FC2ブログ

イモリ喰われる 

昨日10時頃だったかイモリ水槽の水温も19℃となり、朝から水槽の上の蛍光灯を点けていたためパスターズの動きも非常によい。というよりも、やや気がたっているようでもある。

たしかに1週間近くエサを与えておりませんからね。今回は久しぶりのエサ。それも冷凍赤虫であります。

この日は二日酔いの頭痛でどなたがどのように赤虫を食したかを気にしませんでしたので、個体の名称は省略。

まず濾過器脇にいた一匹の鼻先で赤虫を…って、既に喰らいついております。おもいっきり口に頬張ろうとしているようにも見えます。

さて石の脇に1匹とすぐ横のカメの島に1匹。まず石にいるイモリに赤虫を与えようと水中に入れて鼻先まで持っていったらピンセットにまで喰らいついて離しません。さらに匂いを嗅ぎつけたのかカメの島にいたもう1匹が近寄ってきて今食事中のイモリの左足に鼻先が当たった瞬間「パックンチョ」
imo.jpg

足は当然身体についているのだから飲み込めない。そこで首を左右に大きく振って千切ろうとする。かまれている方は相変わらず赤虫を咥えたままですが、何が起きたのか思考停止状態で微動だにせず、振られるままです。

もっともイモリの歯など爪切りのヤスリほどであり噛み切るなんてことはできません。だから人間も指にパックンチョされてもなんら痛くも痒くもありゃしません。くすぐったいくらいかな。

左足に喰らいついた方もどうやら一息ついたようで、その隙に喰らわれていた方が脱出に成功。なんとなく“えーん”と泣きながら離れていったように感じましたな。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/125-274c7f12