スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茄子 

茄子 上 新装版 (1) (アフタヌーンKC)
茄子 上 新装版 (1) (アフタヌーンKC)黒田 硫黄

おすすめ平均
starsいつまでも大切にしたい作品
starsすごい、アニメになった、アンダルシアの夏、サイコー!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


茄子 下 新装版 (3) (アフタヌーンKC)
茄子 下 新装版 (3) (アフタヌーンKC)黒田 硫黄


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「私さー、ちょっと夢がかなった」
生き生きと若い男女がキャッチボールをする光景が印象的だ。

栄養価が低いといわれる茄子。この野菜の茄子を脇役としつつ、それぞれ違った場面のマンガを描いたのが本作だ。あくまで茄子は脇役であって、本編を左右するものではない。

匝との出会いは、“茄子~アンダルシアの夏~”という短編映画を観てからだ。この感想は、過去のブログにも載せている。

ほとんどが日常を描いたものだが、それぞれ少しクセのある登場人物によって物語が描かれている。各話だいたいが独立した話であるが、現代の話では登場人物が別の話にも出てきたりする。

就職した後、人間関係に疲れた国重(女)と、朝起きれないままプラプラ過ごす有野(男)。ひょんなことから道端で出会って、これまた唐突にキャッチボールする約束をする。そしてキャッチボールをする日のために弁当を作るのだが、それまでの過程が日常的なのになぜかワクワクする。
いよいよキャッチボールをする絵がとてもいい。この二人、恋愛とか結婚などどーでもいいと考えていて、すっごく自然な友達関係を気付いていく。こんな関係がとてもうらやましいほどだ。
こんなお話でも茄子は弁当の中でサラダの一品として登場するのだ。

高橋さんの商魂もうらやましい(笑)

人生、自然体の中に光るものがあるのかも知れません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1394-74d32428

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。