スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもより長い日 

明けましておめでとうございます。

みなさんはどんな初夢をご覧になりましたか?
匝は覚えていないんですよ。見ていないのかも知れません。
年末は会社の夢ばかりだったのに…
資金不足で行き詰ったとか、給与が振り込まれなかったとか、エンジェルさんが支援に来たとか
その都度、自分に言い聞かせるんですが、こんなことでは会社がはじまったら身がもたんぞ(苦笑)

さて、昨日、元旦はいつもより長い一日でした。実に3年ぶりのイベントである“うるう秒”の追加が行われたのです。

現代の時刻管理は原子時計による精密な時刻を使用しています。しかし実際に体感する時刻は地球の自転を基にしている。この地球さんは一定の自転をしているわけではなく、概ね遅くなっているのです。そこで原子時計の時刻と地球自転による時刻にだんだんと差が生じてきてしまいます。そこで補正するわけですが、地球の自転を早めたりすることはできませんから自ずと原子時計を調整するんですね。

具体的には1月1日8時59分59秒の後に60秒を追加し、その後9時00分とされました。

残念ながら一般電話の117は58分20秒から1秒の間隔を間延びされ(1S+10mS)たのでわかりませんが、NTTのひかり電話ではちょうどの時に鳴る“ポーン”が59分60秒と9時00分00秒の2連続で鳴ったそうです。

うちはひかり電話ではないので確認できません。

そういうわけで昨日はいつもより1秒だけ長い日であり、同じく今年は1秒だけ長い年となります。
ちょっとだけお正月が長いお得な年、2009年です。

本年もよろしくお付き合いのほどお願いいたします。

独立行政法人情報通信研究機構:「うるう秒」挿入のお知らせ
http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h20/080912/080912-1.html

NTT東日本:時報サービス「117」の「うるう秒」調整の実施について
http://www.ntt-east.co.jp/release/0812/081215a.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1216-ff16b21b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。