。どうも打ち上げと口上は審査されているようで、順位が発表されるそうな。

25番は“大不況でも元気だよ。唐傘まつり”という龍名だったけれど、打ち上げまでに時間がかかり、さらに上空に至る前にはじいてしまったため、この不況は長引く上に行く先も何があるのかわからないという暗示にならないように。なむなむ。(以下、追記)打ちあがることなく下の写真のようにハジケました。前途は…
91011_28.jpg

動画最後の打ち上げは26番の“秋空に舞う ナイアガラ ☆一番星の舞☆”という秋雲流の龍勢だったようです。

バスへの移動や龍勢会館見学もあったので16時には移動することに。風の影響もあって打ち上げは遅れ気味のところ最後に見たのは、地上ではじきました。残念。


2009-10-13 23:40
動画の最後の打ち上げの訂正

ひたすら目指す、秩父 

91011_11.jpg 91011_12.jpg
東京駅から鍛冶橋駐車場へと向かう。東京から近畿日本ツーリストのバスツアー“龍勢祭り”が出発するのだ。

東京駅を降りて振り向くと、なんと八重洲のビル(大丸)がなくなっていたのには驚いた。大丸は北側に移転したとのこと。

有楽町方面へ進むと大きな赤旗が翻っていた国労ビルのあとには巨大なガラス張りのビジネスビル2棟。そういえば丸の内の国鉄本社ビルもなくなってしまった。時代を感じますが、円筒形の首都高鍛冶橋換気所の威容は変わりません。

参加者は30数名でバス1台。おじさん、おばさんが多かった。20代前半くらいの若い姉妹がいたが、興味本位で参加したのかな。我々の他にSLで参加する人たちも30数名とのこと。
91011_14.jpg
首都高乗ってのち、関越に入らずに下道を行くことになる。三連休と千円渋滞を避けるべく、バスの運転手さんの決断に頼る行程。添乗員判断で酒蔵は割愛される。いやほんと、渋滞で時間が読めない状態だったのだ。途中の道の駅で休憩。一万円の金魚が販売されていてびっくり。鉢植え買ってる参加者みて目をまん丸にした。
91011_13.jpg
峠を越えれば、武甲山。セメント原料で削り取られて山の形が変わったものの、それなりの威容があって好きですね。もっとも棒倒しみたいにならねばいいけれど…
91011_15.jpg
どうにか到着予定時刻にたどりついた桟敷席。昼食が配られる。
焼きおにぎり(市販)、けんちんうどん、名物モツ煮。うどんはダメだったが、けんちん汁はこのあと2杯いただいた。係長氏はモツ煮もおかわり。コンビニははるか遠く。ビールなど酒類は、神社付近で主催者が専売しているので屋台では買うことができません。道の駅で購入しておくべきでした。
トイレはツアー専用仮設トイレがあるが水洗ではない。境内のトイレは大変な行列だった。

そんなこんなで午後の部から楽しみます。

千円渋滞 

まだまだかかりそう。
関越の高坂で休憩かな?

村祭り 

20091011165709
幟がはためきます

上がった! 

20091011134714
大賑わい

天高く、狼煙上がる秋 

“龍勢祭り”に行きたいなぁ、どうしようかなぁ、と悩んでいたら、近畿日本ツーリストで龍勢祭りの日帰りツアーがあった。

内容は、日帰りバスで一度酒蔵に寄った後、龍勢祭りを堪能するコース。
もうひとつは、往路のみ秩父鉄道でSL利用というものだ。
匝は単純バス日帰りを選択。SLにはちょっと惹かれたが、今回の目的はロケットである。
91011_01.jpg
そんなわけで東京駅集合。バスは1台なんだそうだ。いったいどんな客層が集まるのか、それも興味ありますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。