スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮干しの解剖教室 

煮干しの解剖教室 (オリジナル入門シリーズ)
煮干しの解剖教室 (オリジナル入門シリーズ)小林 眞理子 泉田 謙 こばやし ちひろ

仮説社 2010-07
売り上げランキング : 169355


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「煮干しも生きて泳いでいたんだね」

著者が中学校での授業で煮干しの解剖を行った時、生徒が発した言葉だそうだ。

“煮干しの解剖”とは考えたものだ。
生きている状態での解剖や生きていなくとも生の状態では解剖に抵抗があっても、煮干しは“たべもの”なのでバラバラにしても抵抗は感じない。むしろ“たべもの”が以前、しっかり海で生活していた“いきもの”であったことを改めて発見できるいい教材なのだろう。

匝には解剖歴はない。生き物を観察することはあっても身体の中まで見るのは気持ちが悪いからだ。理科の授業でもやったことはない。かといってまったくやったことがないかというとそうでもなく、バーベキューの時にニジマスの下ごしらえで腹を割いてはらわたやえらを取るなどはやったことがある。この場合“いきもの”ではなく“たべもの”という感覚だったのだろう。いちいち、これが心臓、えらはこういう構造なんだ…などと観察したことはない。

いや、たぶんニジマスでも観察はじめたら気持ち悪かったかもしれない。人間とはおもしろいものだ。

先にも書いたがこの本は“たべもの”がもともと“生き物”だったことを再認識できる本だ。頭から内臓に至るまで、ひとつひとつ写真と解説がついている。

読んでいて驚いたことは、食物連鎖の痕跡をみることができる。
それは何かというと煮干しの食道や胃などを水で戻して中身を出し、それらを顕微鏡でみるとプランクトンをみることができるというのだ。生前カタクチイワシと呼ばれていた煮干しが食べていた動植物プランクトン。そして煮干しを食べる人間。食物連鎖は何を感じさせてくれるのだろう。

今、子供たちが目にする魚は切り身や干物など食べ物か、水族館の魚たちだろう。
“たべもの”は“いきもの”だったこと。この再発見を子供たちに期待したい。そう強く感じさせられた一冊だった。

煮干しの解剖は、ネットでも少し情報があります。

煮干しの解剖資料室
http://www.geocities.jp/niboshi2005/

スポンサーサイト

祝!って言えるようにしよッ 

震災で暗い世相になっている中で、ちょっと元気のでる九州新幹線開通CM。



ぜったい、参加した人たちワクワクしたと思う。たった一度しかないんだもん。


そして…、運転手さん。どんな気持ちで運転されたのかな。
祝福されながら鹿児島から博多へ。

これから日本各地で祝!ってたくさん、たくさん言えますようにッ!
そう、あなたもねッ(^^)

深海環境音で聞く東北地方太平洋沖地震 

Lido:Earthquake recorded at Hatsushima observatory 1 on March 11 around 05:47 (UTC).
http://lido.epsevg.upc.es/acoustics/index2.php?web=soundlibrary&lang=en

上記は世界の深海ステーションで録音された深海音を聴けるサイト。
ここに日本の初島(伊豆東部)の沖7km、初島ステーションにあるマイク(ハイドロホン)が深さ1170mでとらえた東北地方太平洋沖地震の音を公開している。

初島ステーションがどのような観測をしているかは下記を参照してください。

JAMSTEC:相模湾初島沖「深海底総合観測ステーション」
http://www.jamstec.go.jp/jamstec-j/shinkai/KANSOKU/sagami.html

JAMSTEC深海研究 第18号:相模湾初島沖深海底総合観測ステーションの更新
http://docsrv.godac.jp/MSV2_DATA/23/18_17.pdf

