スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の散策 

あと数時間で2007年も終わり。匝にとっては翌日になるだけで、そもそも年末とか新年とかという季節感というか区切りというかそういうのはあまりない。

1231p.jpg
とはいえ、ちょっと鶴見川沿いを散歩してきました。堤防を歩いていると大綱橋の向こうに送電線と富士山が夕焼けをバックに並んでいたので撮ってみた。富士山は頭に雲をかぶっていたのが残念。匝の感覚だと送電線の鉄塔は夕焼け、街中の電柱は日の出あたりの光が似合っていると思う。

1231q.jpg
堤防は冷たい風が吹き付けていて襟を立てて歩いていると猫と遭遇。
「チッチッチ」
不機嫌そうな顔でこちらを向くなり威嚇っぽく「ニャー」
1231r.jpg
逃げるかと思ったら近くに寄ってきた。でもあいかわらずの不機嫌ではある。

1231s.jpg
猫と別れてしばしいくと京浜河川事務所のカメラがある。この場所には水位計などもあってインターネット上で情報が公開されている。ライブカメラの画像は匝が富士山の写真を撮ったあたりだ。

1231t.jpg
川岸まで降りてみると今年もオナガガモがやってきていた。すぐそばまで行ってしゃがみながら写真を撮っていると近寄ってくる。エサでももらえるとおもったのだろう。残念ながら匝は何も持っていなかった。

冷たい風が頬をなで耳は寒さに痛くなってきたのだが、こうして1年が終わろうとしている。
ま、明日になれば新年になるわけだけどね。

匝のブログをいつも読んでいただきありがとうございました。特に常連さん、ありがとうです。
なにやらつかみどころのないブログですが、来年もよろしくです。

スポンサーサイト

青色防犯灯 青色蛍光灯を調べる 

青色防犯灯が暗いと書いてきたが、そもそも青色フィルムを使わない本当に青い蛍光灯があるのかと調べてみたら、結構あることがわかった。

参考:アカリセンター
http://www.akaricenter.com/chokkan_tokusyu/color.htm


ここで明るさの目安となるルーメン(lm、全光束という)を列挙したい。

東芝20型青色    250 lm
三菱20型青色    410 lm
ナショナル20型青色 410 lm

ちなみに20型の昼白色は1070 lmくらいで、白色になると1200 lmくらいだ。
つまり同じワット数では青色蛍光灯は絶対的に暗いのだ。

1231a.jpg
ところで東芝の青色だけやたら暗い。これはスペクトルが3社で違うからだ。
東芝とナショナルは青色に偏った似たスペクトルだが、ナショナルは東芝よりも青が強い。
三菱は青といいながら黄色の帯域も多く含んでいるため、色合いは青白いと思える。
スペクトルからみればナショナルの方が青くて明るいといえそうだが、普通の蛍光灯よりは暗いことに変わりないな。あとは本数を増やすということかな。3本が理想だがコストの問題もあろうから2本使いが適当かもしれない。

関連項目
2007-12-15 青色防犯灯を考える
2007-12-11 青色防犯灯 小杉編
2007-12-10 青色防犯灯

う~またか 

本年最後の出勤。
乗った電車は中目黒で人身事故のため武蔵小杉で運転見合わせ。
仕方なく、目黒線で回り道することにした。

年末、鉄道の乱れ 

今日は小田原での仕事だったが、いやぁ、年末だからかな?人身事故など鉄道が乱れた一日でした。

朝の東海道下りは遅延。13時44分には二宮駅で人身事故というニュースがNHKラジオから流れる。ネットで確認すると14時過ぎには大江戸線の都庁前駅でも人身事故。

小田原からの帰路で、東横線が武蔵小杉駅で人身事故のためすべて各停で運転との情報を得たため、ついでだから新地の会社へ寄る事にしてあざみの駅へいくと、田園都市線がなかなかこない。しばらくあと放送で車両故障で遅延していることがわかる。そして乗った電車は故障車で、鷺沼駅で車両交換。

ぼろぼろだ。

ま、小田原で買った守谷のあんぱんをうふふな人と池さんに渡したところ、喜んでいただけたのでよしとしよう。





LOUIS GARNEAU  

新地の会社で興味あるものについて池さんから質問された。

そもそもは釣りの話パソコンのネット設定がうまくいかず「えっ、匝さんにも知らないことがあるんですねぇ」などと言われたので、
「知っていること以外は何も知りませんから」と答えてみた。

「シマノって会社、知ってます」
「何屋さんですか?」
「釣具メーカーであり、自転車パーツの会社」
「知らん」
「自転車パーツでは日本でも7割くらいのシェアじゃないかな(wikipediaによると世界最大らしい)」
「ふーん…」
「自動車とかバイクとかは?」
「まったく興味がありません」

なんかだんだん悔しくなってきたな。ま、自転車くらいあると行動範囲が広くなるからいいかも知れない。
係長氏みたいに1泊2日かけてあちこち自転車こぎまわるということはないが。

匝としては実用性を重視しつつも、デザインも考慮したいな。
ふーむ、ルイガノのMV1っていい感じだよなぁ。いかんいかん、衝動買いしないようにしなきゃ。

1226x.jpg

でもデザインがいいよなぁ…やっぱホワイトだよぉ…


リボルテック・ダンボー・アマゾンボックスバージョン 

リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョン
リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョン
おすすめ平均
stars本編にも、アマゾンから荷物が届くシーンがあった
starsなるほど・・
starsウケるコラボ
stars要所はしっかりと押さえている。
stars予約できた方良かったですね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1226a.jpg
アマゾンからお待ちかねの荷物が届いた。ちょっと遅れたクリスマスプレゼント。
その名も“リボルテック・ダンボー・アマゾンボックスバージョン”。

衝動買いで発売日に通販サイトへいくと完売…。半日で売れてしまったためアマゾンのお知らせメールに登録し、再受付でようやく購入した一品です。配送が少し早まって今日届いたわけですが、瞬殺並の完売って誰がそんなに買っているのやら。

1226b.jpg
とりあえず開けてみると…
“わたしはお金で動く。”の名言が!
パッケージはノーマルダンボーの箱。開けるとアマゾン印のダンボーが入っていて安心。

1226c.jpg
本棚に乗せてみた。やや力を蓄えている感じのダンボー。
むむむむ…、カッ!!

