FC2ブログ

うどん学校編 

うどんツアーには、うどん体験も含まれている。朝食のうどんを食べた後、大庄屋さんの工場のある建物へ移動。そこでうどん体験にチャレンジ。

この日のメニューは指南編の“手打ち~包丁切り”

まずは粘土のような四角いうどん生地が目の前に登場。麺棒で伸ばします。
生地の真ん中に麺棒を置いて上に向かって伸ばしていき、厚さ10mmくらいにする。
下の厚い部分もひっくり返して同様に。さらに90°返してどんどん伸ばしていく。
できるだけ均一に伸ばさないと食感が悪いそうなのだが、力の入れ方にムラがあると、そのまま厚みにもムラが生じてしまう。

指南役がチェック。係長氏はほぼ合格。匝は厚い部分があるため要修正。そこだけ麺棒で何回か転がす。ここで麺棒を生地の端まで転がしてはいけない。注意、注意。

となりの女性陣は上手く行っていないようで指南役の指導が入った。

80921b_01.jpg
いよいよ包丁切りだ。生地を屏風のように折るのだが、ここで縁に段差を設けねばならない。なんでだったかなぁ…
割りばしの太さを目安に切っていきます。
トントントントン
「わぁ、いい音がするぅ」
女性陣からの黄色い声援に気を良くする匝です。音だけは誰にも負けません。
ほぼ均等な太さで切ることができた。係長氏もうまくいったようである。女性陣をみると乱れ打ち…?

いよいよ麺棒の上に広げると…げっ、下の方がちゃんと切れていない。
「包丁入れて、ちゃんと切ってください」
と指南役よりダメ出し。

結局旨く行ったのは係長氏だけであった。
この修行の結果で会社でうどん部門をつくる…か?

できたものは真空パックでおみやげに。あとは自己責任で(笑)
80921b_02.jpg

今年の社員旅行は“そば打ち体験”とかでもいいな。飲食店部門に進出?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1046-fad83c47