スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都内桜めぐりポタ2009 都電と走る編 

90328_41.jpg
東大のある本郷台から坂を下り、小石川方面へ向かう。ここには播磨坂という桜で有名な坂があるのだ。

90328_42.jpg 90328_43.jpg
到着すると入口には“文京さくらまつり”の看板がでている。道の中心には小川も流れる広めの遊歩道、その両側には自動車道と歩道。桜並木は道に4列あるので咲いていればにぎやかであったろう。

寒さに震えたのか、桜の花が首から落ちていた。あらあら。

90328_44.jpg
さくらまつりの時間帯は自転車の通行禁止。押して歩くように注意書きがある。とはいっても、桜がまだ3分咲き程度。吹く風は冷たい。満開は次に週末だと思うのだが、この週でまつりはお終いとのこと。

90328_45.jpg 90328_46.jpg
係長氏と共に満開だったらっさぞきれいだったでしょう、と残念ながら小石川を後にした。
行く道には、強い風で飛行船に翻弄される建築現場の人々、サッカーボールの給水塔。
うーん、飛行船はもっと見ていたかったなぁ。大好きですから、飛行船。まぁ、飛行船というよりアドバルーンかもしれませんが、あれは何に使うのでしょうなぁ。

90328_47.jpg 90328_48.jpg
大塚へ向かう途中に公園に都電資料館があるというので立ち寄ってみた。
それが行ったら、これまた残念だったんですよ。カゴの鳥ならぬ、カゴの都電。金網の中に朽ち果て気味の車両が1両。これは悲しすぎる。SLだって、もうちょっとちゃんと展示してあるって。客車というのがよくないのか、中に住まう人がいたのかも知れない。

係長氏から「これが資料館か!」と言われ、凹み気味で走る大塚駅前にも桜並木はありました。でもまだ咲いていません。

90328_49.jpg 90328_50.jpg
とうとう大塚駅を越え、山手線の北限を超えた。
道路の案内板に“川越”の文字が。30km程度だ。
「これから川越行くか?」
係長氏の言葉は冗談だったのか、どうだったのか…

都電沿いに走りたかったけれど、並走する道なく、適当な道を進み巣鴨へ。おばあちゃんの原宿って言われていますよね。

90328_51.jpg 90328_52.jpg
身体の悪いところと同じ場所をこすると、悪いところが治るといわれる“とげぬき地蔵”。写真のおばあちゃんは頭をこすってますが、最近忘れっぽいとか?
4のつく日は縁日だそうで、もっと賑わっているようだ。ポタリングにはこの程度の混み具合が精一杯。

90328_53.jpg 90328_54.jpg
「カレーうどんの店で食おう」
そう係長氏はおっしゃいましたが、店の向かいの壁際には並ぶおばさん達多数。そもそもとげぬき地蔵をお参りした後の出口がこのカレーうどん屋の前にでるわけで、もう、ひとつの行程に含まれているようだ。

90328_55.jpg
都電と並んで走りたい。負けました。だって、上り坂なんだもん。
専用軌道を走っていく都電の側道も途中で途絶えて、迂回することに。目指すは面影橋。

90328_56.jpg
迂回途中に造幣局にでる。平日な資料館の見学もできるらしい。
横を向けばサンシャインが…。思えば遠くに来たものである。

【つづく】

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1400-ea848d2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。