スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカにカメラをつけてみた!? 

米ナショナルジオグラフィックはアメリカオオアカイカにカメラを装着するイカ用ボディスーツを開発。
自然界でのイカの行動がカメラに納められた。



まずはイカを放す。海深くへと向かう。
ナショジオの記事によると、腕を大きく広げることで交尾を誘っているらしい。襲われているのかと思った。
身体のあちこちに吸盤の跡が残るが、次々に迫るイカたちに恐怖。ちょうどカメラの前でイカのくちばしが迫るシーンも恐ろしげである。
1分10秒あたりで身体全体が白・赤(モノクロなので白・黒なのだが)を繰り返す。これが会話(コミュニケーション)なのかもしれないとのこと。群れるイカたちも色の変化を繰り返している。

イカは群れ、そして生物の中では知的能力があるためコミュニケーション能力があるのでは、また自己と他者がわかっているのではという本も以前読んだ。
イカの研究は興味深いかもしれない。

参 考

ナショジオ日本語版:【動画】体を点滅させて言葉を交わす巨大イカ
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150126/433159/



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。