スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼け跡に残ったイチョウ 

気象庁から内堀通りを挟んだところ。皇居の濠のほとりに大きなキズのあるイチョウの木があります。
関東大震災で被災した震災イチョウです。

20140529_01_0525.jpg

大正12年9月1日11時58分。神奈川県西部からはじまった三つ子地震は、帝都をも激震させ、昼の準備による炊事の火で各所で出火。日本海側にあった台風による強風もあって帝都を火が覆いました。

この頃、気象庁の前身の中央気象台は今の気象庁の場所とほとんど同じです。
神保町付近で出火した火災はどんどん燃え広がり、深夜には一ツ橋や中央気象台付近にもやってきます。
震災イチョウは当時、一ツ橋の文部省付近(今の毎日新聞本社付近)にあり、いよいよこの火が襲いかかったのです。

この火災により中央気象台の地震翌日の2日未明に最高気温は46.4度を観測。
皇居のほとりまで火の海となったのでした。

20140529_02_0525.jpg

奇跡的に焼け跡に残ったイチョウの木は、焼け出された人々の復興への希望となりました。
復興局による区画整理で切り倒されることとなりましたが、これに対し中央気象台の岡田台長がイチョウの木を残すように申し入れ当地に移されたのだそうです。

復興への希望…。古くは原爆被災の広島市の夾竹桃の花、最近では東日本大震災での陸前高田市の奇跡の一本松。被災地では生命力のある木々に希望を見いだすのかもしれません。

スポンサーサイト

バナナのデンプン 

バナナを顕微鏡で観察してみた。
バナナにはデンプンが含まれているのでヨウ素液で染めてみたらなかなかおもしろい。
(写真はクリックで大きくなります)

20140527_01_0524.jpg

バナナはデンプンを含んでいるが緑から黄色くなるほどに黒くなるほどに、デンプンは減っていき糖分が増える。つまり甘くなる。デンプンが糖に変化していくのだ。

バナナからつまようじの先でちょこっとだけ果肉を取り、スライドグラスにのせて押しつぶす。
この状態で顕微鏡で見ると透明なつぶつぶが見えるだけだが、ヨウ素液を垂らすとデンプンだけが青く染まる。そう、細胞内に蓄えられているのが見えるのだ。

20140527_02_0524.jpg

バナナを一房買って、毎日観察するとデンプンの量が変わるのがわかるだろうか…。

最後にヨウ素液はお手製で、薬局で消毒液である希ヨードチンキを買い、これを少し取って15~20倍くらいに薄めたものを使った。この際に水道水では塩素に反応して弱まる可能性もあるので、水を一晩置いたものを使ったがミネラルウォーターでもよいかも。

参 考

むしめがねのちょっといいやつ : 顕微鏡生活:バナナ
https://sites.google.com/site/microzuma/photo/fruit/banana

植え込みの泡 

東大敷地内を歩いていたところ、東大病院の植え込みに泡が付いている枝をふたつ見つけました。

きめの細かい白い泡で、一緒にいた人が「モリアオガエルの卵?」などと言っていました。
モリアオガエルの卵を包む泡はもっと大きいしその下は普通は水辺です。

20140526_01_0525.jpg

過去にも見たことがある気がするけど、これがなんなのかわからずネットで検索。
アワフキムシの幼虫の巣というのかな、樹液を吸ったオシッコの泡立ちがよく、かつ防御になっているようだ。アリなどは泡の中に入ることはできず、風やちょっとの雨では流れない。それどころかなかなか消えない。結構すぐれものな泡らしい。

中に住人がいるのを知っていれば探り当てたのになぁ。まぁ、泡自体は指で触ってみたけれど。

参 考

ようこそ!蓮見さんちです:僕は『アワフキムシ』といいます。ども。
http://www.asahi-net.or.jp/~pv4r-hsm/awahukimusi.html

ネイチャーテック研究会のすごい自然のショールーム
アワフキムシは泡で快適生活
http://nature-sr.com/index.php?Page=11&Item=112

自然のおもしろクイズ:回答編ⅩⅦ
http://www.fuchu.or.jp/~okiomoya/kuizu-kotae17.htm

ナスのタイル (皮の細胞) 

顕微鏡でナスのヘタ(ガク)の星状毛を見た後、皮の表面もおもしろいとの情報を得て見てみました。

さっそく皮を薄く切り顕微鏡へ。ちょっと皮があつかったのでランプを強めに。
薄く剥ぐ道具がありませんからなぁ。
20140522_01_0521.jpg

400倍でデジカメを接眼レンズにつけて撮影(コリメート法)。
これくらいだと迫力がありますね(クリックで大きくなります)。細胞全体が紫色で、濃い点は核なんですかね?
20140522_02_0521.jpg

まるでタイルというかモザイクというか。小さいモノの集まりで世の中なんでもできている…そんなことを感じます。

ナスのヘタで輝く星 

最近、身近なモノを顕微鏡で覗いています。
今回はナス!

