スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金制度の驚愕 

いやはや驚いた。

会社の業績も厳しいし社長も高齢になってきたので、いい機会だから報酬を引き下げて年金受給することを検討した。匝の方で手計算を行って最適と考えられる金額をはじきだし、労務士さんに確認してもらった。すると会社と社長個人のお互いが納得できる範囲の金額であることが確認できたので、あとは実行するだけというところで、忠告があったのだ。

「今、報酬を大幅に下げると将来の年金額が下がる恐れがあります」

顔を見合わせる匝と社長…「なんだって?」

「ですから、今、報酬を大幅に下げることで70歳で再計算した年金額が今の年金額よりも少なくなるかも知れません」

今もってよくは理解していないのだが、こういうことらしい。

基礎年金は20歳から60歳までの40年間支払えば満額受給ができる。もし、支払いが不足している場合は、満額の金額から支払っていない月数分だけが減額される。

厚生年金は60歳を過ぎても在職している限り年金保険料を支払うが、65歳までに退職すれば60歳以降の分を65歳時点で再計算して支給する。65歳以降も在職していると引き続き年金保険料を支払い70歳の時に再計算される。

一般に社長や大企業の部長など、保険料等級が最高の62万円(月の給料に相当)をもらっている期間が長いと高い年金額となるが、たとえば65歳で会長に引退して給料が半分以下にしてしまうと70歳の再計算時に生涯給与の平均額と加入月数の関係から65歳時点の受給できる年金額と比較し70歳に新たにもらう年金額が少なくなるということがあるようだ。話では結構よくある話らしいので、今の年金計算書より70歳の時の年金計算書が少なることがあることをお知らせしたとのこと。

「だって、年金保険料を引き続き払っているのに何で今よりも減るんですか?」
「計算式上そうなるので、制度の問題なんですよ」
「そもそも60歳を過ぎても、それまでの年金保険料と同じ金額ですよね?基礎年金部分はどうなっちゃっているんですか?基礎年金分は下がらないと変じゃないですか!」
「年金保険料自体に基礎年金部分とか厚生年金部分という区分があるわけじゃないんですよ」
「70歳を過ぎれば保険料を払わなくていいんですよね」
「はい、そうです」
「じゃ、70歳を過ぎて報酬を増やす手もありますね」
「いえ、金額にもよりますが70歳を過ぎても支給制限はあります」
「なんだって!」

ま、給料を得ている人は年金なんていらないだろうということなのだろう。だけど取るだけとって減る場合があるってどういうことよ。ぷんぷん。

いつも思うんだが、年金なんて困らない程度に一律に支払えばいいのだ。月に15万円。初任給程度の年金。金持ちも貧乏人もそれだけを年金として支払う。これ以上欲しければ別途、民間の年金制度に加入すればいいのだ。
ひとり月15万円は、かならず国がめんどうをみる。保険料計算もしやすいぞ。

65歳以上の人数×15万円が月に必要な年金原資だ。年金は20歳から60歳(なんなら65歳でも可)までで支え合えばいいわけだ。

2004年の65歳以上の人口は、2487万人。20~64歳までの人口は、7831万人。

月に必要な65歳以上の年金原資は年金額一律15万円として、3兆7313億円。
現役年代の月負担額は、47,646円。これは現行の厚生年金保険料月給62万円の会社との折半額に等しい。
半分は会社または国が負担すると、23,823円。これだと現行の保険料月給30万円と同じくらいだ。ある程度は所得ごとに割り振るとしてもこれで済むと思うがいかがであろうか。事務費は国家が負担すればいい。

この計算だと現行サラリーマンの妻は年金を支払っていないので、支払う必要が生じる。負担が増えるわけだが、よく考えてほしい。個人事業主の妻は自分の年金を払っているのだ。差別ではないか。
サラリーマン同士でも、独身者と既婚者の間でも年金保険料に変わりはない。つまり独身の匝がどっかの奥さんの年金保険料を負担しているわけだ!くそっ!

ところで平成21年度の基礎年金年額は、792,100円。月に66,000円である。
月に15万円(物価の変動はあるだろうが、初任給くらいはほしい)は年金で保証しますよ。足りない分は年金基金や個人年金制度とか利用してくださいね。支払保険料は税制上の優遇策を行います。
とか言ってくれた方が全然よさそうなのは匝だけだろうか。

65歳を過ぎてもある程度の収入を得ているのだから支給制限はやむを得まい。65歳を過ぎても多少年金保険料を納めるのもよかろう。しかし年金を余計に払っているのに、払ったら減額されるのはどうかな。

いやいや、こういう考えかも。落ち着いて考えよう。
65歳以降も多く払うと年金の支給制限があり年金がもらえない。しかし65歳以降はその分をもらえる。
65歳以降給与を減額すると一部年金を受給するわけだから、その分70歳以降の年金額を少なくしますよ。そういうことなのだろうか?

ま、65歳を過ぎたら引退して若い世代に仕事を引き継ぎなさいってことなんだろうな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1367-147523a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。