ソーラーLEDの小田原ちょうちん 

3.11の地震や計画停電でランタンのような照明がほしいなと検索していた小田原の会社でふっと思い出した、ソーラー小田原ちょうちん。

小田原市の小学校では小田原ちょうちんの工作授業があって提灯キットも売っている。
数年前、小田原ならではのちょうちんにソーラーパネルつけて、夜、点灯するようにしたらおもしろかろうと、社長が提灯を買ってきて工作したものだ。
110415a.jpg
それを思い出して引っ張り出してきたのがこれだ!
秋月で買った太陽電池。小田原ちょうちんはコンパクトにたためるのだ。
110415b.jpg
蛇腹の部分は竹籤で輪っかになっている。この辺は出来合いのモンを買ってきた。
中はLEDがひとつ。そう、当時は砲弾型の白色LEDが高かったとか、電球色なんか弱々しい明かりで…。
今ならもう少し改良できるかもねぇ。
110415c.jpg


野毛山動物園でネズミと触れ合い 

もう、何十年振りかで横浜の野毛山動物園に行ってきました。
園内は小さいけど入園料が無料ってのがいいです。
110416f.jpg
ゾウなど一部の動物はズーラシアへ移動していきましたが、人気者はレッサーパンダなんでしょうかね。
とても愛くるしく動き回っていました。
110416g.jpg
さて、いろいろ園内を見ていると「なかよし広場」という小動物(ハツカネズミ、モルモット、ヒヨコなど)と触れあえるコーナーがあります。しかしハツカネズミですよ!ネズミじゃーんと思ったら…
これがカワイイ(^^)
110416a.jpg
この茶系のが好みです。手を出す甥っ子にモゾモゾと乗ってきて、そのまま腕から首辺りまで一気に上がるなどやんちゃぶりを発揮。
110416b.jpg
ふと、上を見上げれば飼育員の方が一匹ずつロープにハツカネズミ(大)を乗せているところ。
そして一匹ずつ餌を与えると、どうでしょう!この幸せそうな顔(笑)
110416c.jpg
ちょっとカメラを引くとこんな感じで食べています。まるでガンバとその仲間たち!
110416d.jpg
食後は上に張られたロープを伝っての運動。
前のネズミを追い立ているが如く走っていったり、折り返しの部分では反対のロープに渡ろうと身体を伸ばすところがカワイイ。
もっとも大きいネズミで噛む力が強いから手出し無用とのこと。

そのハツカネズミの隣ではヘビ(アオダイショウ)を持つ飼育員さん。
ネズミの横でヘビっていうのも(ドキドキ)

恐る恐る子供らが触れてみる。慣れると首に巻き始める(笑)
甥っ子はモルモットをブラッシング、姪っ子はネズミをうまく捕まえられなかったもののヘビのネックレスにご満悦でした。
そういえばヒヨコは見かけなかったぞ。
110416e.jpg


東京湾の誘発地震 

東北地方太平洋沖地震のあと、各地内陸型の地震が多発した。

東京湾内でも一時、小さな群発地震が多発したので、どのような地震だったかマップにしてみた。
201103all_D.jpg
使用したデータは、
防災科学技術研究所にある気象庁一元化処理 震源リスト:2011/3/11-3/21
データ処理に使用したソフト:Eqlist43
マップは、Googleマップ(地形)
処理条件:北緯35.333-35.745/東経139.625-140.125/深さ30km以浅
途中手入力の部分があり完全ではありません。

3/22以降はほぼ鎮静化し3/29に一度あっただけです。ただし震源リストの更新が東北地方太平洋沖地震のあと処理が遅れており、3/30以降のデータ処理はされていません。

3/22以降はほぼ鎮静化し3/29に一度あっただけです。ただし震源リストの更新が東北地方太平洋沖地震のあと処理が遅れており、3/30以降のデータ処理はされていません。

深さが30kmより浅いところに限っているのは、これより深いところの地震と地震が起こるしくみが違うからです。
この東京湾の地震は深さから相模トラフから沈みこむフィリピン海プレートの上面にあたると推測されます。つまり陸側のプレートとフィリピン海プレートの境界で発生していると考えられそうです。

実はこれより深い60~80kmくらいの地震も数回ありましたが、こちらはフィリピン海プレート下面と太平洋プレート上面の境界で発生していたのではないかと推測されます。

最大マグニチュードは3月15日4時59分頃のM4.1 最大震度3。(当時の地震速報では深さ40km(速報値)とあるがリストにある暫定値では23km)。当時の体験談をネットで拾うと、縦揺れがメインで東北地洋太平洋沖地震の余震との違いは明確であったようだ。

