スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユリカモメ 子どもから大人へ 

81213a.jpg
昨日、横浜のハンズに行く途中にある南幸橋で、冬の風物詩でもあるユリカモメの群れを眺めて心を癒そう。ふ~ン、今年は餌やり禁止の表示がされているんだ。
さて、眺めていると羽に茶の入ったユリカモメが数羽いて、よく見る普通のユリカモメに威嚇されていた。この茶羽のユリカモメは、幼鳥から成鳥へ羽が変わっている途中の若鳥だ。第一回目の冬羽。

81213b.jpg
若鳥と成鳥の違いは矢印の部分に注目。
1)くちばしが、若鳥では黄色く、成鳥では赤い。
2)脚の色も、若鳥では黄色く、成鳥では赤い。
3)尾羽はわかりづらいが、若鳥では先が黒く、成鳥では白い。
4)第一回冬羽であれば羽に茶が残っているのもあるが、生まれが早いと茶がないのもあるらしい。

尾羽は見えづらいが、尾羽のように先が黒く見えるのは初列風切羽(しょれつかざきりはね)といって、わかりやすくいえば翼の先端だ。折りたたんでいるので先が尾の付近にあるわけだ。
尾羽は本当の尾、羽を広げればわかるんだけれどね。

81213c.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1167-e5fae311

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。