スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明くる年があなたにとってよいお年でありますよう  

今年もあとわずか…今年最後の日を笑顔のまま明けられますように。
また今年最後に会う人も笑顔でありますように。

笑顔をもらい笑顔を返せば来年もきっと幸せです。
みなさんの心にある海と空が、来年もおだやかでありますよう。

よいお年を。

スポンサーサイト

月面をもっと立体的にした赤色立体地図 

国土地理院は地図を作るための測量技術や地形図・地理空間情報の提供を行っている行政機関。
ここがJAXAの月探査機「かぐや」の月地形情報を元にアジア航測が持つ「赤色立体地図」の技術を使ってより立体的な自由に動かすことのできる月球儀サイトをオープン。さっそく使ってみた。

まずはいつも地球に顔を向けている月の表の顔。
そう月はほとんどいつも同じ半球を地球に向けているんですね。立体過ぎてうさぎの形がわかりにくい。これだけでも平面的ないつもの月とは違う雰囲気です。
20131228_01.jpg

こちらは上の画像の左側面。
なんとなんと、巨大な瞳があるじゃありませんか!
こんなのが地球を向いていたら毎夜見つめられているようでぜったい「お月さまはいつも見ていらっしゃる」とかいう伝承が生まれたに違いありません。
これは三重クレーターで“東の海”とよばれるところ。外の輪の直径は約900km。
ちなみに月最大のクレーターはヘルツシュプルングで約537kmあります。
20131228_02.jpg

国土地理院の月の地形図サイトでは月の裏側の立体地図も画像としてみることもできますが、表の顔と違い裏の顔は荒々しく、ある意味地球の盾となって近づく隕石を背中に受けていたとも思われます。

自由に回転させることができる月面立体地図、お試しあれ!


参 考

国土地理院:月の地形図
http://gisstar.gsi.go.jp/selene/

国土地理院:自由に回転させることができる月球儀のような全球の赤色立体地図
(windowsではGoogle Crome、MacintoshではSafariでお試しください)
http://gisstar.gsi.go.jp/selene/kaguyacesium/kaguya3D.html

アジア航測:【コア技術】赤色立体地図
http://www.ajiko.co.jp/product/detail/ID4TB6OGWU9

隠し味は電気のお味?(電気味覚) 

電気を隠し味に食事を変える!?
視聴覚では電気を使った製品が溢れているが、味覚や嗅覚ではほとんど見かけない。どんな仕掛けなんだろう。



食品を口に入れてから食品に通電すると、あら不思議!あっという間に味が変わるらしい。
通電する方法は箸やフォーク、飲み物ならストローなどを使う。

電気味覚には塩味、苦み、酸味があり、電気を使うことでこれらの味を強くまたは弱く、もしくは新たに食品に味を加えることができる。これを使うと塩分摂取を控える必要のある人は、塩分ではなく電気味覚で塩味を強くすることで塩分を摂取せずに塩味を増すことが可能なのだそうだ。

電気は直流だけでなく、例えば音楽の音声信号をスピーカから音を出すのではなく、電気味覚用のフォークにつないで味覚として楽しむこともできるかもしれない。音楽を味覚で楽しむ、そんなことだ。クラッシック音楽は味わい深く、POPな曲は酸味が強いとか?

さらにはインターネットで味覚情報をダウンロードまたは音声出力から得る時代も遠くないかも。
あと電気味覚は一般の食品同様に個人差があるだろうが、好みは電気の強さで調整できるのも強みか。

味覚のための電気製品も姿を現すだろうか。
これからが楽しみだ。


参 考

電気で食事を変える!電気味覚プロジェクト
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19439972

Electronic taste could allow television viewers to sample cookery show creations
http://www.telegraph.co.uk/science/science-news/10465142/Electronic-taste-could-allow-television-viewers-to-sample-cookery-show-creations.html

エンジニアtype:電気×コンピュータで食文化を変える!?
「電気味覚」研究の第一人者が目指す未来【連載:五十嵐悠紀】
http://engineer.typemag.jp/article/yuki-igarashi25

明治大学 宮下研究室:電気味覚を用いた新たな飲食コンテンツの提案
http://miyashita.com/publications/cat47/index.php

明治大学大学院:電気味覚を活用した新たな食物コンテンツの提案(中村裕美)
http://www.ipa.go.jp/files/000007248.pdf

紙飛行機にプロペラつけてどこまでも 

紙飛行機に電動プロペラをつけるなんて思いつかなかった。
リモコン室内飛行機エアロソアラを持っているのに。




知人のFacebookをみていたら、紙飛行機に電動モータをつけ、さらにスマホでコントロールまでしているサイトの情報があったのです。

公式サイトをみると紙飛行機の折り方などいろいろ情報がありました。
さて、この電動プロペラを日本で入手するにはどうしたらいいのかな。代用品はあるのかな。
ちょっと調べて、入手して、自分の折った紙飛行機を飛ばしてみたい!

参 考

PowerUp:2.0 - Electric Paper Airplane
http://www.poweruptoys.com/pages/powerup-2-0-electric-paper-airplane


海底のロゼッタ模様。描き手はフグ!? 

