スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動エネルギー公式の意味 

過去の記事の宿題やほかにも書くことはたくさんあるのに、なかなか筆(キーボード?)が進みません。

実は最近悩み事があって…この歳(からだ年令は40才)になってなんでこんなことで悩むのか…

運動エネルギーの公式
E=(1/2)mv2

の1/2がどこからでてきたのか理解できなかったのです。高校(だったか?)では意味もなく丸暗記だったわけで計算するにはなんら問題はありませんでしたが、式の意味をいまさら悩んでいるわけです。

位置エネルギーの公式
E=mgh

というのは、イメージできるんですけれどね。
ま、それでも運動エネルギーの公式と1/2の意味は半月悩んで理解できてきました。

続きは2008-3-2 運動エネルギーの公式の意味 その2にて


2008-3-1 一部修正

スポンサーサイト

新地駅で待機車増える 

最近、朝の通勤時間帯に線路上に靴を落としマジックハンドで駅員さんに取ってもらう光景をよくみかける。今日は自由が丘大井町線ホームで女子学生が拾ってもらっていた。さすがにカメラを向けるにはちょっと恥ずかしかったので撮れませんでした。

80225x.jpg
二子新地に着くと、2008年2月12日のブログ“新地駅で待機中?”で紹介した車両が今度は2編成とまっていた。
80225y.jpg
6600系ということなんだろうか?大井町線の新型車両?むむむむ、であります。

高津「プルミエ・アベニュー」 

美食の人と一緒に高津の“プルミエ・アベニュー”へ行った。

80225a.jpg  80225b.jpg
これは専務殿のポップコーン以外のお店を探せという命により調査したもので、下見も兼ねて美食の人と行ってきたんです。

もうあんたそれはそれは…
シェフをよべ!!
おいしいです!!


わぁぁ、わわわゎぁ…本当にキタァ!

シェフは匝よりも全然若いんだよぉう。ビストロポップコーンや料理の鉄人の坂井シェフのところで修行されたそうで、いやはやかっこいいぞ。もともとはイタリア料理店だったそうだけれど、1年前に今のシェフに変わってフレンチになったのだそうだ。

80225d.jpg
パテ…パテだよぉ…
(T~T)うっ、うまい、うぅッうッうッ…えぐッ、えぐッ
おいしくって眼が潤む。美食の人がつまんでくよう…
「これがおいしいと思うほど貧相な食事はしていないと思ってました…」
「それは褒め言葉になってないぞ」と美食の人。
鳥の白レバが生というか火が通っているというか、そんな微妙なところが形容できません。
キャビアに見える葡萄ジュースにつけた辛子がとっても美味。

80225c.jpg 80225e.jpg 80225f.jpg
80225h.jpg 80225j.jpg 80225k.jpg
一つひとつの皿が出るたびにシェフの説明が…。もはやVIPか?

80225g.jpg
牡蠣をアナゴで巻いて揚げたもの。ソースはワカメ。
和風にアレンジしたそうだ。事前に言ってもらえればバリバリのフレンチも可能とのこと。
ただシェフのスタイルとしたら和を織り交ぜたいらしい。

80225i.jpg
メインの鳥を食べた時には思わず笑ってしまった。だっておいしいんだもの。
ワインも回っていましたよ。でもね、でもね…、くっくっくっく…!!
表現する語彙が足りない自分が悔しい。
(T~T)うまーい、うまーい!
これが最後の晩餐でもいいよう。

「それはいいすぎだ」(美食の人談)

サクッちを呼ばねば。あっそうだ、取引銀行の融資のお姉さんでも誘うか。
その前に来月早々に顧問がくるっけ。絶対にここでごちそうになるっ!
そうだ、社長だ!社長を呼ばねばっ!!
社長を呼べ!
おいしいです!


あぁ、なんたることか。光源のせいで、写真がおいしく見えない。
うぅぅぅ…ごめんなさい、ごめんなさい(T_T)

お店の写真がないのはね、シェフが玄関まで見送ってくれたから、ちょっとはずかしくて撮れませんでした。でも、レストランで名刺交換したのははじめてです。

美食の人は誰だって?それは禁則事項ですよ。
はー、なんか元気でた。




酔った勢いで書いたので、昨日の文章はずいぶんと乱暴だな。
いいのか悪いのかお客が少ないこともあって、一つひとつていねいに作っていただけたように感じた。野菜も新鮮だったし、魚(ヒラマサ)もおいしかった。
フロアの女性も気さくで、美食の人の質問に対する応答もまずまず。ま、詰まるとシェフに聞きにいったりていましたけど。
ランチは900円。OLが多く来店し賑わっているとのことで、会社から行ったタイミングで入店できるかどうかは…どうだろう。

2008/2/26 6:15追記



イモリ隔離へ 

三寒四温のせいか暖かい日の、カルボこと我が家のイモリは活動度を増して既に脱走を2回。
一度は隣室のテレビに張り付き、二度目は先週金曜日に行方不明となり土曜の寒い朝、ベランダへのサッシの溝で暴れていた。本当に生きていてよかった。

そんなわけで、さすがにフタ付のプラケースに隔離。どっちにしろ水槽はリセットする予定だったのでいいかな。フタもつくらねばなぁ…。

アカヒレ水槽も水草の剪定しなきゃ。ドジョウが巨大化しているのも気になる。


オムロン自動血圧計 白 HEM-762 

OMRON インテリセンス ファジィ オムロン自動血圧計 白 HEM-762
OMRON インテリセンス ファジィ オムロン自動血圧計 白 HEM-762
おすすめ平均
stars単純でいい
starsとても便利ですよ。
stars低価格でちょうどいい機能
starsお手頃価格
stars信頼

