スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はやぶさ」に会いに 

6月20日、小惑星探査機「はやぶさ」に会いに行った。
もっとも本人(はやぶさ)は6月13日未明に大気圏で星になったので実寸模型である。

会えるのは相模原の宇宙研(JAXA/ISAS)。最寄駅は横浜線の淵野辺駅。
今回は甥っ子6才も同行したので市立博物館プラネタリウムも鑑賞することになっていた。
はやぶさ帰還後話題となっている「全天周映像 HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」を観るのだ。もっとも匝は2回目。込んでいるとの話だったので2時間前に行くと、200席以上あるのに残席16席だった。あぶない、あぶない。
100620_01.jpg 100620_02.jpg
チケットも購入したので市立博物館の向かいにある宇宙研へ。入門時に守衛所で名前を記入。中に入ると建物の脇にM-V(みゅーふぁいぶ)ロケットやM-3SIIロケットが迎えてくれる。我が国が開発した固体ロケット。以前にも書いたが、世界のロケットの多くがナチスのV2ロケットからの流れであるのに対し、日本の固体ロケットは血統書つきの日本のロケットと言っていいかもしれない。ま、別にロケット自体に問題はなく、使う人が戦争に使うか、生活や科学のために使うかの違いである。

“はやぶさ”がM-V5号機に載って飛びだしたのは7年前なのだなぁ。
100620_03.jpg
建物に入ると“はやぶさ”の実寸模型が迎えてくれる。今現在、金星に向け飛行中の“あかつき”や“イカロス君”の扱いは小さい。いいのか(笑)。
100620_04.jpg
2階は立ち入り禁止だったが、来場者のリクエストでホールを見下ろすところまでは上がっていいことになった。これにより“はやぶさ”の正面を見ることができた。写真は階段側からの左斜めからの写真。
100620_05.jpg
“はやぶさ”の裏側こそいろいろとみどころがあるのだ。イトカワの岩石を採取するサンプラーホーン、片隅に設置されている小惑星上を跳ねまわって探査するミネルバ(失敗しましたが)。採取した岩石を地球に届けるリエントリカプセル。

甥っ子は何やらスイッチがあったのでカチカチしていると“はやぶさ”のイオンエンジンが光ったり消えたり。周りでも薀蓄を傾けて盛り上がるおじさんなどがいて大賑わい
100620_06.jpg展示室にさりげなく置かれていた次期固体ロケット“イプシロン”。NASDA系の中型ロケットGXが中止され、伝統的な東大系の固体ロケットに戻ったことが少しうれしい。

その横にはISASが進める小型科学衛星プロジェクトの模型。
100620_07.jpg
甥っ子は狭い展示室内にあるたくさんのスタンプを押しまくっていた。

その後はプラネタリウムを見て涙を流し、甥っ子も感ずるところがあったのかもう一度宇宙研に行きたいといいだした。そんな蒸し暑い梅雨の一日でした。

スポンサーサイト

かながわの電気自動車への挑戦 

県庁に行ったら、電気自動車(EV)と充電ステーションがあった。

写真にあるのは富士重のプラグイン ステラという車種。

200Vで5時間充電。しかし15分で80%までの急速充電も可能。
価格は450万円と県のホームページにありました。
100620a.jpg
これでも走行距離は90km(10・15モード)で、最高速度は100km/hなのだそうだ。
この他に三菱自のi-MiEVや日産のLEAFがあるとのこと。

EV車の燃費ってどれくらいなんだろうと思ったら、県のサイトでは仮に10km/kwhとあった。
1kmあたり1円(東電夜間料金換算、燃費は東電の開発目標値)。
実際の燃費(燃やしていないけれど)はどれくらいなんだろう。
100620b.jpg
ところで神奈川県西部、小田原にはカッコイイ、スポーツタイプのEV車の販売会社がある事を知った。価格は250万円程度。走るには走行距離が少ないのが難点。


神奈川県:かながわの電気自動車への挑戦
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/taikisuisitu/car/04ev.html

みちのくトレード(小田原)
http://www.michinokutrade.jp/

明日葉復活!! 