1226d.jpg
目が光ります。
ちゃんと腕や足、頭も動いてなかなかよい。

マンガ“よつばと”の28話に登場したダンボーですが、匝のスイッチをオンにするのに十分な魅力。まさに買わずにはおられないってレベルでした。他人がどういおうと、この感性は理解できまい。

あっ、本棚は下段にすべきだったな。背景の本が地誌ではないか。ここはやはり理系のほうがよかったと後悔(どうでもいいことではある)。

1226e.jpg
ふぅ、一仕事終えてダンボーを脱ぐ、みうらちゃん(苦笑)
あぁ、この衝動買いは会社で誤解を与えることになるなぁ…はっはっは

そうそう“みうら”の名前はランボルギーニ・ミウラが元ネタだと思われる。

もんじろう(言葉・方言変換サイト) 

匝のブログ書き込み時間は平日は朝方が多い。こんな早くからアップかよって思われるかもしれませんが、頭のエンジンをかけるにはいいんですよ。

しかし今日は本人も朝からこんなことでいいのかって少し思ってます。

“もんじろう”
http://monjiro.net/


このサイト、標準語を沖縄、大阪、博多などを方言モードに変換するだけでなく、死語や2ちゃん風味などにも変換してくれる、ちょっと笑えるサイトです。そっかぁ、ブログパーツもあるのか…。
忘れないためにブログにアップしておきます。

---沖縄弁モード----
このサイト、標準語をうちなー、大阪、博多などをフツモードたーち変換するだけでなく、死語や2ちゃんカジ味などたーちも変換してくれる、ちょっと笑えるサイトやいびん。そっかぁ、ブログパーツもあるのか…。
忘れないためたーちブログたーちアップしておちゅーん。

---2ちゃん風味----
このサイト、標準語を沖縄、大阪、博多などを方言モ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ドに変換するだけでなく、タヒ語や2ニャソ風味などにも変換して(ヽ゚д)クレる、ちょww笑。゚m9(゚^∀^゚)゚。ブハハハハハハハハ !!えるサイトでつ。そっかぁ、ブログパ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ツもあるあるwwwのか…。
忘れ泣。・゚・(ノД`)・゚・。めにブログにうpしておきまつ。

---死語----
このサイト、標準語を沖縄、大阪、博多などを方言モードに変換するだけでなく、死語20や2姫風味などにも変換してチョる、ちょっち笑えるサイトどぇーす。そっかぁ、ブログパーツもあるのか…。
忘れないためにブログにアップしておきます。てゆっかぁ~、

---ギャル語----
⊇y@廾ィ├、木票準言吾をシΦ糸黽、大卩反、十専夕夕ナょー⊂″方言モ─├″レニ変才奐すゑナニ″レナτ″ナょ<、歹ヒ言吾ゃzちゃω風ロ未ナょー⊂″レニも変才奐ιτ<れゑ、ちょっー⊂笑ぇゑ廾ィ├τ″す。ξっヵゝぁ、┐″□勹″/(°─/もぁゑy@ヵゝ…。
忘れナょレヽナニめレニ┐″□勹″レニ了ッ┐°ιτぉ、キます。


過去の検索キーワード 

過去4ヶ月の当ブログ月間ヒットキーワードだ。

2007年11月 
1位 6.2% 地球温暖化 海面上昇
2位 2.3% 搭のへつり
3位 2.2% ヒラマキガイ

2007年10月
1位 5.3% ヒラマキガイ
2位 4.0% 搭のへつり
3位 2.0% アカヒレ

2007年9月
1位 2.8% ワンセグ
2位 2.6% ヒラマキガイ
3位 1.2% PASMO

2007年8月
1位 25.0% 地震 自由研究
2位 1.2% ヒラマキガイ
3位 1.8% スカイプ不具合

毎月の上位20位までで似たようなキーワードも合計した結果だ。

なぜかヒラマキガイの検索数が多い。これは大繁殖で悩んでいる人が多いということか?でも“ヒラマキガイ”のみの検索ばかりで“駆除”とか合わせ技のキーワードの人がほとんどいないんだよね。ちなみに6月、7月も上位検索キーワード。5月はなかった。

8月にスカイプがサーバでの不具合で使えない時があって、その時に検索した人が多かったのだろう。また夏休みだけに“自由研究”というキーワードが多かった。自由研究と共に“簡単”とか“1日でできる”、“パクリ”などという合わせ技もあったっけ。

“自由研究”はブログタイトルというのもあるが、“地震”は8月に千葉県東方沖群発地震もあったので検索数がアップしたようだ。もともと地震こそがこのブログの目的であったのだが…今やグルメブログになりつつあるのは反省だ。

11月に温暖化ネタが増える。11月のほか8月にも温暖化ネタを書いたのだけれど、11月から温暖化の検索率がアップ。授業の関係らしい。

搭のへつりは大内宿と共に紅葉や旅行ネタなのだろうが、おそらくは“へつり”って何?というのが検索させる動機らしい。

しかし“ヒラマキガイ”だけはよくわからない…。

風船爆弾の高度維持装置 

今日、喫茶店で朝日新聞を読んでいたら風船爆弾の記事が目に入った。

風船爆弾とは第二次大戦中、和紙とコンニャク糊でつくった風船に爆弾を吊るして上空へ放ち、ジェット気流に乗せてアメリカ本土で爆弾を投下するという当時の日本の秘密兵器。