20140520_01_0518.jpg

ナスのヘタ、つまりガクの部分にはうっすらと毛があります。
この毛を顕微鏡で覗いてみると…

20140520_02_0518.jpg

小さいながらも星があるじゃありませんか!(苦笑)
これだけ大きくなるとサボテンのトゲのようです。これは植物の葉や茎に生えている毛の一種で、ナスのような形状の毛は“星状毛(せいじょうもう)”と呼ぶのだそうです。写真は40倍で撮影し、トリミング。

ナスの星状毛はガクだけでなくその茎や葉にもあり、ナスを採る時には気をつけないと痛い思いをするのだとか。店頭に並ぶ時は星状毛もどんどん減り、ガクに小さいのが残るだけのようです。

これを撮影するためにスーパーや百貨店でナスのヘタを吟味していたのは私です(笑)

参 考

東京書籍:葉の表面にあるいろいろな毛(星形の毛もあるよ)
http://kids.tokyo-shoseki.co.jp/kidsap/downloadfr1/htm/err40909/err44132-33.htm


コアジサシに遭遇 

東京にある可動橋の写真を撮るために、森が崎の海老取川にある首都高羽田線旋回橋に行ったところ白いツバメのような鳥に遭遇。それはコアジサシだ!
橋の写真に写る鳥はハトですけど。
(以下、すべての写真はクリックで大きくなります)

20140518_01_0517.jpg

よもや水鳥に出会うとは思わず望遠レンズは持参せず。標準ズームレンズのテレ端55mmで必死にシャッターを切りました。その成果はこんな感じに。
(トリミング、シャープ、色補正済)

20140518_02_0517a.jpg

カッコいいですよね。
アジサシとの違いは額が白いこと。そしてアジサシの方が全面紺色で一回り大きい。
飛ぶ時はかなりのスピードです。早い時はツバメのような感じ。

水中の魚に狙いをつける時はホバリングします。
数秒ですがここはピントを合わせられるチャンス。

20140518_03_0517.jpg

ヒューッと、まっすぐ水面へと突っ込んでいきます。
かなり速い!

20140518_04_0517.jpg

そしてすぐに水面から飛び立ちます。すごいです。
口に獲物を咥えていないので取り逃がしたかな。

20140518_06_0517.jpg

この場所は少なくとも4羽は飛んでいたように思います。
だいたい2羽ずつやってくるような感じでした。
今度は望遠レンズで撮影したいな。

20140518_05_0517.jpg

今年は鳥をいろいろ撮りたいな。
小さいのは逃してばかりだから水鳥なら…(苦笑)

新しい橋 環状2号線隅田川橋りょう 

2014年5月8日、隅田川に29番目の道路橋が架かりました。
最下流にあった勝鬨橋よりさらに下流に架かる新しい一番橋です。

実は7日、この橋が架かるところを見ることができたかも知れなかったのです。
残念ながら前日6日の荒天で橋中央のアーチ橋の到着が遅れ、架橋は8日に順延。
それでもこのアーチ橋を釣り上げる大型起重機船を見ることができました。

20140515_01_0507.jpg

起重機船は深田サルベージ建設の富士号。クレーンの高さは約130メートル。
アーチ橋の長さは120メートル、高さ18メートル、重さ2600トン。
間近で見ると壮観ですが、8日の架橋の際は隅田川の中央で建物も近いだけに、さらに大きさに目を見張るものがあったことでしょう。見に行けなかったのが実に残念…。

20140515_02_0507.jpg

このアーチ橋は道路側から見ると上部構造物がありません。またアーチは逆ハの字に傾斜していました。
中央に車道、アーチの外両側に歩道がある構造です。

20140515_03_0507.jpg

第2環状線隅田川橋りょうは中央が大型アーチ、両端には何もないのですが、これは勝鬨橋と逆のデザインにしてあるのだそうです。川下りの時に二つの橋が織りなす景観を楽しめるように。
写真は架橋前日ですからこの景色を今は見ることができません。



早速、trashcan530さんによって、youtubeに架設工事の微速度撮影動画がアップされていました。
起重機船がレインボーブリッジをくぐるところもドキドキ。
世紀の大工事を堪能してください。通行できるようになるのは2年後だそうです。
名称も募集中だそうですよ。

