FC2ブログ

台風 気象庁と米海軍 

今週末は個人的イベントがある。そこで気になるのは台風13号こと、シンラコウ(sinlaku=ミクロネシアの神様の名前)の動きだ。

今回の台風の特徴は速度が遅い。さらに雨台風らしい。本州にいたるまでに温帯低気圧になるかどうかわからないが、週末の予定に影響が出るのは必至の状況。困っても仕方がない。イメージは週の中頃には関東通過してくれるものと考えていたのですが…。

さて予報です。
気象庁。足の遅さはあまり変わらないと考えたのか今週中頃までは沖縄県・鹿児島県奄美地方を暴れまくるとの予報。
80915_0813-00.png

さて一部マニアに人気の米海軍の予報。特徴は気象庁が3日先までの予報に対し、5日先までよほうするところでしょうか。
こちらも気象庁と概ね同じ予報ですが、18日03時には種子島東にあるので少し足早の予報。19日金曜夕には関東南岸を通過。まずいなぁ…。気象庁の足の遅さが正解なら…ブルブル。
ちなみに米軍は世界標準時(日時の後にwの記号)なので+9時間してください。
80915_wp1508.gif

本州の太平洋岸を洗っていくようなので、水害には注意しよう。新地の顧問殿は退避経路で下手打って自慢の外車を水没させダメにしました。

そうそう読売の記事に今回の台風13号の目に突入する米空軍の観測機同乗レポありました。へたすれば機体が分解する危険なハリケーン・アタック。無茶するところがアメリカ的。
でも“竜の巣”を眼前にできるなんて、素敵(本人らはそれどころではなかろう)。

読売新聞:台風13号に突入、「目」撮った…米軍観測機で同乗取材
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080913-OYT1T00769.htm?from=navr

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1018-b75d09fd