奄美大島の海底に突如と咲く大輪の砂絵。
その直径は約2メートル。描き手はなんと“フグ”なのだそうだ。

まずはYoutubeに投稿された動画で完成までを観てみた。


(動画:Marinestation Amami)

千葉県立中央博物館の川瀬裕司と地元のダイバーたちの観察・研究で産卵のための巣をつくっているのだとか。作っているのはオスで、7~9日ほどで完成させるというもの。

なんのためにフグがこのような砂絵を描くのか。
やはり大きいロゼッタ模様だとメスにモテル?


参 考

謎のサークルはフグの巣 奄美の海底、緻密な模様
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122501000792.html

JAXAのアニメ 

なんと、宇宙航空研究開発機構“JAXA”がYoutubeに全球降水観測計画の本格的なアニメがアップしていた。




ちょっとセリフがないのと、結局、どんな観測衛星なのかよくわからないのだが…。

GPM-DPRスペシャルサイトやJAXAの全球降水観測計画を読むと次のようなことがわかります。

1)全地球的規模の水資源の管理
 地球は水の惑星と言われていますが、淡水は地球上の水の2.5%と推測されます。
 これだけでも少ないのにその約7割は南極など極地や氷河の氷。残る3割も地下にあるため、人類の生活で利用できる淡水はわずかに0.3%と考えられています。つまりこの貴重な水資源の管理のため全地球的な降水観測をリアルタイムに行いたい。

2)高精度な天気予報と防災への活用
 GPMではJAXAがメインの二周波降水レーダ(DPR)とNASAがメインとなるマイクロ波放射計を使って高精度な降雨観測を行って地球的な気象観測を行い天気予報や、リアルタイム観測の強みで台風などによる洪水警報への活用が期待されます。

3)異常気象の解明
 こうしたデータを元に地球規模的な気象現象を研究し、異常気象の解明につなげていく模様です。

JAXAが開発する二周波降水レーダ(DPR)の原理もおもしろそうなので後日ブログに書きましょう。

ちなみにJAXA公式ゲームアプリ“救え!カエル紳士”というのも公開されていました。

参 考
JAXA:GPM-DPRスペシャルサイト
http://www.satnavi.jaxa.jp/gpmdpr_special/index.html

JAXA:全球降水観測計画/二周波降水レーダ[GPM/DPR]
http://www.jaxa.jp/projects/sat/gpm/index_j.html

livedoor NEWS:「JAXAが本気出したゲームアプリ 「救え!カエル紳士」の実力」
http://news.livedoor.com/article/detail/7820015/


緑の炎 ホウ酸の炎色反応 

炎色反応。
銅やアルカリ金属などを燃やすと赤や黄色、青などの光を放つあれです。

雑誌「理科の探検」2013年冬号でアルコールランプを使った炎色反応の紹介があり、youtubeで調べるとお手軽で色も緑色というホウ酸(炎色反応としてはホウ素)を使った実験がありました。



緑の光を放つアルコールランプ。ちょっと幻想的かも。
実験などをする時は陽の取り扱いのご注意して楽しんでください。



まとわりつく水 

2013年7月16日、宇宙飛行士があやうく水に溺れかける(!?)という事故があった。

船外活動中、ひとりの宇宙飛行士のヘルメットの中で冷却水が漏れだしたのが原因らしい。
軌道上では微小重力なため水が流れ落ちることもなく、表面張力で意外と粘っこく張り付いてしまうようだ。

国際宇宙ステーションでの実験。
水をスキンヘッドの頭に掛けると、まるでスライムのように粘性があるように見える。



このためヘルメットの中で増えていった水は目や耳をおおい、いよいよ鼻をおおわれたら溺れてしまう!
頭を振っても水は離れず、船外活動中のため手でぬぐうこともできない。地上からの指示で船内に戻るが、仲間が駆けつけた頃には“金魚鉢に頭を突っ込んだ”状態になっていたそうだ。

宇宙では地球の常識が通用せず、思いもかけないことが起こるのだな。


参 考

CNN:宇宙で「おぼれる」寸前、船外活動中の水トラブル ISS
http://www.cnn.co.jp/fringe/35034845.html


晴海橋梁 

最近、ちょっと橋梁に興味を持ってきた。正しくは橋梁とそこの歴史。
今回は晴海橋梁をアップする。

20131128_01_1124.jpg

上は晴海橋から見た晴海橋梁。奥は豊洲のマンション群。その右手はららぽーと豊洲。
ここはIHIの造船所のあったところだ。

20131128_02_1124.jpg

晴海橋梁は豊洲と晴海埠頭を結ぶ鉄道用アーチ橋(ローゼ橋)。
越中島貨物駅から続く東京都港湾局専用線の鉄橋で、晴海埠頭で荷揚げされた物資が運ばれたのであろう。
もともと晴海は昭和15年の万博予定地だったが戦争で中止。その後は住宅や物流倉庫、展示場などに使われたが、交通も不便でありいまひとつパッとしない地域だったように思う。

20131128_03_1124.jpg

江東区はこの橋梁を活用することも考えているようだが、現在は朽ち果てるがまま。晴海側に公園など作って人道橋とするのもいいかもしれない。いっそ交通も悪いのでライトレールなど作ってしまったり…。

まだまだ開発途上の地区なので交通網整備での活用がいいと思うのだが…単線だけど。


名称:晴海橋梁
河川名:運河
線名:東京都専用線
橋長:58.8m
開通:1957年
形式:単線下路ローゼ桁
設計:国鉄/製作:東京石川島
起業者:東京都
参考:土木学会/晴海橋梁
http://library.jsce.or.jp/jscelib/committee/2003/bridge/A6-005.htm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。