スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明くる年があなたにとってよいお年でありますよう 

今年もあとわずか…今年最後の日を笑顔のまま明けられますように。
また今年最後に会う人も笑顔でありますように。

笑顔をもらい笑顔を返せば来年もきっと幸せです。
みなさんの心にある海と空が、来年もおだやかでありますよう。

よいお年を。



スポンサーサイト

ノーベル賞状に描かれるイラスト2010 

前回受賞の2008年から2年が経ってまたノーベル化学賞を受賞しました。

101212_negishi_diploma.jpg
根岸英一教授。

101212_suzuki_diploma.jpg
鈴木章教授。

どちらも木立と小さな草花。
読売新聞によれば
『2人が開発した根岸反応と鈴木反応は、ともにパラジウムを触媒に使ったクロスカップリングのため、絵柄も、互いが左右対称のようなよく似た雰囲気のものとなった。』
とのことだが、もうひとりのハック教授も木立の似たような絵なのだがなぁ。

ノーベル財団での授賞式の動画も公式サイトで公開されています。

ノーベル財団
The Nobel Prize Award Ceremony 2010(88 minutes)
31分あたりから化学賞授与。

おめでとうございます。

ガンバレ!「あかつき」!! 

12月7日、この日は金星探査機「あかつき」が金星を回る周回軌道に投入される日だった。
それが今、どうなってしまったのか。探査機は見つかったが状態がわからない。
101207a.gif
まず、経過を書いてみる。

順調に金星への旅を続けていた「あかつき」は、金星を回る軌道に入るため金星を通過する手前で逆噴射。減速して金星の引力につかまえてもらう。

12月7日8時49分に500N級セラミックスラスターを噴射。
12月7日8時50分、地球と「あかつき」の間に金星が入り通信できない時間帯に入る。この間も自動制御で噴射が行われる。
12月7日9時01分、予定では噴射終了。
12月7日9時12分、金星を回る軌道に入り地球と通信再開できるはずだったが、音信が途絶えたまま。
12月7日10時03分、予定の中利得アンテナが探査機側で低利得アンテナに切り替え。
12月7日10時28分、「あかつき」からの電波を受信。
12月7日10時59分、低利得アンテナから中利得アンテナに切り替えるもロスト。低利得アンテナにて回復。
探査機は低利得アンテナで機器の状態を垂れ流している(テレメトリ)が、データの始まりと終わりの信号を見つける作業を続ける。低利得アンテナでの通信速度は8bps。
12月7日14時頃、DSNマドリッド局。ここで電波が強弱していることが判明。探査機が姿勢を安定させるためセーフホールモード(太陽パネルを太陽に向け、ゆっくり回転するスピン安定)に入っているものと推定。
10分に40秒の間、中利得アンテナでの通信ができることがわかり、スピン安定から三軸制御モードへのコマンドを送るが動作せず。

機器の状態を知るために低利得アンテナによるテレメトリ受信を優先させる。全部のデータを受信するのに1時間かかる。

このほか電波の往復による距離測定、ドップラーシフトによる方向と速度を数時間にわたり観測して現在の軌道計算のためのデータを蓄積中。

軌道の補正が必要であれば金星から離れない8日中に行いたい。そのためにも現在の軌道計算と燃料の残量を知る必要がある。

幾度もの困難を乗り越えたJAXA/ISASの人たちに奮闘に期待しよう。
がんばれ!「あかつき」!!がんばれ!宇宙研!!



(アゴラ)ラビリンスボックス 

ずいぶんと時が経ってしまったけれど、サイエンス・アゴラの話。

アゴラでは科学系の工作などもたくさんあった。そのひとつがこのラビリンス・キューブ。
中は全面鏡面になっていて、角に一か所開いた穴からのぞくと万華鏡のように光の世界が!

作り方は、覗いた向こうにある面、3面のミラー塗料をカッターで削り取り、カラーセロファンを貼って色をつけたものです。
101121_11.jpg 101121_12.jpg
下のは甥っ子のではなくってサンプルに置かれていたもの。
建物と花火、わかりますか?中央辺りが対角線にある角っこです。
101121_13.jpg

ラビリンスボックス(作り方)
http://www.coara.or.jp/~atsushi/science/pdf/lkaisetu.pdf


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。