FC2ブログ

鶴見川の鳥と虫 

81014a.jpg
鶴見川をポタリングしていると、どうもいつも同じようなところでアオサギを見かける。縄張りでもあるのだろうか?
せっかくのアオ(青灰色)なのに日光に照らされて色が白く飛んでしまった。

やっぱりフィールドスコープがほしいよな。

81014b.jpg
アオサギは大型のサギで、高さは1メートル弱。翼を開いた翼開長は約1.8メートルと大きい。飛行する姿を撮影したものの、草に阻まれたか。
81014c.jpg
足が黄色いのでコサギ。サギは首を伸ばさずにS字にして飛行する。
81014d.jpg
電柱の碍子と比べても結構小さいサギだ。ちょっと首がかゆいみたい。
81014e.jpg
秋もせっせと花粉集めのミツバチ。アリとキリギリスの話はあるが、ミツバチだって働きもんだ。
この日は草刈の終わったサイクリングロードではバッタやカマキリなどがウロウロしていて轢いてしまいそうだった。実際、轢かれているものもいた。いやはや参ったのは芋虫や毛虫がサイクリングロードを横断しているのだ。結構、足は速いんだけれどね。
81014f.jpg
ミツバチと競って花粉にまみれるハラナガツチバチ。コガネムシの幼虫に卵を産みつけるらしい。
触覚の短いのはメス。長いのはオス。オスには毒針がないが、メスにはあるのであまり刺激はしない。とはいえ、スズメバチとは違いおとなしいようだ。

帽子をかぶっていたものの虫にぶつかりました。それどころか口に羽虫が入ってゲホゲホしたり、蚊柱に突っ込んで顔をブンブンしたり。春といい秋といい、季節がよくなると虫に襲われるポタリングです。
81014g.jpg
おらおら、何を覗いてんねん。
いや、耳がおいしそうで…ね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1081-34b8f67e