しかし戦果というものはほとんどなく、アメリカにとっては恐怖と嫌がらせ以外の何物でもなかっただろう。恐怖とはまさか日本本土からアメリカまで飛んでくるとは考えなかったので、どうして飛来したのかわからなかった。さらに生物兵器など搭載されたら大変だってところだ。

日本は日本で戦果があるのかないのかわからず、そもそもアメリカまでたどりつけているかもわからないままだったので途中でやめてしまった。

そもそもアメリカはジェット気流の存在を知らず、なぜ日本から風船が飛来するのかわからなかったらしい。日本では大正15年に高層気象台の台長、大石和三郎氏によって発見されていた。

アメリカは戦時中は台風被害にもあっていて、台風の第四象限の危険性をまったく知らなかったために艦隊に損害が発生している。日本海軍は知っていて、これをうまく避けていたわけです。ま、戦況に影響はなかったのですが、日本の気象学も捨てたもんじゃなかったですな。

さて、その風船爆弾の高度維持装置が国立科学博物館に今月27日に寄贈されるというのが朝日の記事だった。

この高度維持装置のしくみが非常に気になる。記事によれば…
“気球を遠くまで確実に飛ばすには、途中で気温低下などで浮力が小さくなったとき、自動的におもりを落とし高度を保つしくみが欠かせない。装置は気圧計で気圧変化を検知し、歯車1個分ずつ回転板をまわすしくみ。高度が下がる(気圧が上がる)と電気スイッチが入り、高度が上がるまで砂のおもりを落とすようになっていたらしい。”(朝日新聞2007年12月25日)
とのことだ。

ジェット気流の高度を維持し、50~60時間を経て爆弾を投下しなければならない。その高度維持のために気圧計が絶対に必要だ。その気圧計は写真ではわかりづらいが“アネロイド気圧計”と思われる。ジェット気流の発見が気象台の人間だし、さらに気球をあげて気圧も測っていたので、その応用であろう。

アネロイド気圧計のしくみは、缶の中に板バネを入れて真空にする。すると大気圧で缶が押しつぶされそうになるが、バネの力でどうにか持ちこたえる。気圧が低くなれば板バネの力が増すので缶は膨らみ、気圧が高くなれば缶はつぶされていく。これをテコの原理で力を伝えることで気圧計の針が現在何気圧なのかを示すのだそうだ。

1225a.jpg
この気圧計の針の変わりに電気接点に変えてやれば、高度が下がりすぎたらアネロイド気圧計の缶がつぶれ、その時にテコが働き、風船爆弾の高度維持装置の円盤を回転させることで電気接点(スイッチ)がつながりバラスト(砂袋)を投下させて風船を上昇させるという仕掛けなのだと考える。

そもそも浮力を得ている気体が水素で分子が小さいので紙と糊では少しずつ抜けてしまうでしょうからね。だんだんと降下していくのも想像できる。

ちなみにアメリカ軍も風船が紙でできていることはわかったが、糊が何でできているのかはわからなかったようだ。コンニャクってアメリカにもあるのか?


“かぐや”本格観測はじまる 

プレスリリース“月周回衛星「かぐや(SELENE)」の定常運用への移行について”によれば、“かぐや”は約2ヶ月の諸機器の初期機能確認を終え、12月21日より定常観測に入ったそうです。

初期機能の確認では13の観測ミッションのうち、蛍光Ⅹ線分光計は性能に問題はなさそうですが、4つのCCDでは感度がよすぎるのかノイズが多くなり、CCDひとつで当面観測をするとのこと。
粒子線計測器では、一部粒子の観測で2時間あまりで電圧制御回路が高温になり観測が困難となるとのことで、これらは温度をモニタしつつ観測、原因も調査するとのこと。

定常観測もはじまり、月の謎の一部でも明らかにできるような成果を期待します。

とはいえ一般人にはそれらの観測データはむずかしいのですが、ハイビジョンカメラによる動画は眺めているだけでもいいのです。地球外の映像をみるのもワクワクしますが、静寂というか動くものが何もないというのも寂しい。

今回公開された動画では三日月ならぬ“三日地球”なる動画も…。月の夜側から昼側へ移動する“かぐや”から撮影されたもの。丸いワッカは横から入り込んだ日光によるものかな。

どんどん月からの映像を送ってくれることも、期待しているゾ!!


サンタクロースを追っかけろ 

今年もクリスマスイブがやってまいりました。こんな日に働いているのはケーキ屋さんとサンタクロースと匝くらいなもんです。

そしてサンタといえば、北米航空宇宙防衛司令部がお届けする恒例の“サンタクロース追跡”。
特設サイト“NORAD TRACKS SANTA 2007”ではgoogleMaps上でサンタのいる場所やプレゼントを配った場所などが表示され、サンタカメラによる動画も見ることができる。新幹線を追い抜く速さで配っていたりしておもしろい。

匝が見ているときはオーストラリア周辺を配っていましたよ。
こういうのを国家機関それもお堅いイメージの国防組織が行っているのが意外です。もっと意外なのはサンタ追跡を50年以上行っていて、冷戦のさなかもしっかり追跡していたこと。
やはり航空、宇宙と空飛ぶものを監視・追跡してしまうんでしょうね。

サイトではお子様向けのゲームもあり、サンタクロースについての説明もあります。



時間と空想 

相対性理論を読むと時間と空間について考えさせられる。
そもそも縦横高さの3次元空間と時間の1次元を加えた4次元時空(4次元空間ではない)というものが実体としてあるのだろうか。量子力学まで考えると時間のほかに物質さえも存在が怪しくなってくる。