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昨日は輝ちゃんと広氏と久しぶりのお食事会。そして帰りに買ったのがこの血圧計。病院の先生からちゃんと測るように、とのお達しがあり買うことにしたのだった。だから衝動買いってわけでもない。

信頼のオムロン。なのかどうかはともかく価格の安いものを選んだだけだったりして。

オムロンヘルスケアから“血圧手帳”がダウンロードでき、エクセル入力だとグラフ化もされるのでお手軽。

血圧は起床後すぐと就寝前に計測するのがいいらしく、体調が悪いと感じる前に血圧に現われ始めるようなこともあるようで、自分の身体をモニターすることがなんとなく楽しくなりそうだ。

空気自動車のエンジン(動画追加版) 

2008年2月20日のブログ“空気で走る自動車(動画追記)”で書いたエアカーのエンジンのしくみがどうも気になる。

いろいろとネットを調べてみるとどうやらディーゼルエンジンに似たような原理らしい。

空気は圧縮すると高温になります。あらかじめシリンダーに気化した軽油を入れてピストンで一気に圧縮。軽油の着火点(引火点ではない)は300℃前後。圧縮した空気が300℃を超えると気化した軽油が爆発しピストンを押し上げ、エンジンが動作するというのがディーゼルエンジンなわけだ。

この軽油の代わりに高圧の圧搾空気を入れる。圧縮された空気が膨張する際には周りの熱を奪うのだが、ちょうどいいことにシリンダー内には高温に圧縮された空気がある。ボイルの法則により温度一定の場合、A気圧の空気はA倍になる。圧搾空気のボンベ内の温度と膨張した時の温度が等しくなるとすれば、仮に300気圧の圧搾空気が膨張すれば300倍になる。どうやらこのようなしくみで動いているようだ。

自動車自体は燃料を持たないため二酸化炭素は排出しないが、かなりの高圧かつ大容量の圧搾空気を入れるためのコンプレッサーの電力はかなりのものではないかな。ま、夜間電力は余り気味らしいのでうまくやればお安く充填できそうだ。

ちなみに世界中のサイトを記録するというWayback Machineを使ってみたら、過去にエアカーの日本語サイトがあった模様。

MDI and Air Car Japan(2004-2-15)
http://web.archive.org/web/20040215223812/http://www.aircarjapan.com/Japanese/jp-index.html

この時のQ&Aによると圧搾空気を満タンにするためには100V55Aで4時間かかるそうだ。つまり5.5kWhx4時間なので22kWh。東電の従量電灯B(60A)で3段料金が1kWhあたり22.31円。夜間割引とか契約内容によってはもっと安くできるでしょう。

22(kWh)x22.31(円)=490.82円(1回当たりの電気代)

さらにQ&Aでは1回の充填で200~240kmの走行が可能とある。ここで200kmとすると…

490.82÷200=1kmあたり2.45円

プリウスの燃費はリッター35km程度なので、ガソリン140円として…

140÷35=1kmあたり4円

ま、エアカーにはエアコンなどがないので、そこをどう考えるかですね。用途限定なら経済的だし環境にやさしいことは間違いなさそう。自転車のアシストに使えそうですが、高圧ボンベの管理がネックかな。

以下、追加(2010-4-25)

これだけのものがいまだに一部でしか走っていないのが不思議。MDI社の問題なのか、技術的な問題化。
日本では高圧ボンベが安全上のネックになるかも知れない。

日本で取り上げた番組


車体の説明


ロータリーエンジン化されているらしい


模型で使われている圧搾空気エンジンの構造



サイクロンコンロ 

部長氏と谷やん、そして匝の3人で部隊鍋を食べていた時に、ふと、コンロが普段目にするものと違うことに気づいた。

80223a.jpg
炎が内側に向かって出ている。部長氏が韓国製だろうかとメーカー名を確認すると“TOHO”とあって「どうみても日本名ですね」。

80223b.jpg
部長氏は鍋がデンジャラスセットのために一度厨房へ持っていかれている間に再度点火。コンロで語る3人。傍から見たら変な人たち。

80223c.jpg
ガスの噴出し口は穴がたくさん開いているわけではなく、いくつか斜めに仕切られているだけでガス流は左回り(半時計回り)に吹き上がるようになっている。中心の穴を覗くとバーナー部の下に穴が開いており、空気が炎の中心に流入するようになっているようだ。

炎が鍋の中心を重点に加熱するのでアルミ鍋など部分的に伝熱の良い素材だと焦げるんじゃないかな?

帰宅後ネットで調べるとメーカーは“東邦金属工業”だと知った。サイトによるとサイクロンバーナーといって燃焼効率をアップさせたのだそうだ。力任せではなく、効率重視ということか。

他サイトの説明では、炎が外に向かっていないために鍋のトッテが焼けたりせず、また風にも強いとのことだ。

溝の口「部隊鍋」 

80222a.jpg
部隊鍋と書いて「ブデチゲ」と読む。お店の名前も部隊鍋
谷やんがどうしても気になる店というので部長氏と3人で行ってきた。うふふな人は直前に離脱。

