FC2ブログ

景気対策 

ま、先日高氏と食事をしていて定額給付金に代わるやり方があっただろうという話をした。

高氏は「宝くじ制にすれば、当たった人が思いっきり買い物するだろう」と提案。
しかし、それってよくて貯金か住宅ローンなどの借金返済に回るだけで、消費は増えないし雇用も増えないよ~と反論。

「では、キミはどうするんだい?」
そりゃ、補助金制度だよ。たとえば、国産自動車をある期間に買うなら30万円を補助する。もちろん2兆円全部ではなく、一部はデジタルテレビの補助。また一部は太陽電池パネルの補助などに分ける。テレビなんて2011年にはデジタル化されるんだから、今から補助金だして普及させてしまえばいいんだよ。

「でも一部の企業だけって国がやることではないんじゃないかい」
とにかく在庫を処分しなければならない。在庫がなくなれば生産が始まり、孫会社や期間工などの仕事が復活するのも早まる。テレビは先に言った通り普及率をアップするいい機会だし、太陽電池パネルは温暖化ガスを少なくすることもでき一石二鳥。自動車も電機もひどい状況だからね。

1500億円の予算でデジタルテレビを3万円補助すれば500万台分。多すぎるならデジタル家電を含めてもいいか。
5000億円の予算で太陽電池パネルを150万円補助。これで33万世帯分。年間5万世帯程度の設置ペースのようなので一気に増やせる(ハズ)。

補助金制度のよいところは2兆の金で、1/3補助とすれば3倍の経済効果が確実にあることだろう。
どの分野に資金を投下するかは専門家のご意見を聞かねばならない。建設関係でもバリヤフリー対策としてもいいし、在庫処理や雇用対策も兼ねた新しい事業を行うことが必要だと思うんだよね。
公共事業は工事だけでなく、生活の質を向上させるようなものがいいと思う今日この頃。

と、いいながら定額給付金をもらったらどうしようかな。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1279-449a4dfa