FC2ブログ

ペットボトルの違い 

必要があってペットボトルの知識をば。

天神のページ:PETボトルの諸性質
http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/labo/pet.htm

山本先生の調べによれば、ペットボトルには次のような特徴がある。

一般用PETボトル 耐熱温度50℃ 耐圧性なし
耐熱用PETボトル 耐熱温度85℃ 耐圧性なし
炭酸用PETボトル 耐熱温度50℃ 耐圧0.6MPa程度(山本先生の推定)
炭酸用PETは使用温度30℃以下、内圧0.4MPa以下での使用を推奨。

共通事項として、耐薬品性はない。耐酸性は食酢程度まで。
耐有機溶剤性としては、アルコール濃度20%までとあるが、PETの耐アルコール性はよいと思うのだがなぁ。低濃度なら特に問題はないだろう。

山本先生のサイト以外の情報としては、PETは酸素や二酸化炭素を通しやすい(透過率が高い)ことか。

81218a.jpg
炭酸用の飲み口の特徴。キャップを緩めた時に中のガスが抜けるようにスリットがある。一般用のペットボトルも同様になっているものが多い。
ボトルの質感は、炭酸用は厚みがあり弾性がある。

81218b.jpg
耐熱用の飲み口は白いモノでできており、熱膨張や変形に備えていると想像する。

81218c.jpg
キャップの特徴は耐熱用はオレンジであること、炭酸用は内側に密着性をよくするためかシール材が使われている。

スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

なんだか、お役に立てたようでよかったです。
がんばってください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1178-d7986df4