“チゲ”といえば輝ちゃんやうふふな人も言っていたが“鍋”の意味だそうで、“チゲ鍋”だと“鍋鍋”になって、鍋に鍋入れて鍋を食う料理になってしまうそうな。

お店の内装は実に安っぽい。椅子はプラスチックだし、テーブルはガタガタ揺れる。おそらくは部隊鍋の雰囲気を出すための演出なのだろう。

部隊鍋とは、朝鮮戦争後の韓国で米軍放出の食料を鍋に放り込んで辛味スープで煮たものという説がある(wikipedia“プデチゲ”)。

80222b.jpg
お店の食材としては、ソーセージ、肉団子、インスタントラーメン、もち、、豆腐。そして、てんこもりのネギが印象的。

80222c.jpg 80222d.jpg 80222e.jpg

80222f.jpg 
出来上がるまでに、チヂミ、サウナいか、豆腐のサラダ、たこと玉ねぎを辛炒めそーめん(名前忘れた)をいただく。3人とも絶賛のチヂミはうまかったなぁ。サウナいかは名前に心揺らいで頼みましたが、ただの干しイカです。辛いのが食べたいということで唐辛子印4つのたこと玉ねぎの炒め物は全然辛くありません。全体的に辛くはありませんでしたね。

80222b1.jpg
部隊鍋は中央にあるラーメンが煮えたらどうぞってことでしたが、よくわからず店員さんに食べ頃なのか確認してもらいました。ん?あのてんこもりのネギはいずこへ??

80222g.jpg
そうそう部隊鍋を食べる谷やんの顔は汗だく。すべての汗腺が開放中って感じです。怪しいドリンク“ぺ”を飲んで水分を補給。部長氏と匝は汗をかかずです。新陳代謝が悪いのかな?

80222b2.jpg
締めはデンジャラスセット1人前。ごはん、たまご、チーズ、半ラーメンを鍋の残りに入れておやき風に。よく考えると高カロリーではないか。ただ匝の好みではなかったな。

“ぺ”は梨のジュース。ままでした。

80222h.jpg

ミクミクにしてやんよ 












“きずな”打ち上げ準備進む 

超高速インターネット衛星“きずな”の打ち上げは23日土曜日に再設定された。

報告によれば、推進薬の入ったタンクは中で仕切り(ダイヤフラム)られており、仕切りの反対側からヘリウムガスを入れてタンク内の推進薬を押し出すしくみなのだが、この仕切り縁がタンクにしっかりとくっついていなかったため推進薬が隙間から漏れたとのことだ。取り急ぎ次のロケットのものと交換したそうだ。

JAXA:H-IIAロケット14号機の打上げに向けた準備状況について(PDF:400KB)
http://www.jaxa.jp/press/2008/02/20080220_sac_f14.pdf


なんで打ち上げ直前までわからなかったかというと、気密試験の内容が、実際の運用よりも低い圧力で試験したため隙間があることに気づかなかったらしい。20回の実績ではじめてのこと。これで作業手順書などが改訂されることだろう。

そんなことで今度の打ち上げは土曜日の夕方。あぁ、生でみたいなぁ…。


JAXA:インターネットライブ中継(当日視聴可)
打ち上げ時間帯:2月23日16時20分~17時55分(JST・予定)
http://www.jaxa.jp/countdown/f14/live/index_j.html
放送は打ち上げ時刻の前後30分


そうそう余談だが、本日昼頃(JST)に米国が軍事衛星をハワイ上空で撃墜するんだったな。


空気で走る自動車(動画追記) 

80220_onecats4.jpg (C)MDI

空気で走る自動車が開発され、販売されるそうだ。

-----↓引用ここから

世界初の空気動力自動車 印タタ、年内にもニューデリーなどに投入
2月19日8時26分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080219-00000011-fsi-ind

■1リットル当たり50キロの燃費性能

1月に約29万円の低価格車「ナノ」を発表したインドの自動車大手、タタ・モーターズが、フランスのベンチャー企業が開発した世界初の空気動力乗用車「OneCAT(ワンキャット)」の製造、販売を計画していることがわかった。英メディアが伝えた。

新型車はインド国内で製造し、早ければ年内にも、ニューデリーなど人口過密の都市部の市場に投入。周辺国にも輸出する。

英公共放送BBC(電子版)などによると、OneCATは、仏ベンチャー、MDIエンタープライゼズ(カロス市)が基本技術を開発。車体のシャシーに設置されたタンクに圧搾空気を満たし、動力とする。

都市部の短い距離を移動するだけなら圧搾空気だけで間に合うが、長距離走行時にはガソリンなどの燃料でピストンを動かし、圧搾空気を補充する。時速50キロを上回るスピードが出るという。

車体はグラスファイバーを使い350キロまで軽量化したため、圧搾空気を供給するための燃費性能は1リットル当たり約50キロメートルと極めて高い。

タタはOneCATをインドで生産し、人口過密都市に投入する計画だ。まずインドの主要都市向けをMDIと共同開発することで合意し覚書を交わした。インド向けは5人乗りで、価格は2500ポンド(50万円強)。年内か遅くとも来年初めに売り出す。

MDIは、OneCATを「電気自動車を上回る究極のエコ自動車」とアピールし注目を集めていた。

-----↑引用ここまで

空気で走る自動車とは発想が驚きだ。BBCの記事によると圧搾空気の補充は3分。補充後は4時間は走行が可能らしい。この4時間を距離に換算するとどれくらいかわからないものの、空気補充時間の短さと町乗りだけ考えれば確かに電気自動車よりもお手軽な乗り物になりそう。

とにかくこの自動車の基本は燃料を使わないし、だからエンジンもない。電気自動車と違い長い充電時間をまたなくていいし、そもそも充電池すらないので環境負荷はかなり低いはず。車体は軽すぎて風の強い日の走行性にやや不安があるが、経済性はダントツでいいはずだ。いやはや、こんな車の発想ができるとは、欧州の人達って…すてき。

記事では長距離時にはエンジンで圧搾空気を補充することも書かれているが、近距離用ならエンジンはいらないんじゃないかな。ガソリンスタンドで圧搾空気を入れる…。スタンド、儲からないな。

