FC2ブログ

花籠 利き酒会(追記版) 

利き酒会と言っても個人的イベント。
昼に食事していてご主人とお話していたところ「吟醸酒の燗もおいしい」と聞いて試してみることに。
ひとり酒はしないので係長氏をお誘いして花籠へ。

81117x.jpg 81117y.jpg
まずはまったく火入れをしていない生生の“山法師大吟醸原酒生詰”。まったく火入れしていないので日持ちしないと思うのだけれどな。
ワイングラスが用意されましたが、それで飲んだら一気になくなるので猪口で。
吟醸香がすばらしい。フルーティーというよりももっと豊かで上品な感じ。それもかなりの香りの強さだと思う。一口飲んでふたりで唸る。

口に含めばさっぱり感があるものの、甘味というかうま味というか、アルコール感もほのかに香るって感じでしょうか。とてもおいしく、飲み口のよい危険な酒です。やや濁り気味。無濾過らしいが、あっさりしている。うーむ、無濾過、生生というのは糖質やデンプンが残っている濁り酒の印象があったが、どうも違う世界があるようだ。

つまみは刺身3点盛。1品は昼に炙りが旨いねって話をしたので、炙りもんがでてきた。ボタンエビ、いぱーい!!

これ以降、つまみはすべてマスターおまかせ。食べられないものは係長氏と共に「なっとう」と匝は「&かに」。あとはなんでもオケということに。

比較のため“水芭蕉”。先に山法師を堪能したためか吟醸香はあまり感じず。普通の吟醸酒じゃね?
ま、それでも口に含めばフルーティーさは感じることができた。

“大信州 厳選純米酒”。ほのかに梨のような香りがあるでしょっていわれましたが、酔いが回り初めていてよくわからず。コクがあって少し辛口。呑み口がよく、つまみの鳥レバーもおいしい。
色はやや黄色のような感じもするが、照明の影響か?

“大信州 別囲い”。これは純米吟醸酒で、やはりやや辛口でさっぱり飲みやすい。吟醸香はあまりなし(麻痺?)。半分をぬる燗にしてもらう。吟醸酒を燗ですよ。ありえないっしょ。
お銚子が来たので係長氏と飲んでみた。
むむむむむ。うまい。
辛味が増しているが、悪い辛さではない。いやはや、むしろ燗の方が旨いかもしれない。うーん、先入観というのはいかんな。冷と燗とでかなり違う。いや違う酒だといってもいいであろう。素人としては燗にすればアルコールが飛ぶので辛くなるとは思えないんだけれどな。

おすすめで“山常”をいただいた。つまみは鳥の揚げ物。山常はアルコールが強く鼻から抜ける。匝の好みにならず。ちょっと重くって飲みづらい。酸味があるのかな?鳥はやわらかく、地鶏か聞いたら地鶏だという。肉質が柔らかいのが特徴なのだそうだ。

81117z.jpg

ふたりで5合いただきました。いい気持ちです。お会計は予算オーバーでした。
食前酒に山法師、食中には大信州 別囲いで、寒いなら燗の組み合わせがよいかと。
料理はご主人にお任せがよいようである。


2008-11-18 一部追記
目覚めよく、変に残らなかった。

2008-11-18 さらに追記
山法師の吟醸香は、ラ・フランスのほのかな香りという表現がよかろうか。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1131-362c623b