群発地震のはじまりは3月12日8時42分。もっとも活発だった日は15日21回で特に午前中の発生が多かったです。

東京湾の地震は数年に1度揺れる程度の活発さで、今回のレベルであれば緊急性は感じられません。もっとも東北地方太平洋沖地震という巨大地震のあとですから長期にはわかりませんが。また江戸時代に大きな被害をもたらせた地震が発生したこともありますので油断は禁物です。

国が想定しているのは陸のプレートとフィリピン海プレートの境界で荒川河口付近を震源とするM7.3。ほかにM6.9の想定がいくつか。

平成22年防災白書:東京湾北部地震(M7.3)の震度分布
http://www.bousai.go.jp/hakusho/h22/bousai2010/html/zu/zu056.htm

平成22年防災白書:検討対象としたM6.9の直下の地震
http://www.bousai.go.jp/hakusho/h22/bousai2010/html/zu/zu054.htm

M6.9の直下の地震の中に羽田空港直下というのがあるが、2005年6月1日夜、わずか2時間の間に震度3(M4程度)の地震が3度発生した。震度3だったにもかかわらず突き上げるような地震と湾岸の高層マンションでの揺れで結構騒ぎになり、さらに場所が直下型地震の想定地だけに気象庁が震度3程度でわざわざコメントを発表することになったので記憶に残っている。多摩川河口付近は1970年代にも注目された。

気象庁:平成18年7月 地震・火山月報(防災編)
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/gaikyo/monthly200607/20060709tokyo-wan.html

基本的に地震の予知、すなわち時刻、場所、規模の3要素は予測できない。特に時刻についてはまったくわからないといってよい。
なので少なくとも地震が発生しそうと想定されているところは自分にどれくらいのリスクがあるか知っておくことがいいだろう。

東京の地下がどうなっているか。国はフィリピン海プレート上面について検討をしている。

平成22年防災白書:検討対象としたフィリピン海プレート上面付近の断層
http://www.bousai.go.jp/hakusho/h22/bousai2010/html/zu/zu055.htm

衝突域:伊豆半島(島)が日本列島にぶつかって、地下でプレートが衝突しているところ。小さな群発地震が発生する程度。
スロースリップ:プレート上面がいわばヌルヌルと滑りやすく、ゆっくり滑ることで歪が解消されている地域。
地震活動低:蛇紋岩化と書いてあるが勉強不足でよくわからない。ひとつ言えるのは蛇紋岩は変形しやすいため歪がたまりにくいということか。

ご存知の通り東北地方太平洋沖地震のあと、茨城県南部で群発地震が発生している。ここで歪みが解放されたる貯まったりすれば、いずれ東京湾直下にも影響を与えるとも考えられる。心と防災の準備はしておいたほうがいいだろう。

以下、「続きを読む」をクリックすると日毎の震源分布をみることができます。

続きを読む

海の公園さんぽ(と、水陸両用車いす) 

今日は通院日。天気がよかったので八景島近くの海の公園をさんぽ。

シーサイドライン八景島駅からの海(パノラマ写真はクリックで大きくなります)
110413a.jpg
浜辺は貸し切り。
110413b.jpg
誰かが作ったであろう砂の城?波に消えていきそうです。
110413c.jpg
潮騒にまつぼっくり
110413d.jpg
アサリを採る人。
110413e.jpg
「採れますか?」
「いやぁ、殻ばっかであっても小さい」
「まだ、早いんじゃないですか?」
「あぁ、まだ早いねぇ」
110413f.jpg
おばさん3人もあさり採り。
まだ海は冷たいんじゃないかな。

気持ちのいい日で、束の間のリフレッシュ。

そうそう、海の公園には水陸両用車いすの貸し出しがあるとか。
なんだろうそれって思うでしょ。で、調べてみました。


製造元:合資会社大名鉄工
http://www.oonatk.com/

綱島の春 

110411.jpg
綱島の桃畑は満開です。今年もちゃんと春を迎えました。

大震災と関係なく自然は廻っているんですね。
地震災害の多くは人災です。人の努力で被害をもっと小さくできると確信しています。

結局、被害の多くは人間の驕りだと思います。大きな被害で受けた衝撃をこの先も忘れず、防災に役立ててほしい。

そう願います。

ムーンライト計画 

サンシャイン計画だけでなくムーンライト計画というのもあった。
位置づけとしてはサンシャイン計画が新エネルギーの技術開発であるのに対し、ムーンライト計画は省エネルギーの技術開発だ。つまり安定供給されるエネルギーと無駄をなくすエネルギーの開発計画。

