スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発酵第2回戦 ショワショワ2 

90107a.jpg 90107b.jpg
前回の発酵3日+1日のものに続き、発酵5日+1日のものを開けた。
炭酸量は前回よりも多いかもしれないが、グラスに入れると泡が残らない。観察すると少しずつ泡が立っている程度だ。酵母臭は少ない。

既に中の糖が減っていて酵母自体が少なくなっているためとも考えられる。

酵母臭を少なくするには、
1)完全発酵させる
2)ボトル内発酵(二次発酵)で、できるだけ澱を含まない
3)低温にする
という方法が考えられる。つまり酵母を少なくするのだ。火入れもあるが、炭酸がなくなってしまうんじゃないのかな?現代のシャンパンは発酵による炭酸ではなく、後からガスを含ませることが多いという話もある。

澱を含ませないためには、三角フラスコはよくない構造だ。澱が溜るように底が細く、チューブで取り出す際に吸い込まない構造がよいように思える。でなければ一次発酵は大型のペットボトルで行い、捨てる底の澱の部分の液が少なくなるようにすればよいとも思える。

もっとも底の澱は捨てずに繰り返し酵母として使えるはずだけれど。

実験後は酒税法に触れないよう適切に処分しましょう。


自宅で晩酌。今日は辛口のシードル。これはこれでおいしい。ちょっと度数が高いのかいい気分で寝床に入ってしまいました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1230-f7a74833

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。