もっとも、BBCの記事の最後に圧力タンクは粉砕しても自動車には影響はないが「耳がやられる」とのこと。たぶん破壊時の音が大きいのだろう。圧力タンクの安全性は日本での厳しい。それに衝突などの車体の安全性も問題になるだろう。

インド向け5人乗りで£2500、約50万円。公道ではなく工場など構内用ならとりあえず売れそうだ。

空気で走る車。なかなか素敵じゃないか。


フジサンケイ・ビジネスアイ:世界初の空気動力自動車 印タタ、年内にもニューデリーなどに投入
http://www.business-i.jp/news/top-page/topic/200802190010o.nwc


英国BBC:Five-seat concept car runs on air
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7241909.stm


Motor Developpement International
http://www.mdi.lu/eng/affiche_eng.php?page=accueil





youtubeでBBCのニュースをみつけた。OneCATの動くところや簡単なしくみがなんとなくわかる。ま、英語がさっぱりわからないので、匝にはなんともだ。

なかなかすばらしいコンセプトではあるが、エアコンなどはないよなぁ。圧搾空気動力の他にエンジンつけてハイブリットにするということもあるかな。

2008/2/20 21:54追記

赤坂「パレルモ」 

80216a.jpg

赤坂「パレルモ」。2月16日は新地の会を赤坂でやろうと1ヶ月前から決まっていたのだ。メンバーは高氏夫婦とサクッちに匝の4名。下の小さい写真はクリックすると、少し大きくなりますよ。
80216b.jpg 80216c.jpg 80216d.jpg
80216e.jpg 80216f.jpg 80216g.jpg
80216h.jpg 80216i.jpg 80216j.jpg
80216k.jpg 80216L.jpg

ややお値段は高めだが、到着した19時頃は満席だったのでそれなりに人気店なのだろう。高氏に予約をいれてもらってよかったです。

しかし、いろいろと食べたものだ。ピザもパスタもおいしゅうございました。ワインはスパークリングと白をいただきました。そして締めのデザートは、全員3点セットを頼んでいるし…。食べ過ぎでは?匝はアイス(抹茶、黒ゴマ、クリームチーズ)でしたが、ケーキもよかったな(だけれど3つはくえないよ)。

80216m.jpg


金曜からやや疲労感がでていてMy自転車“ラビィ号”で出勤できず、このパレルモの日の朝は起き上がれないくらいの疲労度でほぼパレルモにいくまで寝ていた。疲労感は回復しつつあるがまだ続いている。困ったことだ。

科学的雨乞い 

佐世保市が2回、人工降雨実験を行ったものの失敗したという。失敗というよりも気象条件が不利だったのだろう。

この冬、既に佐世保市は少雨のため貯水率が下がっていて水道局が節水を呼びかけているのだそうだ。神奈川県も夏よりも冬の方が貯水率が低い傾向があったけれど、宮ヶ瀬ダムができて以降はどうなんだろう。

人工降雨は空にある程度の雲もしくは水分がないと雨を降らすことができない。なのでピーカン(死語?)な日はいくらドライアイスを撒いても大気中に水分がなければダメなんですね。なので渇水対策としてはなかなか厳しい。降りそうで降らないものを降らすことはできるんですけどね。東京都の小河内ダムには人工降雨のための施設があって渇水時には動かすのだそうだが、なかなかむずかしいようだ。ここではヨウ化銀をのろしのように空へ放って降雨させる方法だったかな。

ロシアや中国などは渇水よりもイベントが雨にならないように、雨雲がイベント地に近づくとその前に戦闘機などでヨウ化銀を撒いて雨を降らせてしまう。旧ソ連の革命記念日が雨になることは党が許さない(笑、失敗したらシベリア送り?)。ま、こちらは降りそうな雨雲を刺激して雨を降らせるので成功率は高そう。でも人間のエゴで自然を変えてしまうんですなぁ。

フランスも降りそうな雨雲を蹴散らすという意味で、雹が降ってブドウ畑がダメにならないように地域ごとに雹害防止ロケット弾というのを打ち上げる。全長84.9cm、直径6.4cm。燃料は黒色火薬で雲中で爆発し、ヨウ化銀を散乱させるもの。少なくとも「自分の畑では雹を降らせない」というものなのだ。雹を降らせられた村と喧嘩にならないのだろうか?
そういう代物なので大量生産もされているらしく、価格もお安そうだ。日本でもロケット誘雷のロケットとして使われている。

雨雲がなければ雨を降らせない…、ない袖は振れないということか。

二子新地「居酒屋 喜月」 

新地の居酒屋喜月…。
ここをですね、ブログにアップすると私と遭遇する確率が高くなるので、そういう意味でアップしていなかったのですが…。店のお父さんが「おう、ブログにアップせぇ」ということでしたのでアップいたしました。店主には逆らえませぬ。

80214c.jpg   80214d.jpg
喜月の醍醐味はカウンターでお店の人と話しながら飲むことですよ。そしていつしか客人ともお友達になれます。今日はお休みのようでしたが、ここのお母さんも優しくて素敵です。でも係長氏の天敵なんです(w

80214e.jpg
ここは焼き鳥がうまい。お気に入りは肉巻き系ですかね。ミニトマトとかエリンギとかうずらのタマゴとか。
*・゜゚・*:.。.(*´▽`)パァァ.。.:*・゜゚・*:
おいしくておもわず、火がでそう…(相変わらず、表現が誤っています)
そういえばチョリソ食べるのを忘れました。

そもそも今日は飲む予定ではなかったのですが、係長氏が出張先で使うテープを忘れたということで届けたわけで。
匝のために作り置きしてあったであろう会社のチャーハンも係長氏が持っていってしまうし…。
お土産は赤福ですからね。えっ?おごっただろうって。それはデリバリ代ではないのですか?