サンシャイン計画が1974年開始でムーンライト計画は遅れて1978年からのスタート。

その成果は高度情報科学技術研究機構(旧原子力データセンター)の文書では次のように紹介されている。(画像をクリックで等倍になります)

110403_02.gif
http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/01/01050201/02.gif

これまたわかりづらいので概略を補足。

1)排熱利用技術システム
  コ・ジェネやそれからの廃熱を吸収式ヒートポンプで再利用してエネルギー効率をさらに高める技術開発。

2)電磁流体(MHD)発電
  ガスタービンなど通常プロペラから軸を通じて発電機を回すのに対し、高温ガス(プラズマ)を磁界にあるダクトに通して電磁誘導によって電気を発生させる。ガスはさらにタービンを回すことで2度発電ができるというもの。

3)高効率ガスタービン
  ひとことでいうとジェットエンジンみたいなもの。圧縮した空気に燃料を入れ、点火して一気にガスの体積を増加させて噴き出しタービン歯車を回すもの。これをより効率よく電気エネルギーにしたもの。 

4)汎用スターリングエンジン
  スターリングエンジンはディーゼルやガソリンエンジンなどの内燃機関(エンジンの中で燃焼するエンジン)と違い、外燃機関で外部の熱源で効率よく動作させることができる。これによって地中と外気の温度差や内燃機関の廃熱からさらにエネルギーを取り出すことができる。

  また動力を与えるとエンジン自らが温度差を作りだし、冷凍機にもなるという優れもの。

5)新型電池電力貯蔵システム
  ムーンライト計画では各種電池や改良鉛蓄電池などで成果を挙げたようですが、その後リチウムイオン電池の登場でこちらの期待が高い。またフライホイール型や空気圧縮型などがニューサンシャイン計画で登場する。  

6)スーパーヒートポンプエネルギー集積システム
 大気や地中熱、ビルの廃熱などをヒートポンプ、わかりやすくいうとエアコンのようにあるところの熱を別のところに移動させることができる。またその熱を蓄えることができ、給湯や暖房に利用するというもの。この時に使う利用する熱はそんなに高温である必要はなく、わずかな温度で高い熱を得ることができる。

  ただしムーンライト計画ではコストが高く実用にならなかったが、その後電力中央研究所で開発が進められエコキュートとなって実現される。 

深海に四〇億年前の世界を見た! 地球微生物学 

爆笑問題のニッポンの教養 深海に四〇億年前の世界を見た! 地球微生物学 (爆笑問題のニッポンの教養 17)爆笑問題のニッポンの教養 深海に四〇億年前の世界を見た! 地球微生物学 (爆笑問題のニッポンの教養 17)
高井 研 太田 光 田中 裕二

講談社 2008-04-24
売り上げランキング : 195250

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

熱い!とにかく熱い1冊。

NHKで放映されている“爆笑問題のニッポンの教養”という番組が書籍になったものだそうで、番組での会話が文字にされている。そのシリーズの我が国稀代の微生物学者 高井研氏の本。

4つの章に分けられていて、前の2章が微生物を通してみた生命のはじまりの話。
後の2章はなぜだか「科学」について語っている。

高井氏は“先生”と呼ばれるのがお嫌いで、実際twitterでフォローし合った時も“先生”はダメと言われた。高井さんというのも何ですし1031(天才と読む)と自称されているので、あえて“提督”と呼んでいます(笑)。そう高井提督はJAMSTECで研究をされているのです。

微生物が生命のはじまりっていうのは、進化の歴史を習ったのでおぼろげながらそうなんだろうなって思います。しかしその最初の生命といえる微生物が深海の、それも海底から噴き出す360℃もある熱水から生まれたって聞くと驚きますよね。

