FC2ブログ

イモリ鳴く 

5:45現在、イモリ水槽の水温は14℃。ナポリだけが浅いところから顔を出している。
一匹は陸場に上がっていたが、フンフンと道路を渡るうちの姪っ子のように左右を確認しながら前進、そのまま水中へと帰っていった。寒いのでジッとしているのかというと、イモリにとって15℃前後は動きは鈍いとしても普通に生存できる温度なので、意外とよく動いている。凍らない限り大丈夫…だろう。

さてみなさんは、イモリなど見たこともなければ飼ったこともない。まして見たくもない、という方もいらっしゃるだろうが、実は鳴くのだ。まぁ、同じ両生類でもあるカエルも鳴くのでそんなことがあってもよいと思われる。

鳴き方はどうも2種類らしい。ひとつは口をパクパクさせアゴを鳴らしているようだ。だから“鳴く”という範疇に入るかはわからないけれど、陸場に上がって“コッコッコ”というか“カチカチカチ”というかそんな風にアゴを鳴らすことがある。最近はないね。意味はわからないが、特に「エサはまだかい!えっ!!」などという不満・要求というわけでもなさそうで、給餌係としては安堵している次第。

エサといえば、後で冷凍赤虫4gを与える予定。

ふたつ目は驚いた。「あ゛ー」というか「にゃー」(?)というか、やや高音気味で夜な夜なメスへラブコールする盛りの猫のような奇声を発するのだ。こちらはごくたまに、まだ数回しか聞いていない。さらに最近発見したのだが、この鳴き声をナポリが水中で発していたのだ。あれは何かの見間違いだったのか…。

録音・録画というのもむずかしいなぁ。またアゴ鳴らしなら発見した時でも準備が間に合うと思うのだろうが、奇声の方は瞬間一発芸だからなぁ。

ところで飼い主の方であるが、昨日から喉の痛みと鼻水・鼻づまり、さらに昨夜から咳きもでてきた。今日は(も)忘年会。ほどほどにしよう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/13-cb705f61