さてyoutubeに喜月オフの映像が…。おそるべし喜月。ここまで有名だったとは。雰囲気はこんな感じですね。



白い朝 

朝方の空気は冷たいものの風はなく、日差しに春を感じつつあった今日。みなさんはどう迎えましたか?

匝は相変わらず自転車で出勤です。段々自分のペースというものを掴めてきたということでしょうか、走るのが楽しくてしかたありません。

80214a.jpg
晴れの日には必ずもう一人の自分が伴走してくれます。って、影じゃん(w

でも残念ながら鳥の姿はあまり見かけませんでした。ユリカモメ、スズメ、セグロセキレイ(もしくはハクセキレイ)、カルガモくらいだったかな。江川沿いは小鳥が多いようです。通勤で突っ走るだけっていうのももったいないですね。

80214b.jpg
そうそう緑道脇で霜柱が立っているのをみつけたです。さすがに昨日はキンキンに冷えた夜で、月も冷たく光っていましたしね。霜柱は地表がキンキンに冷えて凍り始めると、土の中の水分がどんどん地表に上がってきて、また凍って…そして土から氷が生えるように成長していくのだそうです。

う~ん、童心に戻って霜柱の上を踏み踏み歩いてみたかったな。


自宅→新地の会社→自宅
走行時間:1時間37分
走行距離:22.14km
平均速度:15.9km/h(帰路)
最高速度:24.8km/h(帰路)
積算距離:221.3km

往路、サイコンをリセットし忘れてしまいました。

BGM:Undine , Yui Makino

HIIロケット不具合により“きずな”打ち上げ延期 

なんと“きずな”はHIIロケットの不具合により打ち上げ延期。それも現時点で打ち上げ日を決められないほど深刻らしい。

12日の18時に2段エンジン姿勢制御用ガスジェット推進薬充填中に、推進薬を押し出すためのダイヤフラムから漏れているのだそうだ。亀裂なのか穴なのか…IHI製なんですね。
13日13時に延期が判断されたことがスケジュールから窺えます。

一品ものなのである程度は精度にバラツキがあるのも仕方ないのか。特にタンク系は推進薬などの燃料を入れるまで不具合がわからないというのはある程度はしょうがないのか。

推進薬はヒドラジンという有毒物質。取り扱いは、慎重に。慎重に。

でも打ち上げ見学で種子島にいっていたら、かなり悲しかったかも…


三菱重工業:H-IIAロケット14号機 打上げの延期について
http://www.jaxa.jp/press/2008/02/20080213_sac_f14.pdf


ある輪ゴム 

「匝さんの好きそうなもの持ってきましたよ」
部長氏が持ってきたのは輪ゴムである。

80213d.jpg
ややや?まるでプラナリアの頭のようなものがついていますね。
「これは、こうやってひっかけてあったんですが、なかなかのアイデアですよ」
と部長氏。

ということで実演してみると、こんな感じです。
 ↓
80213e.jpg
ちなみに輪ゴムってどうやってつくるのだろうか?って、ググッてみたら、ホースみたいなものをつくって、それこそ輪切りにするのだそうです。この輪ゴムはこんな断面をした形のホースってことですね。

でもさ、いつも悩むんだけれど、丸棒にするのはイメージできるけれど、どうやって中を空洞にして練りだすんだろうかぁ…???

あと、この輪ゴムの脇にある2つの突起は何のためにあるのやら。

江川ルートで決まりかな 

自宅から矢上川-江川-新城-新地というルートが結構いい感じだ。

80213b.jpg
距離的にも短く車もほどほどで、江川の緑道は気持ちがいい。
矢上川はかなり深く掘ってある川で、道から覗き込むようにしないと水面がみえない。
送電線も川沿いに続いていく。

朝、見かけた鳥たちは、カラス、ユリカモメ、カルガモ、ヒヨドリ、キセキレイ(自信なし)。

つらいのは新地に行く時はわずかに上り坂らしく、帰路よりも疲れるというところか。
今日の帰りは気温が低くて風が冷たく大変だった。その上、日吉の山に挑み、迷走してしまうし…。

80213c.jpg
夜の江川もなかなかよいですよ。それにウォーキングしている人が、結構いましたね。



自宅→新地の会社→自宅
走行時間:1時間32分
走行距離:21.80km
平均速度:14.1km/h
最高速度:33.1km/h(綱島街道、日吉下り坂)
積算距離:199.2km(200に届かなかった)

HIIロケットの打ち上げ 

週末15日は、HIIロケットによる超高速インターネット衛星“きずな”の打ち上げだ。
行きたかったなぁ、種子島。今回は週末なので予備日も含めて見学できる可能性が高かったのだが、どうにもならない仕事のため休めないんだ。ネットで打ち上げも見たいが、仕事中だ…orz

80213_missionmark_j.jpg
提供 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

超高速インターネット衛星は、たとえば放送衛星だと衛星からの放送電波を受信するだけだが、この衛星はこちらから衛星に向けて送信することも可能。従来の通信衛星よりもパラボラアンテナの大きさも小さくなり、直径45cm級で上り(送信)1.5Mbps、下り(受信)155MbpsとADSL並にはデータのやりとりができる。このやりとりは国内だけでなくアジア各国とも結ぶのだそうだ。

災害時のデータのやりとりに期待されます。遠隔医療もいいんだけれど、都会でも救急医療がパンクしているのに実現できるのかな(社会的な問題だけれど)。

80213_mission_logo.jpg
提供 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

くわしくは“きずな”のプロモーションムービーでみられます。
http://www.jaxa.jp/countdown/f14/live/promotion_j.html
JAXA:インターネットライブ中継(当日視聴可)
打ち上げ日時:2月15日16時27分~39分(JST)
http://www.jaxa.jp/countdown/f14/live/weblive_j.html


新地駅で待機中? 

