スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二子新地「雛」 3000円ぽっきりコース 

12月23日は新地の会社での忘年会でした。
場所は新地駅前の“雛”。
12月上旬に有志による忘年会検討会が雛で行い、3000円ぽっきり(税込)飲み放題の“雛”に決まったのでした。いやはや、飲み放題付ならばコストパフォーマンスがいいですよ。

もっとも日にち限定ですからいつもやっているわけではないですが。通常だと5000円くらいかな。

81223_01.jpg 81223_02.jpg
サラダっぽいうのはキノコのサラダです。

81223_03.jpg 81223_04.jpg
開きはホッケとキンメです。検討会の時はキンメ1枚でとてもおいしかったのですが、今回はキンメ半身とホッケ半身となりました。潜楽さんは各テーブルのキンメの頭をかじってましたが、よほどお好きなようです。

社長とうふふ課長の魚にこだわりを持つ方々は魚の分析。鮮度はよく、魚の名前を当てていましたが、脂ののったおいしいのがいまひとつわからず店員に聞いていた。
「メジマグロです」
「メジ(ネジ?)にもいろいろあるんだから、何の子かちゃんと聞いてきて」
なんともかわいそうなアルバイト。でもそれが勉強になるのでありましょう。

ちなみに“メジ”が本来のいい方のようで調べると“目近”の略らしいですね。“ネジ”ともいうらしいですが訛りのようです。いずれも本マグロ(クロマグロ)の幼魚の通称とのこと。
そこを「何の子か」と聞いているのは、一部でマグロ全体の幼魚を“メジ”といってしまうお店があるらしいのです。キハダとかね。雛ではちゃんと本マグロだといっていました。

81223_05.jpg 81223_06.jpg
寄せ鍋の“雛鍋”をおいしくいただき、雑炊かうどんが選べます。香の物もきましたね。
匝テーブルだけうどん。その他は雑炊をえらんでいました。

81223_07.jpg
その間にも酒が並んでいきます。締めは林檎のシャーベット。

これで3000円でやっていけるんだからなぁ。
飲み放題のビールの生がダメというのは、ジョッキの手間があるからだろうと推測。そこも瓶かピッチャーですもんね。

でっかく、満足でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1198-a6a830d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。