高井提督は、酸素もなく地球の磁場もない時代にどうやって生命が生まれたのか。その生まれた環境はどういうところだったのかを研究し仮説を立てた。そこが深海の熱水孔だと考えると、しんかい2000やしんかい6500に乗り込んで深海底へと自ら赴く。

そこで気づいたことは、熱水孔ならどこでもよいということではなかった。水素を大量に含み熱水孔で、水素を発生させるには岩石に違いが、さらには熱水孔のある海嶺の生い立ちの違いがあることがわかったというあたりは読んでいて、とても楽しい。まるで自分もその発見に立ち会っているかのようだ。その辺を高井提督は熱く語る。

生命はどこに生まれるのか…。
『ひとつのエネルギーを別のエネルギーになる時の変換点のようなところに生まれる』

さて、ここから田中氏が暴走する後半。

匝は、科学は手法であって目的ではないと考えている。つまり科学でできることとできないことがあるのだ。

しかし田中氏はここをわかっていない。
『エネルギーをかき回している』というところにひっかかった。暗い深海で生命がうまれたのは、地球の熱エネルギーがあったからで太陽はなくても生まれるだろう。地球がエネルギーをかきまわしているってことは、ビッグバンからかき回しているのか?というところから「なぜ、かき回しているの?」という疑問。

これは科学では解明できない。どういう原理や方法でエネルギーが循環しているかは説明できるだろうが、どういう目的でかき回しているかは、宇宙さんに聞いてみないとわからない。科学の領域ではないのだ。

これはこれでおもしろいのだが、本筋から脱線しているのが残念。クオリアの問題まででてくると子供と論争しているのを見ているようだが、実際に科学は万能とか思っている人もいるだろうから仕方がないのかもしれない。こういう見方をする人も多く、それについて研究者がどう考えているのかを垣間見ることはできるだろう。尻切れトンボになって終わった感じはするが。

読みやすく、深海や生命、科学の限界を知るにはよい一冊だと思う。

サンシャイン計画 

ツイッターで夏の停電についてやりとりしていたら、原発以外のエネルギーの話になった。
いろんなアイデアが流れていくが、サンシャイン計画を見直してみる。国民の財産だしね。

それにサンシャイン計画を知らない人も多くなってしまったので概要を書く。

石油ショックで日本国内がパニックになった後、石油に依存することに危機感を感じ1974年に新エネルギーの技術開発の計画がスタートした。数十年後のエネルギー需要の相当部分を賄うクリーンなエネルギーの供給を目指し、太陽、地熱、石炭、水素の4分野の技術開発を進める。

さらに第2次石油ショック後の1980年では次の3点が重点技術として研究開発されることになった。

1)石炭液化技術開発
2)大規模深部地熱開発のために探査・掘削技術研究
3)太陽光発電技術開発

当時は小学生だったので集光型太陽熱発電や波力発電のイメージしかないのだが、高度情報科学技術研究機構(旧原子力データセンター)の文書では次の成果が紹介されている。(画像をクリックで等倍になります)

110403_01.gif

http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/01/01050201/01.gif
これだけだとわかりづらいので補足。

1)全国地熱資源総合調査
  全国地熱資源マップ作成と有望地での絞り込み最適探査手法の開発

2)深層熱水供給システム
  火山地域ではないところで熱水(温水)を掘り当て、地域暖房や農業に使う。

3)褐炭液化
  わかりやすくいうと石炭を液化した人造石油。

4)石炭利用水素製造
  石炭ガス(一酸化炭素)に水蒸気を触媒で反応させて二酸化炭素と水素を得る。

5)石炭ガス化複合サイクル発電
  石炭をガス化して、燃焼させた排ガスの膨張でタービンを回し、さらに排熱で蒸気をつくりタービンを回すというもの。

6)高カロリーガス化
  低カロリーガスのメタン量を増やして高カロリー化する。

7)水素製造技術
  アルカリ水電解法による水素製造。

8)水素利用技術
  水素吸蔵合金と水素自動車の開発。

9)高性能分離膜複合メタンガス製造
  下水や産業排水を分離膜を使い効率よくメタン菌でメタンガスを製造する。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。