スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然災害の監視技術と対策 

数理設計研究所のHal.Tさんからメールが届いた。
群馬産業技術センターで“自然災害の監視技術と対策”という産官学の講演会があるとのこと。

群馬産業技術センター:自然災害の監視技術と対策
http://www.tec-lab.pref.gunma.jp/seminar/deainoba/H20_1.html

最初の「温度と電気を測って地下水を診断する」を話す竹内先生の講演は聞きたかったなぁ。あまりに急なお知らせでちょっといけないでしょう。調整できるかな?むむむむ。

数理設計研究所は「防災現場での高速同期スペクトル拡散通信技術の適用」という題目。
数理設計研究所内のご案内はこちら

Hal.Tさんは無線屋さんでもあるので、省電力のスペクトラム拡散通信を防災に役立てることに力を入れています。もともと数理設計研究所自体が儲けよりも電子技術を防災に生かすというのが目的ですからね。

数理設計研究所のスペクトラム拡散通信についてはこちら。
数理設計研究所:微弱電波で長距離通信
http://www.madlabo.com/mad/product/ss/index.htm

最近、防災系のことをやっていないのは反省かな。
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1169-c20b368c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。