結局のところこの世界にあるのはエネルギーと相互作用だけなんじゃないかなぁ、なんて考えている。空間についてはよくわからない。

少なくとも時間は実体ではなく、人間が考え出した概念だと思う。だから常に現在しかない。この辺は結構いろんな人も似たような考えをしているようだ。結局のところあるモノがある地点からある地点まで運動した速度と距離から時間を決めているのだろう。そう考えると速度と距離(空間)しかなく、時間は計算で求められるものだ。そして相対性理論ではそのあるモノを光にしたってところじゃなかろうか。

コンピュータの周波数と似て、この世界でもパンパンと手拍子をとっている何かがあり、この手拍子に合わせてものが動いているっていうイメージを描いてみる。すると絶対零度でも原子の振動が止まらないというのもわからないでもない(但し、この零点振動は不確定性原理によるものとされるが)。

光は電磁波の一種というが頭では知っていても、どうもイメージがわかない。電磁波って電場と磁場が直交して伝わるけど、光にも磁場があるのか?う~ん。

“GPSと時間の遅れ その3”を書きたいのだが、なぜ重力が空間の歪みで重力が強いほど時間が遅れるのかうまく説明ができないので頓挫。強い重力では空間が大きく歪むっていうだけでは納得できませんからね。

GPSと時間の遅れ その2 

GPS衛星は高度約2万キロメートルの上空を12時間かけて地球を1周している。その速度は地球に対して秒速約4キロメートル。この速度は光の速度秒速約30万キロメートルよりも遅いもののGPSのしくみでは大きく影響を受ける。

相対性理論の中のひとつ、特殊相対性理論では…
1)光速不変の原理(真空中の光の速さは光源の速度に無関係に一定)
2)相対性原理(物理法則はどの慣性系でも同じ)
という前提で語られる。ま、理由はわからないがいまのところ、世界(宇宙)はそのようにできているのだ。

1223d.jpg
さてこれでなんでGPS衛星の時間が遅れるかだが、光時計なるものを考えよう。
これは下部で光が上方へ照射され上部の鏡で反射されて下部に戻るもので、往復時間を1光秒とする。

1223f.jpg
これを地上と高速移動する乗り物に載せ、同時に点灯し1光秒を計測する。すると地上から乗り物の時計を観測すると、光の軌跡は斜めに進むため光が往復する距離が長くなる。光速不変の原理から光の速度は変わらないので、地上の光時計が往復し1光秒経過しても経路が長いため、まだ下部に到達していないわけだ。

ちなみに相対性原理に基づいて乗り物の中ではちゃんと1光秒経過している。何をどう計測しても乗り物の中では光時計の往復距離は地上と同じであるので、物理法則は地上と同じように成り立っている。

すなわちこう考える。乗り物に乗っているすべてのものの時間が地上に比べて遅くなった。だから中の人は時間が遅いとか感じることはない。時計も心臓の鼓動も脳の働きもすべて万物の動きが遅いために中の人は遅いことが観測できないのだ。
もっともここまで単純化してしまうと、誤解を生みかねないしもともと匝の理解もこんなものだから、一応“特殊相対性理論”について各自調べてほしい。

さて、GPS衛星の中には正確な原子時計が入っているのだが、地球に対して高速移動するために衛星の時間は地球の時計に比べて遅くなっている。この値は1日あたりで7.2マイクロ秒遅くなっていく。放っておけば1日で2160メートルも現在位置がずれてしまうのだ。

地上での原子の運動よりも衛星の中の原子の運動が遅いために同じ周期では時刻が合わなくなるため、特殊相対性理論で計算される値を調整されているのだ。

しかしそれでもまだ合わない。そこにはもうひとつの時が流れていた。


2007-12-24 緑字追記

GPSと時間の遅れ その1 

うふふな人との自由が丘談義で相対性理論の話が出た。匝は最近、相対性理論より量子力学の方が興味深く考えているのだが、うふふな人との話で相対性理論もまだまだ知らないことがあるなぁ、と感じたのでここでGPSをネタに考えてみる。

前にも書いたことがあるが、カーナビにも使われるGPSは相対性理論を応用している。おそらく身近な技術では唯一の応用技術だと思われる。

GPSの簡単な仕組みは次のように匝は解釈している。ここでは簡単のため、平面で自分の位置を知ることにする。

続きを読む

鉄道架線の吊るし方 

うふふな人と自由が丘でまったりお茶をした時に話題に出た電車の架線断面の話。

タモリ倶楽部で放送された“赤い電車に乗って京急久里浜車両工場へ行こう!!”を見て架線の吊るし方がなかなか興味深いことについてだ。

1222a.jpg
匝はパンタグラフに当たらないように架線の上部を溶接して吊るしているのかなと思っていたが、放送をみると架線断面は丸ではなく、2ヶ所に溝があるのだ。

よくよく考えれば架線は銅なので溶接は難しいし、仮に溶接すると張替えが大変だと考えられる。しかし溝にクリップで引っ掛ける方法であれば、なるほどメンテナンスもしやすいだろう。

星河のレゴの部屋さんにこの辺の写真があったのでご参考まで(勝手にリンクしてすみません)。

架線
http://hw001.gate01.com/seiga/train/kasen.html


架線支持用クリップ(絵を描いた後に発見。実際はこんな形なのですな)
http://hw001.gate01.com/seiga/train/kasen2.html

その後、いつも読ませていただいているブログのdoggieさんがこの記事を読んで、所有する架線とクリップを記事にされました。わかりやすく写真も撮られています。doggieさん、ありがとう!