100618c.jpg
6月10日に収穫し花籠さんで天ぷらにしてもらった明日葉。
苦みが少なく固いというイマイチな結果でした。明日葉も根元からバッサリ刈られてしまって涙目だったのですが....
100618a.jpg
復活しましたぁ!!
バッサリ切られた中央から新たに芽がでて1週間でこれくらいに。さすがに明日戻ることはなかったですが、生命力が強いですね。

なんだか今回の葉はやわらかくおいしそうに感じます。
100618b.jpg


ビオトープも花盛り 

6月17日、気付くとアナカリスが小さな白い花を水面につけていた。花弁はたぶん4枚なのだと思う。夏の日差しになってきたのか水中ではモコモコ増え出している。
100617a.jpg
さてウィステリアも水上葉も手のひらを太陽にかざすように葉を向け、どんどん伸びている。けれど地球の引力にも引っ張られ垂れ下がる。そんなところにはじめてみました!

ウィステリアの花!!

お口のような花弁からパープルなベロを出したよう。ちょっと撮影しにくいところだったけれど、次回も咲いたらより観察してみる。
100617b.jpg
こちらは日々咲いているアサザの花。
100617c.jpg


おつかれさま 「はやぶさ」 

昨夜、小惑星探査機「はやぶさ」が大気圏再突入しサンプルを地球に持ち帰りました。
再突入3時間前にカプセルを分離。大気圏再突入の前に向きを変えてカメラを地上に向け撮影。22時30分頃、画像を地球に送った後、すべての交信終了。「はやぶさ」自身はそのまま地球に落下し、22時51分に大気圏再突入。

光の尾を引きスーッと流れるカプセルのすぐ後ろで「はやぶさ」が光り輝きながら、いくつもの光の粒に分かれ天の川のきれいな星夜に消えていきました。

和歌山大学



国際チーム(NASA)による航空機観測(DC-8)



NHK-BSニュース


100614a_img01.jpg(C)JAXA
「はやぶさ」最後の写真(クリックすると大きくなります)。

おつかれさま、はやぶさ

少し感動...
2010 0613. 19:51
http://drawr.net/show.php?id=1478887

「はやぶさ」帰還中(追記) 

100613_hayabusa10-hp.gif
Googleのトップも「はやぶさ」になっていました。
今日は7年のおつかいで「はやぶさ」が帰ってきます。

既に早朝に月軌道の内側に入りました。予定では
19時51分 「はやぶさ」からカプセル分離(おつかいの品)
22時51分 カプセル大気圏再突入
「はやぶさ」もカプセルに続いて再突入し流れ星になります。

JAXAからの情報は、
Twitter http://twitter.com/Hayabusa_JAXA
blog http://www.isas.jaxa.jp/home/hayabusa-live/
をご参照を。

ライブ中継については昨日のブログをご参照を。
http://eniguma.blog85.fc2.com/blog-entry-2194.html


すばる望遠鏡で「はやぶさ」の撮影成功!
ハワイにある国立天文台の「すばる望遠鏡」で飛行中の「はやぶさ」の撮影に成功したとのこと。
GIFアニメなのでしばらく経つと上から下に移動する点がわかります。

http://www.isas.jaxa.jp/home/hayabusa-live/?itemid=601

2010-6-13 17:35

地球の中心は無重力なのに 

地球の中心は無重力なのになぜ地球の内核は固体なのだろう、と思案した時のお絵描きがみつかったので記念にアップ。
100606a.jpg
(クリックすると大きくなります)
核は鉄の塊とされている。この鉄も高温になれば液体に、高圧になれば固体になる性質がある。勘違いは無重力と圧力が別なのに同じものと考えてしまったことなのだ。

