FC2ブログ

GPSの校正 

先日、GPSの話があってその後いろいろと考えた。
GPSでの測位精度が10mとか1mとかいわれるが、あれをどれだけずれているか実際に簡便に測る方法があるのかと疑問に思った。

答えとしては、はっきりと位置がわかっている三角点標上に置けば、GPSの測位データと照らし合わせて経緯度のずれを知ることができるんじゃなかろうか。なかなか良いアイデアと思った。
しかし…

経緯度のずれはメートルでいうといかほどなのだろう?

緯度は北極から南極までの約20,000kmを結ぶ線を180等分したものであろう。
しかし経度はその180等分したものを横(東西)方向へ伸ばしたもの線を360等分したものであり、緯度によって経度の長さが違ってしまう。赤道では経度の長さは約20,000kmだが、極点では0kmだ。

するとGPSは経緯度で自分の場所を表すので、三角点の経緯度の差も経緯度で表される。これを距離に変えるにはどうすればいい?そんなソフトがあるのかな。(地図上の2点間距離を経緯度から計算するソフトはあるはず)

さらに素朴な疑問がでてきてしまった。
地球は丸くなく西洋梨型をしている。経緯度は球として西洋梨型の地球に投影しているのだろうか?まるで網に梨を入れるがごとく。
すると各地でいびつなずれが発生してしまうと思うのだ。標高も表すことを考え合わせればジオイド面を地球表面として考えている?

むむむむむ、測地学の世界だな。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1133-c5c58bc6