FC2ブログ

湘南の鳥 

これといって鳥を撮ってやる!という意気込みもなく普通に出会った鳥を撮影してきました。
相変わらずカメラに限界があるので、ボケボケの写真です。さらにタンクローを持っていかなかったので同定作業は写真のみとなりました。
81018a_02.jpg
ムクドリサイズの鳥が稲村ケ崎の岩場にとまっているのを発見。すぐさま写真に収めた。
光の加減などで色合いが悪いが、腹は褐色で背は青灰色とみられる。おそらくイソヒヨドリのオスと思われる。メスは地味な色合いなのだそうだ。
81018a_03.jpg
イソヒヨドリは海岸の崖や岩場で比較的よく見られるらしい。また都市化に順応し、ビルなどでも営巣するのだそうだ。鳴き声はきれいらしい。どんなかな。

81018a_04.jpg
こちらはトビ。たまに獲物をカラスの集団に襲われて横取りされることもあるよね。
もっとも湘南地域では餌をやる人がいたため、人を恐れず、海水浴などで弁当など食べ物を広げるとサッとやってきて取られてしまうので注意。それどころか子供が手にしていたお菓子さえも…ってウワサもあるな。

この個体は棒きれを加えて飛んでいた。トビも遊ぶんですね。

81018a_05.jpg
トビといえば、神武天皇が大和を平定する際に金色に輝くトビが弓にとまり、敵を幻惑したという神話があるくらいなのだが、実際に見ると残飯を漁っていたりで、ちょっと落ち目だぞ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1089-4acf45f8