スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベル賞状に描かれるイラスト2008 

前回、ノーベル賞状に描かれるイラストで紹介したのは過去のイラストでしたが、ようやく2008年度が公開されました。そう、授賞式は日本時間今日の0時半だったんですね。

81211_shimomura_diploma.jpg
化学賞の下村教授のイラストはクラゲだと思っていましたが、海のようです。他の化学賞2名も海のような絵でした。


81211_nambu_diploma.jpg
南部教授のカワセミ。
81211_kobayashi_diploma.jpg
小林教授のウソ(おそらく)。
81211_maskawa_diploma.jpg
益川教授のツバメ。

2羽ずついるのは3氏が“対称性”がテーマとなっているからだと想像できるが、カワセミ、ウソ(たぶん)、ツバメがなぜ選ばれたのかがよくわからないなぁ。

小林、益川、下村各教授は文化勲章ももらっていますが、授賞式で文化勲章をつけていたのは下村教授だけだったようですね。田中耕一さんも文化勲章をつけての授賞式でした。


2008-12-13
野鳥が描かれた理由は“ノーベル賞状の野鳥について”に記載しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1164-02e6f208

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。