東急二子新地駅の工事中線路にどっかでみたような、みたことないような車両があったのでとりあえず写真に撮っておいた。

80212x.jpg


80212y.jpg
この先、高津駅方面は工事中です。


緊急地震速報導入を検討 

緊急地震速報を導入しようか考えてる。新地の会社は作業していたり、什器など耐震対策をしていないので会社で導入すればいいのだが…。ま、試しに自宅に入れてみるかなって感じ。

本格運用前の試験運用時には利用していた。ちょうど中越地震の余震が活発な頃だったので、速報も頻繁に流れどういうものかは体験して知っている。PC版だとPCが動いていないとダメなこと(当たり前だが)。またついているだけではダメで、音声で家中で聞こえるようにしておかないとダメでした。小田原の会社での体験で、たまたまPCの部屋から人がいなくなった頃に震度4の地震に襲われました。大きな地震はこの時だけだったなぁ。時間や震度予測はだいたいあっていたけど絶対ではないので、コストはあまりかけたくない。

なので専用機は高いからやはりPCにソフトを入れるタイプがよいかと考えている。情報料も月々かかるものなので、安いところというと“ウェザーニューズ”の“個人向け緊急地震速報 The Last 10-Second”が月315円とお手頃。法人でも1500円くらいだったかな。

“The Last 10-Second”はPC利用でマップと音声でお知らせしてくれ、ネット回線があればとりあえず使える。ウェザーニュース会員に加入すると“The Last 10-Second”以外にもいろいろなサービスがあるとのこと。といいながら、深くは知らない。検討してみようかな。

そうそう最近の地震。すっかりおさぼりしている。

2月10日9時37分頃に発生した千葉県東方沖地震M5のあと、千葉県東方沖(勝浦付近)などで群発地震となっている。M5の地震の前の地震活動がどうなっていたのか調べていないけれど、この場所の歪み(ひっかかり)が取れた結果、千葉県東部のアスペリティがズルズルとズレているのではないかと想像する。もともとこの地域はゆっくり地震の発生域だしね。

静岡県中部も地震回数が増えている。愛知県の深さ50km付近で小規模の地震が多発すると静岡県中部も揺れるんじゃないかと想像しているのだが、この辺はいずれ調べてみよう。

今日すべきこと その2 

ついついやってしまうのですね、今日すべきこと
匝の2月12日の今日すべきことは…

80212a.png


●3億分の1という確率を勝ち抜いた自分に自信を持つ。[重要度:85%]
●UFOについて持論を語る。[重要度:65%]
●オフィスの床は鏡張りに[重要度:59%]
●駅の階段を一段抜かしで駆け昇る。[重要度:26%]
●疲れてる人には話しかけない[重要度:11%]

床を鏡張りって、バブルの頃にそういう“シャブシャブ屋”さんがあったという話がありましたけど…。
3億分の1を勝ち抜いて、運を使い果たした気もします。いや、逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ…
駅の階段を段飛ばしで駆け上がるのは駆け込み乗車をしろと?でもちょっと足が筋肉痛なんです。昨日、いい気になってラビィ号(MV2)を飛ばしすぎたかな。

どれもむずかしそうなので、疲れている人には話しかけないようにしよう。そうだな、うふふな人とか、谷やんとかだろうか。

昨日は自分自身、マナーモードになりきれませんでした。反省です。

新地への道(江川ルート) 

明日は天気も崩れるようだし、今日はそれほど寒くもなかったので飽きもせず会社まで自転車通勤。愛車ラビィ号(MV2)で出発。今回は矢上川から江川を通って新地へと向かう。
往路は矢上川沿いではなく尻手黒川道路沿いを走り、途中から脇に入って江川の緑道をひた走る。ま、途中迷子になったりでしたが…。

80211e.jpg  80211d.jpg
江川の緑道はなかなかいいです。空も開けていてカルガモも泳いでいます。小川が流れ木道とかもあったりで気持ちよく走れます。

80211c.jpg
どうやら春も近いです。


帰路も往路の反省の上に立って大体同じルートを通ってきた。往路は風もあったとはいえ、なんとなく行きと帰りで自転車のペダルの重さが違う。やはりわずかながらの勾配でも体力の消耗に現れるのかな?

係長氏によれば、江川をさらに進み、武蔵新城駅を通って来た方がよいとのアドバイス。後日改めて走ってみよう。

今回のルート(帰路のみ)


自宅→新地の会社→自宅
走行時間:1時間22分
走行距離:21.86km
平均速度:16.0km/h
最高速度:22.8km/h
積算距離:177.3km

からだ年齢も測定(前回比)
身長169cm
体重67.3kg(着衣込み)±0kg
体脂肪率22.8% ±0%
基礎代謝1558kcal ±0kcal
BMI 23.6 ±0
骨格筋率 31.8% ±0%
内臓脂肪レベル 8 ±0
からだ年齢 40歳 ±0歳

って、前回同様だった。

今日すべきこと 

“今日すべきこと”のサイトで試してみました。匝の2月11日、今日すべきこと。

80211a.png


次ページにいくと、詳細が表示された。

●かっけの検査(半月板やや下をトントン)[重要度:76%]
●自分にリボンをかける[重要度:66%]
●括約筋を活躍させる。[重要度:55%]
●自分自身をマナーモードにする。[重要度:43%]
●去勢。[重要度:10%]