ちなみに“架線”は“かせん”ではなく、“がせん”と濁るのだそうです。


2007-12-23 doggieさんの記事ならびにリンクを記載した。



初代、川崎店 

昨日は係長氏と共に居酒屋主催の忘年会のあと、溝の口の初代で鴨そばを食べてきた。
係長氏は焼き味噌未経験のため、ぜひ食べてみてと注文。すると…
「あっ、いらっしゃいませ」
お兄ちゃん、しっかり匝の顔を覚えていた。
「焼き味噌は、オクラとかなしですべてエシャレットにしますか?」
ええ、そうしてくれるとうれしい。

聞くと店長さんというわけではなく、一店員なのだそうだが感じのいい方だ。話では来年(いつっていったかなぁ?)川崎店がオープンするとのこと。オープンしたら輝ちゃんと広氏を連れて行こうと思う。

あぁ、鴨そば、おいしかった。


南足柄「ラーメン大幸」 

忘年会でたらふく食った翌日の昼食は南足柄(和田河原)のラーメン屋大幸。

1218x.jpg
何回か社長に連れられて来たことはあるが、なぜかいつも休業。3度目の今日、ようやくありつけました。

店内はせまく15人くらいしか入れません。注文すると意外と早く出てきた。
1218z.jpg
匝はネギチャーシューメン。
1218y.jpg
その他のみなさんはラーメン。

白いネギが鮮やかですが、赤い辛味のあるタレがたらしてあります。ラーメンにあったシナチクもぴり辛でおいしい。シナチクまずいところ多いからね。大幸にはその上をいく特上シナチク(だったかな)があります。道さんは次回チャレンジしたいとのこと。

さて、スープはあっさりした醤油系。でも油は多い。鶏の油かな?麺は平たい縮れ麺で、なんとなく佐野ラーメンを思い出す。竹打ちかな?すすっと入るあっさりした味で、やや物足りない気もするが飽きのこないおいしいラーメンでした。こってり系に飽きたらぜったいよさそう。

ハナアブの幼虫(オナガウジ)<追記版> 

はっきり言います。
この先を見るのは自己責任でお願いします。
さすがの匝もこのハナアブの幼虫には腰が引けました。
ゴキブリほどではありませんが、匝にとってはカマドウマ級の不快昆虫です。

ただ彼らの弁護のために申し添えますと、親であるハナアブはアブの仲間ではなくハエの仲間で人を刺したりしません。それどころか花の受粉の手助けをします。そして今日出会ってしまった幼虫は水中で腐った水草などを食べて水質の浄化の役目があるようです。
見かけで判断してはいけませんが、しょうがない部分もあるよなぁ。
で、ちゃんと忠告しましたからね。

それは今日の休憩中、社長が「ホテイアオイがある桶の中に原生生物のようなものが住んでいる…」からはじまりました。

続きを読む

開成町「安源楼」 

昨日の小田原での忘年会は食いすぎで苦しかった。
あれほど飲み人口の多い会社でありながら、目の前に次から次へとでてくる料理をやっつけるのに精一杯。最終的には負けた。お持ち帰り。

1217a.jpg
ここは小田原というよりも足柄っていうか、東名だと大井松田に近い開成町にある安源楼(あんげんろう)。実は本店は神奈川新町にあり、さらに匝の家から近いところといえば大口店になる。

開成店は2回目。前回はランチを食べに行ったのだが、ラーメンチャーハンの量が多くて匝も目を白黒しながら食べていたところ…
「お前、これ食えるか?オレは一口食えりゃいいんだ」って社長がチャーハンよこす。
だったらはじめから匝のを一口とればいいだろーっ!

という思い出の店でしたが、今回の忘年会も食い倒れです。
「これ何人分?えっ、7人全員だ?なんで5人前くらいにしないんだ。余っちゃうだろう」
と社長からの叱声が…。

味は薄味で日本人好み。そういう意味ではハズレはなく、おいしくいただけます。フロアにいる店員は全員中国人らしい。

1217c.jpg1217d.jpg1217e.jpg
1217f.jpg1217g.jpg1217h.jpg
1217i.jpg1217j.jpg1217k.jpg
1217L.jpg1217m.jpg

前菜のクラゲと鶏肉は最高でした。鶏ばかりくっていた匝です。エビ好き辛いものダメな匝には旨く感じたエビチリもよかった。麻婆豆腐は唐辛子の辛さではなく、山椒の辛さが腹に響きます。
もうそりゃ、でっかく満足でうっぷーッ!
写真は一部取られてしまった後だったりして、盛が少ないのもありますから念のため。

今回はひとり4,200円のコースでした。飲み物は個別に注文。
飲み放題だと2,000円だったかな。

1217b.jpg
そうそう飲み物といえば冒険心旺盛な道さんが、今回も怪しげな「仙草と蜜のゼリージュース」なるものを注文。おそらく亀ゼリー入りジュース。飲み干さなかったところをみると、お口にあわなかったようだ。

それにしても、喰いすぎて酔っ払うことなかったよ。
帰りの車は要注意。シートベルト着用中の急ブレーキは出そうで危険。
歩く時は常に上を向いて前向きに…(^^;;


PHSの機種変更 

今日は小田原。忘年会も終えて先ほど帰宅しました。
忘年会の話は後日にして、今日は小田原までの電車の中でPHSのアドレス登録をしていました。

1216x.jpg
というのも、PHSの機種変更を行ったから。
京ぽんことAH-K3001VからWX320Kへ。3001Vのモッサリ感からサクサクと動く320Kは快適です。ネットもやや速くなった感じがするな。PCでのネット体感速度はさほど変わらないですが、X1パケットからX2パケットになったので実際は速くなっているのだと思う。色はワインレッドから黒へ。320Kはボディの色数が多い割りに好みの色がなかったので黒にしてみた。

