スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風船カメラっておもしろそうじゃん 

風船の科学(空気の重さ)を考えていて、ふっと思ったのだが、風船にカメラを搭載して写真やビデオが撮れたらおもしろいんじゃないかな。回収のために紐(釣り糸?)はつけねばならないけど。

そんなこと思っていたらいくつか実際にやっている人がいたよ。

ケンブリッジ大学
http://www.srcf.ucam.org/~cuspaceflight/index.php

同上、写真および動画
http://www.srcf.ucam.org/~cuspaceflight/media.php

同上、NOVA1の写真
http://www.srcf.ucam.org/~cuspaceflight/nova1selected/index.html

高度32,000メートル上空まで飛ばしています。気象用の風船を使っているようですね。
サイトを見るとなかなかおもしろい。

デリポタ:ヘリウム風船にカメラをつける
http://portal.nifty.com/2006/10/19/c/3.htm

匝はこのレベルを想定。問題はどこで飛ばすかだな。町中だと送電線や鉄道もあるし…。

■おまけ

デリポタ:空から落ちてきたもの
http://portal.nifty.com/koneta05/05/18/01/
気象庁のゾンデの中って、こうなっていたんだぁ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1126-747fed2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。