FC2ブログ

東京の坂あるき 

2001年1月から2003年3月まで37回に渡り、まぐまぐのメールマガジンでお届けした「東京坂道散歩」の新版としてここに再開します。

メールマガジンでは、山手線の東京駅から品川を経て目黒駅周辺の坂道をご案内しました。そして連載が途絶えての間、東京の再開発はすさまじく、丸ビルは新しくなり、六本木界隈を歩いた場所には六本木ヒルズが建っています。その変貌に5年という歳月がいかに変化の早いものか驚く次第です。

それでも今回はのんびりとではありますが、続きとして目黒駅から新宿方面へ向けて散策し、過去にお届けした地域も再度訪れてみたいと考えていますので、お付き合いいただければ幸いです。

さて、東京、特に23区内には名前のついている坂が500以上あり、文京区で106、港区で87、新宿区で73の坂に名前があるとされています。

青梅から北東へは荒川、南は多摩川に挟まれる武蔵野は武蔵野台地といわれ平らな土地が広がりますが、山手線の内側までくると小さな河川に浸食されたり、縄文の海進期に海に侵食されたりして、起伏の富む土地となります。六本木、渋谷、赤坂、本郷など実際に歩くと本当に坂が多いことに気づきます。

そして昔は台地の上には武家屋敷が広がり、低地の下町には町民の宅地や商業地が広がりました。下町では町名や橋の名前などで自分がどこにいるのかがわかりましたが、武家屋敷の広がる台地では目印となるものもなく、坂の名前で判断していたようです。そのため坂の名前が重要であり、今でもその名残として駅名や地名になったりしているのでしょう。

もっとも坂はひとつのキーワード。坂周辺の旧跡なども訪れていきます。

さぁ、坂を歩いて地誌を紐解いていきましょう。

今日のイモリ水槽は姿なく 

イモリ水槽の水槽は28℃を維持している。我が家のイモリ、ナポリ、アーリオ、オーリオのパスターズトリオは姿をナナの中や流木の下、石の陰などに隠しているようだ。

昨日の夕方に1.5Lの補水をし、今日週一の水質検査を実施。4月以前は6/18のブログで確認。
7/1 pH=<6.2 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=5ppm
6/26 pH=<6.2 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=5ppm
6/18 pH=<6.2 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=10ppm
6/11 pH=<6.6 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=10ppm
6/3 pH=6.2-6.6 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=5-10ppm
5/26 pH=6.6 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=<5ppm
5/10 pH=6.6 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=5ppm

うーん、水草が溶けているせいで酸性に傾くのかなぁ。にしては硝酸値はそれほど上がっていないが。なんでかね?

ちなみに本によると石巻貝はやや酸性の水が好ましいらしい。

エビがわらわら 

アカヒレ水槽の水温は27℃を維持している。
残念ながら水温のせいなのか、ヒラマキガイのせいなのかわからんがウィステリアの葉はかなり溶けてなくなってしまった。でも、アナカリスは青々と勢力を拡大中。
ebi20.jpg
昨日は赤虫を投入後、ジジーィッと水槽をみつめていると赤虫目当てのミナミヌマエビ大、中、小とわらわらと出現。いったい、今までどこにいらっしゃったんですか?

そうそう週に1度の水質検査を実施。ちなみに昨日の夕方に水換えしてます。
4月以前は6/18のブログ参照。
7/1 pH=6.2-6.6 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=5ppm
6/26 pH=6.2 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=10ppm
6/18 pH=6.6 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=5ppm
6/11 pH=6.6 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=5-10ppm
6/3 pH=6.6 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=<5ppm
5/26 pH=6.6-7.2 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=<5ppm
5/13 pH=6.6-7.2 アルカリ度=0ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=<5ppm
5/6 pH=6.6-7.2 アルカリ度=<80ppm 亜硝酸態窒素量=<0.15ppm 硝酸態窒素量=<5ppm

まだ酸性度がやや高い。明日あたり再度水換えをしてみよう。

ターバン野口 

お札DEおりがみ 公式「ターバン野口」のつくりかた
お札DEおりがみ 公式「ターバン野口」のつくりかたいそにし まさお ピロ 長谷川 洋介

宝島社 2007-03-10
売り上げランキング : 296

おすすめ平均 star
starオレの指環はお札だぜ!…なんて。
starターバン野口は簡単ながら…
starバカバカしさがたまらない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元住吉の住吉書房で立ち読みしていたところ“「ターバン野口」のつくりかた”という本が山積みされていたのでちょこっと手にしてみた。

千円札の野口英世の顔をつかって、いろいろと折り紙をしようという企画。五千円札の一葉さんとか一万円札の福沢さんなども遊ばれていました。買うほどではなかったにせよ、何やらブログ“ターバン野口の世界”やyoutubeなどにもアップされているってことなので、ちらっと見てみた。なかなかおもしろいゾ。っていうか、千羽鶴野口には驚愕(@o@)。

でも、匝の蔵書にはならなかったですよ。