どちらも京セラ製なので操作については戸惑うことなく使えてます。価格もいろいろキャンペーンがあって、実質負担なしでしたから満足です。


チネチッタで三十郎 

今日は川崎へ出かけた。輝ちゃんと久しぶりに映画鑑賞。
“椿三十郎”はなかなかよかった。ま、ほぼ黒澤バージョンそのままだったけれどね。2時間10分の上映はまったく長く感じなかった。テンポのいいお手軽な映画って感じかな。

今回はチネチッタCINE1での鑑賞。席数107席のほとんどが埋まりました。このスクリーンは
半分より前の席は近すぎます。一番後ろでもいいかもしれないです。

1216a.jpg
ラ・チッタデラはクリスマスの装い。よくわからない栗の着ぐるみが歩いてました。一体、何者?
1216b.jpg
広場ではカワサキストリートミュージックバトルというタイトルで演奏が行われてました。聴きたかったけれど、映画の時間だぁ。

1216c.jpg
1216d.jpg
映画も終わると電飾モード全開のチッタデラ。おお、星の下に木があったとはきづきませんでした。

アコーディオン 

専務殿が帰りにコジマの買い物に付き合ってくれとのことだったので、オケする。
その前に飯でも食おうとビストロ・ポップコーンへ。家族連ればかり予約客ばかりの中、二人して入店。賑わっているせいか、いつもより時間がかかった気がする。

談笑中にうふふな人から電話。
「今、横浜周辺にいますか?」
「会社帰りの食事してます」
「そうなんだ。今から来ません?」
「今日飲むと4日連続で、いいかげん休肝日にしたい」
うふふな人も変わったな。ダイエットしてたのにアルコールを飲みたがるようになったとは…。

さて食事もひとまず済んでデザートになる頃、アコーディオン演奏がはじまった。曲はクリスマスバージョン。なんかジングルベーを今年初めて聞いた気がする。デザートのブリュレがテーブルに並ぶ頃、各席ごとにリクエスト演奏がはじまる。そして専務&匝の席にもやってきた。

「なんでもいいんですよ。映画やシャンソン…」
「シャンソン!」
匝は突然にシャンソンにピピッと反応。ブリュレのせい?
「じゃ、シャンゼリゼ」
「“おおシャンゼリゼ”ですね」
そこに専務が「枯葉もいいな」と。
「いいですよ、2曲やりましょう」

“枯葉”…聞き覚えがないが、グレコが歌っていた有名な曲だそうだから、家のCDに収録されているはずだ。“おおシャンゼリゼ”の演奏では数人から手拍子があったぞ。ふふふ

一通り演奏が終わり、奏者の女性をお話しする。特にアコーディオンについて気になったことがあった。
1215a.jpg
「左手側のボタンはなんですか?」
「これは伴奏用で、ここは単音がこちらは和音がでます」
ふんふん
「それから6個1列で列がひとつ変わると5音階変わります(っていうような説明だったかな)」

アコーディオンなんてよく見たことがなかった。左手で操作するものがあって和音がでるとはね。
満足、満足。また土曜に寄ってみようかな。
そういえば銀座の音楽ビヤもかなりご無沙汰です。たまには行きますかね>高氏

青色防犯灯を考える 

今日は午後から会社へ。専務殿が家まで送ってくれるとのことで、自動車で走っていると青い街灯がポツポツと現われた。諏訪一丁目の青色防犯灯はこんなところにあったのかと知った。さらに府中街道までいくと北見方の青色防犯灯がいくつも現われた。よく見ると蛍光灯が青い。

営業のNさんと昨日話したのだが、日本の青色防犯灯は蛍光灯に青いフイルムを巻いたものばかりのようだ。これがスコットランドのブキャナン通りのものは光源が蛍光灯ではないようでとても明るい(それともシャッタースピードが長かった?)。蛍光灯にフイルムを貼れば暗くなるのも当然な気もする。青ければいいというのではなく、明るさも確保できるような光源が必要なんじゃなかろうか。

そんなことを考えた。

関連項目
2007-12-11 青色防犯灯 小杉編
2007-12-10 青色防犯灯

2007-12-17 関連項目を追記




高氏とモツ鍋 

朝方、ムカムカで目覚める。昨日のことは記憶が断片化してます。

高氏を溝ノ口のモツ鍋屋“吉”へ連れて行った。
さすがに忘年会シーズンと週末ということもあり、しばし待たされました。寒空の下、お店でもらったホカロンと七輪で暖をとっていると「外でよければ」というのでオケする。

1214a.jpg
寒くてビールという気分ではなく、熱燗でいきました。お銚子の形がなんともです。すぐ飲みたかったのに冷酒が入っているので温まるまで待ちます。温まったかな、などと高氏が飲んでいるのは反則では?

肉を片っ端から注文。高氏も満足モードですが、モノが来てから「ナンコツはいらない」っていうのも反則だぞ。

1214b.jpg
熱燗は時間がかかるので焼酎のお湯割りを頼む。ここはお酒の量が多いのでお得かと思ったら、ロックと同じ量だぞ。お湯で割っている分、酒量が少ないよなぁ。あれ~?