参 考
ケンプラッツ:五輪の大動脈、隅田川河口にアーチ橋を一括架設
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/knp/news/20140508/662169/



横浜上永谷の街角で 

5月5日、横浜市南部上永谷のお菓子教室さんの7周年記念に伺った際のもの。

この地域はハッカチョウという黒いムクドリのような鳥が飛んでいるという話を聞いていたので、いつにも増して耳をそばだてていました。カラスばかりのなか、ムクドリより一回り大きな黒い鳥…、でも飛ぶ羽に白い班がついています。
ハッカチョウだ!

20140507_01_0505.jpg

この日はコンデジしか持っていませんでしたが執念で撮りましたよ。どうにか写っていた。
くちばしの付け根に飾り羽がある特徴的な鳥。

この辺の街路樹はトウカエデが多く、ちょうど種になっている頃でした。

20140507_02_0505.jpg

この羽のような形状はたしかに羽であり、木から落下する際にはクルクルと回りながら落ちていきます。そのため“翼果”とも言われます。

20140507_03_0505.jpg


風に揺れて種が落下する時。クルクルと回って滞空時間を稼ぎながら遠くまで風で運ばれるのでしょう。
形状が実によくできています。

大変有意義なひとときを過ごせましたが、教室に向かうのにかなり時間がかかってしまいました(苦笑)

磯めぐり なぜかアメフラシ 

5月3日、フジツボを探しに三浦半島は油壺へむかった。
久しぶりの海。それも磯。たくさんの子連れ家族が磯遊びに来ていました。
それでも人が多すぎということもなく、連休混雑がなくてたいへんによろしい。

20140505_01_0503.jpg

油壺南側にある荒井浜から出発!
ここで岩にへばりつく大きなフジツボを数個発見。しかし干潮によってすでに海面からでているため固く閉ざしておりました。
そこで他を探すのですが…ぜんぜんみつかりません。フジツボってそこここどこにでもあるイメージでしたが間違っていたようです。

そこで磯のハイキングコースをたどり荒井浜から胴網海岸へ向かいます。
いくつもの岩場を乗り越え、たまにタイドプールを覗く。カニや小魚、貝類などいくつもみつかるのにフジツボはおらず。

さらに干潮時にしか通れない岩場を通り抜けて、油壺北東にある横堀海岸へ。
ここの岩場の窪地になにやらうようよいましたよ。

20140505_02_0503.jpg

ウミウシ?というよりアメフラシ?
大きさは拳程度。ざっと7、8匹いました。いくつか細い博多ラーメンの麺のようなかたまりがあります。
どうやら「海そうめん」とも呼ばれるアメフラシの卵塊のようです。

写真の生物はいわゆるアメフラシとは模様が違うようで、ツイッターで“アマクサアメフラシ”に似ていると教えてもらいました。
突いても紫色の液体はださなかったので自信がなかった。もっとも“アマクサアメフラシ”が出すのは紫ではなく、白い液体らしいです。

20140505_03_0503.jpg

アメフラシは英語で“Sea hare”と呼ばれ、海のうさぎという意味。
どうも頭の形状がウサギの耳にみえるらしい。ぽっちゃりしているしね。

雌雄同体で、頭がオス、背中がメスです(おいおい)。
そんなわけでフジツボには出会えず。ちゃんと勉強してから本腰で来よう。
ちなみに胴網海岸では砂浜で採水しました。プランクトンの観察も楽しみ。

多摩川でコアジサシ 

4月27日、久しぶりに多摩川の調布取水堰にやってきた。アオサギの写真を撮るためだ。
そこで聞きなれぬ声、そして白いツバメのような鳥が2羽、かなり速い飛び交っているのが見えた。

20140504_01_0427.jpg

アジサシのなかまに見えたが、帰宅後写真を見てどうやらコアジサシだと見当がついた。
多摩川のこの辺にもコアジサシがいるとは思わなかった。飛ぶ速度はかなり速い。

20140504_02_0427.jpg

魚に狙いをつける時はホバリングをするので、この時がシャッターチャンス!
残念だったのはISOの設定が誤って高感度になっていたがために、画像が粗くなってしまったこと。
次回は必ずきれいな写真を撮るのだ!

20140504_03_0427.jpg

さて、目当てのアオサギですが、カラスと戦っていました。
お互い気が粗い鳥ですから…

20140504_04_0427.jpg

今年は鳥の写真も頑張って撮ろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。