FC2ブログ

お手軽な酸素の作り方 

過酸化水素水(商品名:オキシドール)または酸素系漂白剤(主成分:過炭酸ナトリウム)を、ジャガイモまたは大根をすりおろしたものにかける。

すると分解酵素、カタラーゼの働きで過酸化水素を水と酸素に分解する。
酸素系漂白剤の場合は、炭酸ナトリウムと過酸化水素に分かれた後、カタラーゼの働きで過酸化水素を水と酸素に分解する。

動物の場合、肝臓に多くカタラーゼが含まれるため同様の効果がある。自由研究で行うにはよかろうが、酸素をたくさん集めるにはコストがかかる気がする。

自由研究といえば、野菜と過酸化水素を使ってカタラーゼを含む食品の研究というのがあった。
過酸化水素水H2O2は、水H2Oに酸素Oが余計についている状態。この余分な酸素は不安定であって、すぐ別の物質に取りつこう(酸化させる)とする。このため活性酸素と表現されることがある。

体内の活動でも過酸化水素を必要に応じて生成している。でも基本的には細胞を傷つける(酸化する)ので、無害な水に変えるためにカタラーゼという分解酵素を持っているわけだ。肝臓に多いのは、肝臓が無毒処理をする場所だからだろう。野菜?野菜は何でだろうね。

酸素を作るには、二酸化マンガンを触媒に過酸化水素水をかけるというのが定番だが、二酸化マンガンを入手するのがめんどくさい。マンガン電池の分解は危険だし。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1000-8c9b2a50