1214c.jpg
高氏、にんにくのホイル焼きを注文。お湯割りのおかわり。にんにく、旨かった。
ついで、モツ鍋を注文。

ここで大阪さんと長野くんとの新地の会を、来年この店でやろうということになった。さっそくメール。すぐに返信がきて「相談して決めます」とのこと。

この辺から記憶が断片化します。どうしてだかわからりませんが、輝ちゃんに匝のPHSから高氏が電話。
例のごとく、なんでお前が出るんだとかいわれている。匝に代わり日曜の予定を打ち合わせますが、まったく記憶にありません!ので、今日の夕方、リコンファームさせていただきます。
輝ちゃんのあと、広氏に同じ手法で電話。高氏から匝に代わりますが、何を話したかまったく記憶ありません。
さらに今朝気づいたのですが、広氏の前にサクッちにも電話してますが、電話した記憶すらありません。まったく迷惑な人たちだ(おいおい)。

1214d.jpg
ちなみに二人だとモツ鍋って結構あるんだねぇ。モツ食べすぎでややムカムカしてきました。
この後の記憶は、お会計をお願いする。ひとり3500円だった(誰が払ったんだ?)。高氏が初代で鴨そば喰うというが匝は限界線が見えてきたので付き合わずに帰った(あいつは行ったのか?まだ喰えたのか)。武蔵小杉の駅だったのかどこかでトイレに行った。東横線乗車中に駅の下車駅までの数をくりかえし数える。気づいたら朝だった。

さすがに3日連続は身体がきつい。

ジャイロ式波力発電 

今月のNewtonを読んでいたら「ジャイロ式波力発電装置」の記事があった。
詳しくは科学技術振興機構の「高効率ジャイロ式波力発電システム」を見てください。神戸大学で研究と開発が行われているもの。

よく科学館に回転する円盤の軸を両手で掴んで傾けると、傾くまいとする力を感じる装置などがある。ジャイロ効果っていうんだけれど、その効果を利用しているとのこと。
wikipedia“ジャイロ効果”でもちょっとわかりづらいかな。

匝も角運動量保存則を理解し切れていないのでうまく説明できない。
たとえば板の上でコマが回っている時、その板を斜めにしてもコマは板が斜めになる前の姿勢を保つ。特に回転している時は慣性によって姿勢が変わらないようなっているらしい。この効果を使って一定の方角を示すものが航空機に使われているジャイロスコープ(ま、地球ゴマ)なわけだ(今はGPSとか電波航法とかかな)。

この波力発電装置も回転する円盤を搭載し波によって装置全体が常時いろんな方向に傾くわけだが、円盤自体はその姿勢を保持しようとしているので結果的に、発電機には傾くたびに力が伝わるということだろう。たぶん構造はそんな感じ。でも具体的にはそんな方法で発電できるのかわかりません。

小型のもので最大2kW(住宅3軒分だそうだ)で大型のものは20kWもあるそうな。


2009-3-30:ジャイロ式波力発電実用化を追加

和ふ庵「かぼちゃまんじゅう」 

12日の通院のあと、綱島で降りて会社の人に頼まれていた10円まんじゅうを買いに行った。
例の店先を借りた和ふ庵だ。販売のお姉さん2人はやや寒そうにしていた。公式ページには綱島店が掲載されていないのは、常設店舗ではないからかな。

販売台に白いまんじゅうがあったので聞くと「かぼちゃまんじゅう」とのこと。頼まれていた10円まんじゅう(黒糖)を30ヶと一緒に、かぼちゃまんじゅうも30ヶ買った。

「はい、カボチャまんじゅうは一箱(10ヶ入り)180円で…」
えっ?10円じゃないんだ。箱代や税も込み込みの180円。30ヶで540円。安いんだけれどお得感が薄まった。ちなみに黒糖まんじゅうは30ヶで340円。

1213a.jpg
会社のおやつでかぼちゃまんじゅうがひとり2ヶ配給。おっ、なかなかいけるじゃん。

この日、写真を撮ろうとデジカメを構えたらモニタに「カードがありません」の表示。カードを
入れ忘れ…。会社の紋次郎さんからカードを借りました。やれやれ…

ブログ1周年での近況(追記版) 

ブログ開設、1周年です。近況をちょろっと。

まずはブログ関連。
アルキメデスの原理を書こうとして数ヶ月。やる気があればすぐにできそうだが、なかなかできない。最速降下問題はイメージは掴めていて、やや理解が進んだ。その過程で最小作用の原理(変分原理)を知ったのだが、これがむずかしい。なのでちょっと視点というか簡単にするためフェルマーの原理から考え直したところ、匝の頭はほとんど哲学の世界になってしまった。ニワトリが先か、タマゴが先か…。
そうそうコリオリの力っていうのもわかっていた気がしたのだが、改めて調べるとなかなか奥が深い。あと「一緒に電池」のコーナーも考えているのだが、小学生にもわかるよう簡単に書こうとするのがものすごくむずかしいことがわかった。できるのだろうか…

健康問題。
昨日は病院で採血し結果を先生から聞くと、ほとんど異常のない健康体とのこと。
しかし尿酸値が7.3→7.7と0.4も上がった。毎日お茶を飲んで利尿を促進していたのになんてことだ。尿酸値上昇の原因は身に覚えがない。まてよ。高氏だけでなく、最近はうふふな人のお誘いもあるからなぁ。係長氏もいたっけ。気づけば飲み人に包囲されていた。
最近、酒を飲んで眠ると、夜間心臓の鼓動で目が覚める。動悸が激しい。

お酒関係。
国産ギネスと輸入ギネスのビンビール飲み比べ。国産ギネスは薄く、泡立ちも悪い。そもそも国産のギネスビールがあったとは知らなかった。じゃ、いつも飲んでいるギネスのジョッキはどこ産?
ワインには驚いた。たまたまカウンタ席の方からワインをいただいたのだが、どう飲んでも軽くて若い。はっきり言って、あまりうまくない。ま、だべりながら別のワインを飲んでみるとこれがさっきのものより断然に旨い。渋みもほどよくまろやかな赤。「これ、旨いね」「え?さっきのだけど…」「え?」
ワインは空気に触れるとどんどん味が変化する。知ってはいたけれど体験すると新鮮なものだ。しばし置いた方がうまくなるとは知ってはいたけれど、これほど違うとは。デカンタで空気を入れるっていうのがよくわかった1杯。

