FC2ブログ

デジカメの目 

見えないものが見える!
っていうのは怪しさと怖さがあるけれど、デジカメは人間の目には見えないモノが見える。
それは近赤外線と近紫外線。

テレビやエアコンのリモコンは、信号を赤外線で行っている。そこで発光部を自分の目で見ながら押しても何も見えないが、デジカメ越しにみると写真の通り点灯しているのがわかるんだ。

81224a.jpg
81224b.jpg

前に潜楽さんのブログでデジカメの色合いについて書いてあったけれど、カメラが感じる赤外線の色合いが画像に出ちゃうんでしょうなぁ。

メーカーも近赤外線や近紫外線をカット(または補正)する努力はしているようですけれど、これはCCDの仕様らしいのでCCDの改良が根本的な解決方法のような。もっとも赤外線カットフィルタを使えばいいしコストも安いはずですが、そうしない理由があるんでしょうかね。

たとえばオートフォーカス機能とか。昔のデジカメのAFは、赤外線を照射して距離を測定している機種がありました。カメラから赤外線を照射して被写体から赤外線が戻るのをカメラのCCDで受光することで被写体との距離を計算する方法です。これはカメラのCCDが赤外線を感じることができたからできたといえるんじゃないかな。このため赤外線カットフィルムは使えません。

もっとも今は、カメラ本体でデジタル処理ができるのでコントラストを元にピントを合わせるコントラスト方式がコンパクトデジカメで多いようです。ただピント合わせ時に一旦ボケさせてピントの合うところまで動かすため、ピント合わせに時間がかかるのが短所です。またどうしてもコントラストがないもの(白い壁や薄雲の空、はっきりしない模様など)のピント合わせが苦手。さらにデジタル処理の都合なのか横に並ぶ画素の明るさを比較してコントラストを計算しているので、横縞のものは当然横方向にコントラストがないため縦位置でピント合わせするとか工夫が必要です。

一眼デジカメは違うAF機構を使っているのが多いですね(位相検知方式)。

というわけで、デジカメ(CCDだから携帯電話のカメラも)は人の目で見えないものが見えることがあるんですよ。

※しかしニコンのP5100はAFが遅い。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1189-e690049d