FC2ブログ

囚人のジレンマ 

あまり時事問題をとりあげないようにしていたのだが、あまりにもひどい惨状なのでとりあげてみる。

アメリカ株式市場は恐慌相場だ。不安が不安を呼んで売りに売られている。
市場のルールや経済的なルールがマイナスに働いていることもあろう。
ただ経済規模から過去のような実体経済への大恐慌はないと考えられている。

あまりに急激に下げているために、信用取引で買っていた人は担保の現金や証券が少なくなって売って清算するか、証券会社によって強制売買されている。逆に投機目的で信用取引で先に売って、下げたところで買い戻す人たちも増えているはず。この辺は証券取引のルールがマイナスに働いていて、日本ではライブドアショックの時に経験しているのだが…。

リスクを避けるために、証券を現金化することも考えられる。事実、銀行や会社はこのままだと株などの価値がどんどん減ってしまい、担保にもならず自己資本も悪化し、資金調達や決算の悪化を招く。そのため証券(株や債券)を売って現金化する。つまり証券市場は下落する。さらに外国の株・債権であれば売った後にその国の通貨から自国の通貨に換える必要があり、ユーロや米ドルが下落しているのはそういうのも一因だ。

売って手に入れた資金はとりあえず銀行に預けるだろうが、欧米の銀行はどこも危険な状態だ。多額の焦げ付き(サブプライムによる)があり、証券の下落で自己資本も悪化。さらに株式市場を安定させるために金利を下げたので、自然と資金は金利が高く、安全な国へ向かう。今では金利は高くはないが日本に流れている。つまり円を買われているので、円高になってしまう。

日本は輸出国なので円高になると、輸出産業の経営は厳しい。1ドル100円は耐えられるだろうが、新規雇用をやめる企業もでてきて日本全体としては、短期的に悪い方向になるんじゃないかな。

日本での投資信託は外国債券ものが多いのだが、外国の株・債権の市場は恐慌状態で投資信託も当然下がっている。小泉政権あたりに退職金や預貯金を投資信託にした人は、今の基準価額は購入価格を下回っているだろう。狼狽ぶりで売ってしまえば、さらに株や債券市場が下がり…誰か止めてくれ。投資信託は損失の規模にもよるが、分配金が出ている限り長い目で見れば損失を埋めることもできるかもしれないから、ね。

ブッシュが緊急G8を集めようとしているが、首脳が集まって何も決まらなければさらに下がるのは目に見えている。秘策があるのか?
欧州では社会主義思想もあって銀行に公的資金を入れることにあまり抵抗がないように見える。もっともアイスランドは国の規模の割に金融機関の損失が過大で国家破綻の危機らしいけど。アメリカは市場原理をかたくなに守っている気がする。既に市場原理はマイナスの働きしかしていない。

とまぁ、いろいろあるのだが小泉政権の始まりには日経が7000円台まで行った。それでも小泉政権末期には18000円をみたのだ。一段落したら絶対に買いですな。

さて、囚人のジレンマというのをご存じであろうか。
wikipedia“囚人のジレンマ”

簡単にいえば、個人の利益を優先すると、その個人も含め全体が(大)損失をする。というもの。

誰よりも先に高い価格で株を売ろうと多くの個人が考えたために株価が下落。はじめは大したことがなかったのだが、その後の報道などで「まだ下がる」と言われれば不安になって、さらに売って…を繰り返し平時であれば金融機関も動かないところその限界を超えてしまい、売りの連鎖となっているのだろう。売らなかったり、逆にここは買い時だと大量に誰かが買えば収まる。

もっとも信用取引で売りの人も多く存在するので、株価が上がったら逆に早く買い戻さねばという今と逆の力が働き株価が一時的に上がる可能性もあるだろう。

みんな欲の塊なんですな。

原油も下がり先物取引の人たちも値崩れに慌てているかも知れないが、行き過ぎた世界中の泡の富は市場原理によって適正な水準まで強制的に清算されているのだと思う。

心配なのは投資信託で狼狽売りする人達だ。悲観に暮れて…ってことにならなければいいのだが。
(匝じゃないよ)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1072-7b4b0849