老人力。
新地の会社に来て1年2ヶ月になる。社長は物忘れが激しいのだが、困ったことに伝染性だ。しっかり匝も伝染され、今ここで書き込みながら、今さっき薬を飲んだかどうか悩んでいたりする。
ワインの席で同席された方は67才だそうだ。匝が「最近、電車で席を譲ると怒る(機嫌が悪くなる)方がいるんですよ」というと…
「私は座らせていただきますが、座った後に席を譲られる歳になったのかと複雑な心境ですよ」っていわれました。席を譲るも譲られるも複雑な心境。


地震関係。
まとめが進んでいない。房総沖の群発も放置したまま。このブログの最大のテーマだが、地震での検索はほとんどない。
最近は温暖化ばかりだ。ま、遅々としてるが進めていこう。A先生との防災話もあったな。今度、メールしておこう。

好きな食べ物。
社長から好きな食べ物はなんだ?というので、ベーコンエッグと答えた。半熟の目玉焼きで目玉をプチュッと吸い込むのが好き。人前ではできない。
じゃ、今まで食べた中で一番うまいと思ったのはなんだ?というので悩む。一瞬、子どもの頃におやつで食べた、パンの耳を揚げて砂糖をまぶしたものにぬるい麦茶というのを思い出したが、これは思い出の一品だからなぁ。一番うまかったものというのはわからないなぁ。
匝は、きゅうりかじりながら公園でビールでも、一杯のごはんにサバ缶(水煮)でも満足するひとだから。みんなで食べるのいちばんおいしい。ひとりだと粗食です。

12/13 22:30緑字を追記。一部、字の訂正などした。

うふふな人の「変身ラーメン」 

さて、そろそろ記憶の彼方へ行きそうな秋葉原で買った「変身ラーメン」の試食レポート、うふふな人編をお届けしませう。



1211e.jpg
1.まずはノーマルとんこつ
麺固めで一口食べてみましたよ~
普通のインスタントよりは化学調味料の味が先に来ないでまあまあ頂けました

1211f.jpg
2.基本的にとんこつ醤油が好きなので速攻で変身!
お!これはただの生醤油か? この細麺だとノーマルの方がおいしかったかもしれませんね?!

1211g.jpg
3.更にゆでキャベツ これは昆布出汁で茹でた物を追加

1211h.jpg
4.更に辛子ネギを追加
画像では分からないかもしれませんが、更に豆板醤オオサジ2杯追加!
激辛ラーメンのできあがり!!
朝からヘビーでございましたが、おいしゅうございましたよ~

総括
名前先行のインスタントかと思いましたが、そこそこ出汁が出ていたし麺もそこそこ腰があって予想外においしかったかな?!(期待が少なかっただけかもしれませんが・・・)


いやはや、写真つきのレポートありがとうです。製造元は“熊出没注意ラーメン”の会社だったような…。
ぱっと見、インスタントラーメンぽくないですね。色合いは醤油とんこつの方がおいしそう。
でもね、豆板醤2杯ですか。本当に辛党なんですねぇ。匝は辛いのダメダメなので、ご遠慮したい。


青色防犯灯 小杉編 

二子新地にある諏訪一丁目の青色防犯灯は3灯しかないと書いてあったと記憶していたので、無駄に探さずに82灯設置されているという小杉二丁目へ見学に行ってきた。


まず、現物をみると青色LEDではなく、青色のカバーもしくは青色蛍光灯のようです。LEDからの発想で青色防犯灯を思い出したのに、LEDではなかったなんて…。ま、コスト的に蛍光灯で青くする方がお安いですからね。

1211a.jpg
1211b.jpg
さて、白色防犯灯の道と青色防犯灯の道の比較。場所は武蔵小杉の大西学園付近。
明らかに青色防犯灯の方が暗い。暗い夜道で足元は大丈夫なのかなって思ってしまう。そもそもこれだけ暗くていいのかな。青色は人間の目に明るく感じにくいのかもしれません。それとも青色カバーで暗くなった?あと犯罪が減るというより寒々しくやる気を失せさせているのかも。

1211c.jpg
町会の境なのでしょうか、道路を挟んだ右手と左手とは防犯灯の色が違う。

ところでwikipedia“防犯灯”を読むと、青色防犯灯は霧や雨の時の視認性が悪いそうです。犯罪減って事故増えるってことがないように、たとえば青色と白色防犯灯の割合を決めるとかするのはどうなんでしょうね。





青色防犯灯 

青色防犯灯の試行的導入 「青い光」に犯罪抑止期待
市は10月より取り組み本格化、高津区内では先駆けて2町会が設置
(タウンニュース高津区版2007年10月5日)

LEDといえば、青色LEDによる街灯は防犯に役に立つということを思い出したので、検索してみたら川崎市の自治会で実験的に導入しているのだそうだ。こんな身近なところでやっていたとは。夜な夜な散歩がてら見に行ってみよう。

本当に防犯に役に立つかどうかなんともですが、色というのは結構心理的な働きがあるようです。青色は精神状態を穏やかにし、血圧を下げ、呼吸をゆるやかに、鎮静作用もあるそうだ。さらに食欲を減退するのでダイエットにもいいかも。青い皿とかに盛られた食事はどうもねって感じでしょうか。

赤は食欲を増すので中華料理屋さんなどでよく使われてますね。匝も赤いちょうちんに自然と吸い込まれ…

青色街灯は白い街灯よりも暗く冷たく感じますが、意外と広い範囲を照らすのだそうです。これも防犯に役に立っているとか。さて、実際のところどういう結果になるのやら。先に導入したところでは犯罪抑止になっているそうですが。
そうそう、青色LEDは直視すると目に悪いですから気をつけてね。

参考:マンガでわかる色のおもしろ心理学(ソフトバンククリエイティブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。