FC2ブログ

湘南巡航 いざ、鎌倉編 

81018b_01.jpg
少し肌寒い10月18日6時15分。横浜の6時の気温は16.3℃、湿度74%の北風4メートル。
今思えばずっと風が吹いていたっけ。

係長氏との待ち合わせは桜木町駅前7時。推定所要時間は45分だ。
桜木町までのルートは、東横線沿いに旧綱島街道を六角橋まで向い、仲木戸付近から中央市場をへてみなとみらいを抜けて桜木町だ。まずは大綱橋を渡っていく。

【前・予告編】

81018b_02.jpg 81018b_03.jpg
市場付近まで快調に進んだものの、みなとみらいに入ってからは、なぜか毎回、信号で足止めされる。定刻に桜木町駅到着。係長氏は見当たらない。おもむろにPHSが呼んでいるので出てみると…
「7時の方向だ」との声。
振り向けば、係長。

横浜から西には多摩丘陵と三浦丘陵が横たわり、どうしても丘を越えなければならない。できるだけそれを避ける方法は川沿いに走ること。今回もこの作戦で桜木町から大岡川を上大岡に向かって走ることになっていた。

大岡川河口付近は屋形舟のりばのあるところ。そこから走り出すと日ノ出町、黄金町と欲望の街が広がる。この区間を京浜急行の車窓から眺めると大岡川沿いに桜並木が続いているのがみられるが、今回走ってみると延々と桜並木が続いている。春はきれいだろうが、繁華街ですからなぁ。ゆっくり花見とはいかないでしょう。

81018b_04.jpg 81018b_05.jpg
途中、高速道路と公園に道を阻まれる。公園内を突っ切って再度、川沿いへ。道幅は狭くなり、アーケードを横切ることに。ここは弘明寺なのだそうだ。アーケードの上には太陽光発電パネルが設置されているようで、発電量などが表示されているパネルがあった。この時の現在発電量は0.79kW。多いのか少ないのか…。100W電球を8個分だからなぁ。

81018b_06.jpg 81018b_07.jpg
さらに川沿いを進んでいくと鎌倉街道と交差する。右に曲がり上大岡駅前を通過して鎌倉へと向かう。港南台付近を通過中に“藤ヶ沢洞門”という歩道部分だけを削ったようなトンネルがある。帰って空撮を見たら上には建物があったので道路拡幅時に切通しにせず、歩道の分だけ削ることにしたのだろうか?

81018b_08.jpg
丘陵地帯なので上がったり下ったり。でも広い道の勾配はそれほどきつくはない。下りは楽らくだ。
だいたい坂下には川が流れている気がする。

本郷台付近を通過。土曜朝、片側2車線の路面のいい道路には車もほとんど走っていない。いい気になって下ってみた。

速度はぐんぐん上がり時速30kmを超える。前に駐車中のおっきなクレーン車がいたため中よりの車線に移って回避する。やや後ろには原付、その後ろには乗用車。
クレーン車を回避したので歩道側の車線へと左にハンドルを切る。自動車のクラクションが鳴る。
道なりとするため右にハンドルを切りながら、減速のため弱めに後輪ブレーキを握ると…
アン・コントローラブル!!
後輪がそのまま左へと滑る。倒れまいとハンドルを左に切る。
とっとっとっとっ…バタリ
自転車ごと歩道へバッタリ倒れました。
「だいじょうぶ~?」
係長氏が覗き込みますが、左膝と左の頬骨が地面に当たって痛い。
自転車を点検。前回、飛んだ時(この時は誤って坂道で前輪をロックしてしまった)に後輪のホイールがひずんでしまったのだが、今回は大丈夫。ハンドル部分にキズ。カメラの切り替えスイッチが欠けた。触るたびに今日の日を思い出すだろう。ま、自転車には思い出が刻まれたと思って…。でもズボンのヒザ部分は穴が明きました。膝は痛いです。でもなぜか痛いと笑っちゃいます。