えっ?去勢するですか?でも重要度が低いので今日中にはできないかもです(おいおい)。
とりあえず、匝的には“自分自身をマナーモードにする”のに関心があります。


風笛と青(川崎ポタ) 

昼からmy車MV2(名前はラビィ号にしようかと)でポタリング。輝ちゃん誘って川崎方面へ。
目指す集合場所はチネチッタ前。

80210e.jpg
鶴見川を下っていく。人道橋の手前でユリカモメの合間にカモメがいたので写真を撮ろうと停車したら、ヒッチコックの“鳥”のように近くの鳩がいっせいに匝に向かってくる。それに合わせてユリカモメも匝に向かって…、エサがほしいらしい。君たちにはあげません。

続きを読む

川崎「モナリザン」 

80210a.jpg
川崎のイタリア料理店、モナリザン。高校時代から、たまに寄る店だ。
今日は本店。銀柳街の方はよくいっていたな。

輝ちゃんとふたりでランチ。今日のパスタを匝が、ハンバーグセットを輝ちゃんが食べることに。ランチの人はドリンクバーが利用できる。

パスタはトマトベースからミートソースに変わったとのこと。よしとする。

スープも3種から選べるのでポタージュをいただいた。サラダが先にでてくる。輝ちゃんはドリンクバーで、これは濃厚なトマトジュースと注いできてたっけ。

80210d.jpg
パスタ到着。金時豆のなんたらっていっていたが、やや辛い。キーマカレーのパスタ版かな。はふはふしながら食べた匝は、辛いのがやや苦手なのだ。

80210b.jpg  80210c.jpg
輝ちゃんのハンバーグは切るなり肉汁がでるわでるわ…。もったいないくらいだ。
練り物が好きではない匝でも、やや惹かれるものがあるな。某タイガーとかよりおいしいとの評。写真は食べかけでごめんなさいね。

お店としてはこれといってうまい!っていうことはないが、老舗だしね。そういう意味でお気に入りです。

周期的な地震を考える その3 

2007年1月15日のブログ記事「周期的な地震を考える その2 」で紹介した周期地震が先月11日に発生したという記事が日本経済新聞にあった。

----引用ここから
岩手県沖の地震、02年時点で予測・東北大
日本経済新聞 2008年2月9日
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080209AT1G0802Z09022008.html

先月11日に岩手県沖で起きたマグニチュード(M)4.7の地震を、東北大学の研究チームが2002年に正確に予測していたと、政府の地震調査委員会が9日までに発表した。同海域では1950年代以降、約5年半の周期で同規模の地震が繰り返し発生している。同調査委は「ここまで規則的なのはこの付近だけ」と話している。

予測に成功したのは東北大の松澤暢・准教授らのグループ。01年11月に岩手県沖のプレート(岩板)境界でM4.8の地震が発生後、09年2月までに次の地震が起きると予想した論文を発表していた。

この海域はM4.7―5.0の地震が57年以降、10回発生。間隔は約5年半とほぼ一定で、地震波の形も似ていた。地震調査委は「プレート境界のアスペリティー(固着域)が毎回同じだけ破壊するのが原因ではないか」と分析している。同種の周期的地震は日本付近の複数の場所で知られている。(09日 21:37)

----引用ここまで

東北大学の特集ページ:「2008年1月11日 岩手県釜石沖の地震(M4.7)の特集ページ」
http://www.aob.geophys.tohoku.ac.jp/info/latest/20080111_news/index_html


特集ページ中の「Matsuzawa et al. (2002) が2009年2月までに発生すると予測していた期間内に発生しました。」という赤字の記載は個人的にはどうかと思う。同ページからリンクされている内田直希氏のページでは2007年8月10日掲載で「本年12月までに発生する可能性が高いと考えています」とある。

同じような地震(規模や地震計に記録される波形まで)が周期的に起きていることがまた確認されたのであって、誰の予測があたったとかというレベルではないと思うんだ。自分の予測がはずれたから言っているんじゃないぞ(苦笑)。

むしろ、今回の地震は周期的に遅れていたといえるだろう。内田氏も規則性から2007年中に発生すると予測していたようだし。平均と誤差の範囲から外れており、過去でも遅い部類に入る。むしろ傾向としては最近になるほど周期が遅れてきているように感じる。

平均発生期間からしても2009年2月までに発生との予測は周期地震を知っている人から見れば守りに入りすぎの予測だろうと思う。むしろパークフィールドの実験みたいに遅れに遅れた場合は、それはそれで大騒ぎになったろうが。周期地震を予測といっても、これほどにむずかしいということなんだ。まして…。

ま、それはそれとして、また周期地震が発生、観測したことは地震の解明に役立つことだろう。詳しくはサイトを読んだりしたあとに書いてみたい。


雪降る夜 

♪~雨は夜更け過ぎに 雪へと変わぁるだっろ~ハハハーン

ということで雨は夕方から本格的に降り出してさぁ、夜には横浜でも雪がちらつきはじめたんだよねぇ。20時半頃に自宅最寄り駅に着くと積雪になっているじゃんかぁ。
ありゃぁ、予報で雪になるってせってたけど、出るまで降らなかったから雪にはならないんじゃないかって思ったさぁ。したっけ、予報通りになるとはねぇ。

