FC2ブログ

生ビールの生 

酵母臭のことで参考のためwikipedia“生ビール”を読んだ。
前に飲んだ江ノ島ビールはほのかな酵母臭と澱があったが、普通のビールには含まれないからだ。

すると現在では樽から出されるジョッキの生ビールと瓶・缶のビールは中身が同じなのだそうだ。そして“生”の定義は“非熱処理”されているもの、つまり濾過で酵母がいないものが“生”ということになったとのこと。濾過しちゃうと旨味とか香りとかもなくなっちゃうんじゃないかとおもうんですけれどね。

加熱処理は酵母をなくし日持ちできるようにするのですが、これを濾過で酵母をなくす方法に変わったわけです。酵母が残っていると発酵が進みますし、管理も大変になります。結果、賞味期限が短く、冷蔵配送が必要なわけです。火入れしていない生原酒の日本酒も冷蔵配送が基本ですよね。

そんなわけで、生とは酵母がいる状態というのが本来あるべき姿であるようです。
酵母臭を少なくするにはどうすればよいのか、試行錯誤が続きそうです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1231-7ea6af58