むむむ。どうしても下り坂だと重心が前になるようだ。もともと小径車は重心も高いし、ブレーキが難しいっていうよりスピードの出しすぎですな。ま、今回は飛ばなかったし、今後は気を付けていこう。

81018b_09.jpg
鎌倉に近づくほどに道が狭くなる。さすが古都。道幅も昔サイズ。
気づけば北鎌倉に到着した。ちょっと休憩。
この左の女性なんだけれど、みんなと集合場所が違ったのかひとりぼっちで仲間に電話してました。別に聞き耳立ててたわけはないよ。耳に入ってきちゃうんだもの。
「えー、なんでー?」
とか、むむむむ。何であなたは集合場所が違ったのさ。

81018b_10.jpg
円覚寺前で横須賀線の踏切待ち。この横須賀線は円覚寺の境内を横切っているのはよく知られていて、駅前の茶店裏(写真、踏切左側)には円覚寺の池がある。ちょうど池と山門の間を富国強兵の時代に鉄道を引かれてしまったというわけだ。

81018b_11.jpg 81018b_12.jpg
横須賀線脇を走り、坂を上ると建長寺。ここら辺は道が狭い。歩道も人が一人歩ける幅であってを自転車で走ることは難しくなってくる。かといって遅い自転車なので車道も車の追い抜きがスレスレで恐い。トンネルを抜けて下りになると係長氏は勢いよく下って行った。

匝はさっきの転倒の記憶もあるので気をつけて走っていたものの歩道と車道に並んで歩く二人連れと脇をガンガン走ってくる車のために追い抜けず遅れてしまう。さらに八幡宮脇の水路には柵がないんだな。転倒注意。

係長氏は鳥居付近から顔を出していた。

81018b_13.jpg
三の鳥居を若宮大路に向かっての記念撮影。若宮大路中央には一段高い歩道は段葛という。これは鎌倉時代からあるもので、三方を山に囲まれる鎌倉で大雨が降れば水が流れ込むため道を確保するために段葛を造ったのだそうだ。この段葛は二の鳥居の部分より三の鳥居(八幡宮側)の方が幅が狭くしてあって、遠近法で遠くに見えるようにしてあるという説がある。

81018b_16.jpg
そんな難しいことはともかく、海へと走る。鎌倉警察署前を通ったら入口に大きな提灯が見えた。なんて書いてあったのだろう?やはり“鎌倉警察署”かな?気になる。

一の鳥居付近を走行中、先でおばあさんが転倒。近くの歩行者に助けてもらっていた。どうも足がもつれたらしい。係長氏曰く
「今日は転倒日だ」
「そうかぁ、今日のテーマは七転び八起き」
「じゃ、あと俺は5回転ぶのを見るんだな」
「縁起でもないのでやめてください」

81018b_17.jpg
目の前がだんだん開け、海が見えてきた。ふぅ、丘陵地帯を抜けてここまでやってきたよ(生きて)。
滑川を境に西側(右)が由比が浜、東側が材木座。サーファーがいっぱい波を待っている。天気はやや薄曇りで風が強い。ヨットとかにはいい天気なのかも。

帰りは朝比奈ルートか、1国か。
「江ノ島行くなら朝比奈峠越えはないだろう」
そうですね。

【つづく】

スポンサーサイト



コメント

100キロ おつです
私も疲れました!!
沖縄にて
飲み疲れ
食べ疲れ
当然仕事も疲れた
同行の人なんか
Tシャツの裾まで汗!
さらに運動会
自転車乗ってね~

ゆうき食堂やられたかな??

気がつけば100km超え。往復70kmくらいと考えていましたが、早く着いたので相模川までの往復&道を間違った分でオーバーしてしまったようです。

ゆうき食堂は残念ですが逗子にはいかなかったんですよ。

転げたときに、うふふな人を呼ぼうという話も出たんですが、まだ沖縄にいるだろうと電話しませんでした。またの機会によろしくです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1090-31ef265b