80209c.jpg
道々ムスメさん二人がさぁ、チャリンコ押しながら雪の投げあいしてたりね、はしゃいでいたよ。
「そうだ!帰ったら雪合戦しよう、雪合戦っ!」

歩くたびに雪がキュッキュッっていってさ、無音なのにシンシンという音が聞こえそうになるじゃんかぁ、これって不思議だよねぇ。

そういや、夜更けって何時なんだろねぇ。
80209d.jpg

BGM:銀色のシーズン,Naoki Sato

ESET Smart Security 

ESET Smart Security
ESET Smart Security
おすすめ平均
starsもの凄く軽い
stars秀逸なソフト
starsお奨めソフト
stars良いと思う。
stars軽いけど、ちょっと不安も

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

衝動買いというものでもないけれど…
新地の会社でアンチウイルスソフトを導入するにあたり、動作軽さ、メモリ使用量の少なさ、ウイルス発見の実績からNOD32を入れて1年が過ぎた。匝のPCにはウイルスメールなどこなかったのだが、代表メールなどにはくるらしくちゃんと駆除されているとのこと。なんといっても、軽い。起動時の画面でNOD32が表示される以外はほとんど存在を感じない。

匝の個人のPCにはsa1fには“avast”が、メインのLavieには“ウイルスバスター”をいれていた。このウイルスバスターはメモリを喰いまくり、起動時はCPU使用率が100%近くを示しHDDは回りっぱなしで5分以上作業ができないのでメモリ増設した。とてもsa1fに入れる気になりませんでしたよ。

結局、作業中に自動スキャンをはじめる画面と動作がうざったいとかで期限切れを持って、NOD32に乗り換えることにしたのだ。

さて秋葉原探索でセキュリティソフトを確認したとき、総合ソフトとして“ESET Smart Security”というNOD32にファイアーウォールとかも組み込まれているソフトがあるのを知ったので、今回これを購入した。ダウンロード版ではなくパッケージ版を購入したのは、冊子になっている説明書が欲しかったため。NOD32の設定はわかりづらく、Smartも同じだろうと思ったから。

インストールで気をつける必要があるのは、インストール中に赤く「ライセンスが有効期限切れになりました」と表示されて驚いてしまうこと。メーカーサイトによれば“表示上の不具合”なのだそうだ。
80209a.jpg

気にせずにユーザー名とパスワードを取得し、Smartに登録後再起動すれば正常に起動しました。一部、設定画面に隠れて見えない場合もありましたが慌てないこと。

そうそうインストール中、PCの無線LANが接続と切断を繰り返してネット接続が不能になった。匝は無線を停止し有線に切り替え続行しましたが、無線だけのPCの場合はSmartのパーソナルファイアウォール機能を一時的に無効にします(ウイルスバスターでも同様の経験が…)。

設定→パーソナルファイアウォール→
 ネットワーク通信フィルタリングから「フィルタリングをしない:すべての通信を許可する」をクリック
「有効」が「無効」になります。

これで無線LANが復旧するのでメールにてユーザー登録を行い、パスワードを入手します。すべてのインストールが終わったあと再起動しファイアウォールを「有効」にしますが接続と切断を繰り返しますから、

設定→パーソナルファイアウォール→
 自動フィルタリングモードから「対話モードへ切り替え」をクリック

するとPCのソフトが通信するたびに許可するかどうか聞いてくるので、許可するのであれば「許可」ボタンの上にある「アクションを記憶する(ルールを作成する)」にチェックを入れておくとよいです。

あれこれやっている間に問題なく動くようになったのでよしとします。

価格.comの掲示板の情報(書き込み番号7052794)では、ネットワークカードとの相性や電源管理の問題で動作不具合となることがあるようです。

書き込み番号7052794(はんさん65氏)での対処

原因:
ESET Smart Securityのファイアウォールは、ネットワークカードドライバに
バインドする際、ネットワークカードは無効になり電源断状態になります。
そして、バインドが成功すると、再度ネットワークカードが有効になります。
すなわち、この時電源が入るということになります。
この瞬間にブルースクリーンは発生します。

対処方法:
1)ネットワークカードの電源管理に関係しているらしいので、
2)ネットワークアダプターのデバイスマネージャーを確認し、
3)電源管理のタブで
  □ 電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする
  の項目に入っていたチェックをはずしてみました。
4)この状態で再インストールで解決しました。

以上の方法でダメな場合、復旧はめんどうなものになるようです。価格.comの掲示板の情報(書き込み番号7052794)をよく読んで自己の責任で行ってくださいな。



たべて育つ 

いつも朝10時にはお腹を減らす匝は、めずらしく新地の駅のEUROCAFEでパンを買って出社した。朝は食べてはいるんだけれど、育ち盛りなのかいな。

80208a.jpg
レジではお姉さんが
「外の表示は8時からとなっておりますが平日は朝7時半から営業しております。どうぞご利用ください」
って言ってくださいましたが、外に書かなければ準備中だと思って誰も入りませんぜ。
あとさ、外の手書きメニュー看板ですが“EUROCAFF”になってますよ…。

出社してパンをパクつく。

80208b.jpg
おやつには大福。係長氏が出先で買ってきてくれたのですが9つしかないのです。社員の半分しか行き渡りません。なので匝おやつ用のじゃらじゃら貯金が開放され、セブンイレブンで大福を不足分だけ購入。源吉兆庵のものは匝がゲット。このへんのいきさつは秘密です。

80208c.jpg
何気に大福の裏を見ると材料の筆頭が“砂糖”でした。原材料名は重い順に記載されるんだよなぁ。もち米が砂糖に負けてどうするっ!

80208d.jpg
池さんからのいただきもの。
はぁ~、癒されるなぁ。

BGM:Cloud Age Symphony , SHUNTARO OKINO

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。