つまり地球の中心は四方八方の地球を構成する物質の万有引力でつり合い無重力状態になっているものの、地球全体は万有引力でギュッと縮まろうとしているために大きな圧力がかかっている。

ところでダイラタンシーの実験をして、マントルが液体(固体のような液体)というのもなんとなく理解できそう。

はやぶさ迎え酒 

明日6月13日深夜に小惑星探査機「はやぶさ」が持ちかえる小惑星イトカワの砂の入ったカプセルが地上に到着する予定。このカプセルを無事に持ちかえる「はやぶさ」を迎えるための迎え酒を購入、先週木曜日に届きました。
100610a.jpg
純米吟醸酒と純米大吟醸酒の2本。福井のお酒です。純米吟醸には自然乳酸酒と記載されている。日本酒は炭水化物を糖に変える麹と糖をアルコールに変える酵母のほかに、糖に変える時に混ざっている雑菌を酸で殺菌するための乳酸菌がいるとのこと。これを蔵に自然についていたものを使うか、乳酸を添加するかの違いがあるらしく、これは蔵付きの乳酸菌を使っているらしいな。
100610b.jpg
さて、箱には「はやぶさ」CGと「はやぶさ」キャラもラベルで封がしてある。これを慎重に剥がして瓶を出しましたが、瓶の口にも封がしてあるじゃないかぁ。
無事に到着したらこれを破って会社の有志と飲むのだ。
100610c.jpg


「はやぶさ」帰還前日 

100612a.jpg
2003年5月9日に鹿児島内之浦から打ち上げられた「はやぶさ」は世界初の探査機によるサンプルリターン(地球外天体からの試料回収)を行い、明日深夜に地球に帰還する。いや、正しくはおつかいの品(小惑星イトカワの砂)だけを地上に届け、自身は大気圏で星になってしまうのだが。

この「はやぶさ」の最後の華やかな姿をライブ中継することになっている。

JAXA
http://hayabusa.jaxa.jp/live/

日本宇宙少年団
http://www.yac-j.or.jp/tv/post-3.html

NEC はやぶさ、7年間の旅
http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/live/
以上はISASのはやぶさ管制室の様子もライブ中継

NASA Hayabusa Re-Entry
http://airborne.seti.org/hayabusa/index.html
DC-8による航空機光学観測ライブ中継

和歌山大学 はやぶさカプセルの帰還ライブ中継
http://www.wakayama-u.ac.jp/ifes/news/news20100613.html
オーストラリア、ウーメラ砂漠での地上光学観測ライブ中継

大気圏突入は6月13日22時50分頃から。
「はやぶさ」最後の24時間はこちらをご覧ください。

NEC:「はやぶさ」、最後の24時間
http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/qanda/details/landing.html

最後の輝きを7年間の探検の苦労を振り返りながら、しっかり見届けてあげたいです。


勢いづく植物たち 

寒暖の差が激しいものの一歩一歩夏へと向かっているらしく、会社に植わる植物たちも成長をしているようだ。
ゴーヤは植えてツルが出てきた。人間でいえばつかまり立ちを始める頃ってイメージかな。
100609a.jpg
皇帝ダリアも大きく葉を広げ始めた。心配した小さいままだった皇帝ダリアも葉を大きくしてきたが、いま思えば二つのダリアは近すぎるんじゃないか?
100609b.jpg

横浜市歌が音頭になった!? 

日本でもっとも有名な自治体の歌は長野県の「信濃の国」だ。なんといっても長野県出身といいながらこの歌が歌えないのはニセ者と言われても仕方ないほどだ。

それも実際に聞いてみるとなんと6番まである。これを小学校から叩きこまれるというのだ。そのかわり「君が代」がおろそかになっているようだ。

さて匝の近所で対抗できるところはないかと調べると.....なんと「横浜市歌」というのが結構みんな歌えるらしい。「信濃の国」同様に市立の小学校から指導され、市立中高そして市立大学に至るまで演奏・合唱されるとのこと。開港祭など市の行事でも歌われるらしく、歌えないヤツはハマッ子といえない説も....

