FC2ブログ

結局のうどんツアー 

80921g.jpg
結局のところ“うどんツアー”とはどんなツアーだったかというと、夜行バスを使った現地ツアーといったところか。

●高松・徳島~東京・TDL間の夜行バス(ことでん)利用
 (往路)東京八重洲口 20:50発(新宿西口21:30発)
     琴平大庄屋前 翌9:30着(ただし、我々は9:00に到着)
 (復路)琴平レストプラザ前 18:50発
     東京八重洲口 翌7:30着(新宿西口7:00着)我々は7:15に着いた。
●ウエルカムサービス 大庄屋にて生醤油とぶっかけの2杯で朝食
●体験イベント 大庄屋うどん体験「指南コース」
●レンタサイクル貸出(温泉割引券・おみやげ割引券付)

匝の時はバス28人満席でしたが、徳島で半数くらいが下車。乗り換えで高知方面へ行く人多数。
高松までの間でも次々に降車し、最終的にうどんバスツアー参加者は匝ら2人と女性2人の4人だけでした。

帰りのバスで気づいたのは、女性はバスの後方に座るルール(座席はバス会社が決める)となっているようです。バス会社側の配慮と考えるべきでしょう。意外と女性の利用も多かったです。乗客のほとんどが単身。夫婦とかだと席は真ん中くらいになるようでした。

休憩は概ね3時間ごと。匝の時は台風の影響もあって、往路は中央道(東名は由比付近で制限があると見込んだか)を走り、恵那峡で休憩。その後は淡路島南と津田の松原で休憩。
帰路は津田の松原、淡路島南、東名の浜名湖、海老名と休憩しました。
バスはトイレ付ですが休憩ごとにみなさん用を足しておりましたね。

リクライニングはかなり倒すことができますが、前席のポケットにペットボトルなど入れた状態で前席の人がリクライニングを倒すと、ボトルが脛に当たって痛い。もしくはポケットから取り出せなくなります。
また最前列は足を伸ばしにくい部分があったりで外れ席かも知れません。

ただ車中泊2連続はつらい。この週末金曜日で匝も電池が切れました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1049-88589cf3