スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前線がくっきりと 

世界風速( http://earth.nullschool.net/jp/ )で昨日 10月22日正午の地表の風を見たら関東地方からカムチャツカに向け風の境目がくっきりとあって興味を持った。静止画像ではわからないだろうが、風の動きは境界に向けて南北から流れ込んでいる。

20141023_01.jpg

気象庁の22日正午の天気図をみると、前線が伸びているのがわかる。北からは冷たい空気、南からは暖かい空気が徐々に北へ進んでいるようだ。北風、南風のせめぎ合い。
20141023_02.jpg

NASA MODISで衛星画像を見た。ちょうど日本付近で画像が分かれてしまい太平洋側が9時41分頃と日本海側が11時17分頃(JST)だ。
列島を横切る雲の帯が前線の雲だろうか。寒冷前線(北風)は冷たいため地表付近から進む。暖かい湿った空気は冷たい空気の上に押し上げられ雲をつくる。その寒冷前線の先端は雲の右側というイメージでいいのかな。
20141023_03.jpg

気象はおもしろいな。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。