この曲の歌詞は森鴎外が作詞したとのこと。

ちなみに長野県は200万県民。横浜市は300(現在360)万市民。人口では勝っているのだから市ももっと周知をと思ったら、なんと今月、市歌をもとにした「よこはまアラメヤ音頭」なるものが作られていた。夏の市内の盆踊りで一大キャンペーンか!?

わが日の本は島国よ
朝日かがよう海に
連りそばだつ島々なれば
あらゆる国より舟こそ通え

されば港の数多かれど
この横浜にまさるあらめや
むかし思えば とま屋の煙
ちらりほらりと立てりしところ

今はもも舟もも千舟
泊るところぞ見よや
果なく栄えて行くらんみ代を
飾る宝も入りくる港

ベチャベチャのニョロニョロ とりあえず版 

本日、ダイラタンシー振動実験を行ってみた。
詳細は改めてアップしますので、速報動画をどうぞ。



綱島桃 

100607b.jpg
段々暑くなってきて日差しも強くなってきて...
綱島の桃もどんどん大きくなっていくんだなぁ。

はんだづけカフェ 

秋葉原の北、メトロ末広町駅付近にある旧練成中学校。ここは“3331 ARTS CYD”というアートスペースになっていて、この3階に“はんだづけカフェ”ができました。
100606_01.jpg
入口、恐らくは昔の玄関だったのかもしれませんが、黒板や懐かしい学校の机、椅子などがならび休憩などができるようになっています。黒板近くには恐竜が2体。それぞれガチャポンのカラやミニカー、なんと口の部分にはウルトラマンなどの人形で作られています。アートなんですかね。
100606_02.jpg 100606_03.jpg
建物の中は自由に出入りができ、教室の雰囲気はありますが部屋毎に改装されていて学校とは少し違った趣きがあります。階段をあがると階数表示とマップ、その下にはこれまた懐かしい水道たち。

そして3階まで上がると“はんだづけカフェ”の教室がありました。
入口でスリッパに履き替えます。入室の際に名前と時間を記入。そういえばうっかり退出時間を書き忘れました。
100606_04.jpg 100606_05.jpg
初めての人には会員証が配られます。まず裏面のお約束事を読み、納得できたら表に名前、ツイッターネームでもいいらしいですがそれを書いて、ホルダに入れて首から吊るします。

お約束事とは
1.ケガとゴミは自分持ち
1.道具は大切に
1.やったり考えたりしてから周りに聞こう
1.わかる人は助けてあげよう
1.店員さんは困らせない
100606_06.jpg 100606_07.jpg
匝のいた時間は、匝も入れ6人。
オフ会なのか3人は一緒で、電子工作をしたものを持参し詳しい人が見直したりはんだ付けし直したりしていました。マイコテ持参です。

別のひとりもはんだ付けしていましたね。

はんだごては温度管理できるものが、ざっと7台くらい。エレキジャックなどの本も何冊かあって、匝はそれを読んでいました。

大きな木が風に揺れ、葉がこすれる音。そして街中とは思えない涼しい風に幼少の頃を思い出されます。

はんだづけカフェ
http://handazukecafe.com/

ゴーヤ3年目 

今年もゴーヤが植えられました。
第一の目的は、日陰を作るため。
第二はもちろん食べるため。ただ3年も同じプランターを使うため連作障害が心配されます。土を少し入れ替えたり工夫をしているようですが、どうでしょう。
100602a.jpg
なぜか今年はプランターの腐葉土からコガネムシの幼虫がわんさかと出てきたのです。
「こいつらは根を食うらしいですよ」匝が言うと、
「あら、それはいけないわ」
と、ひょいひょいとつまみ、駐車場へと捨てられた...
100602b.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。