スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の深さのなぞ 解 

1月4日に書いた“海の深さのなぞ”の回答が保安庁より届きました。
下記は匝からの問い合わせメール。“匝”の部分は匝の本名。


To: 目安箱
Subject: 【質問】

海上保安庁
ホームページ担当者様

質問:海の平均の深さの記述について

神奈川県横浜市在住の匝と申します。
日頃より海上交通の安全と警備への業務ありがとうございます。

さて、ホームページを拝見し、海の平均深さの記述で4750メートル
とあります。一般的に3800~4000メートル程度の記載が多いので
すが、これは海の定義による違い、もしくは潮汐を考慮されている
のでしょうか。

ホームページでの海図水深基準面は干潮時に近いものだと思い
ますので、浅くなるならまだ理解できるのですが…。

4750メートルとなる理由を教えていただきたくお願いいたします。

ご多忙の中、よろしくお願いいたします。



回答の趣旨は次の通りだ。

保安庁に掲載された海の平均水深4,750メートルは約20年前に算出された。
このため資料がなくどのような基準で算出したのか明示できない。
ホームページの当該記述箇所は削除した。
ご迷惑をおかけし申し訳ない。

と、箇条書きにするとこんな感じ。ご迷惑はかかっていないのだが、たしかに削除されている。
官庁のホームページってこんなに早く更新できることが驚きだった。

いくつか保安庁の数字を根拠に掲載しているサイトもあるようだが、根拠がなくなってしまった…
うーん。でも保安庁以外にも4000メートルを超える記述のあるサイトもあるのだが、何を参照したのだろう?気になるなぁ。

回答が早いといえば、前に気象庁サイトのアメダス地図形式だったかでデータの更新が止まっていてメールしたら、すぐにメールにが返ってきたのには驚いた。あれは休日だったのに、当番の人(管理者)はいるみたいですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1226-0f70f21a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。