FC2ブログ

PASMO定期であたふたと 

今日からPASMOサービスの開始。ついでsuicaで私鉄の利用が可能になった。

匝も定期券が切れているので早速もより駅の定期券売機で購入することにした。14時頃だったろうか、定期券売機前はにぎわっていて駅員も数人が案内をしている。

しばし待ち匝の番になり、定期ボタンを押し、発行替えボタンを押し、期限切れ磁気定期券を入れると「お取り扱いできません」…。期限切れ定期では発行替えができないそうだ。そういや継続ってあったっけかな?

しかたなく新規ボタンを押し、区間、名前、生年月日、電話番号などを入力し、クレジットカード購入してようやくと手に入れた。背後からの“はやくしろ~”という心の声にあたふたと券売機の前から立ち退いた。手元に残った期限切れ磁気定期券は近くにいた駅員に差し上げ横浜へと向かう。実は横浜の方がガラガラだったのだけれどね。

さて横浜での買い物を終え家に帰宅し、匝父にPASMO定期を見せあれやこれやとひとときの団欒をしている中…「あっ」。定期の区間が違う…。

そう匝の会社は新地にあり定期も横浜~二子新地なので構わないのだが、社用で溝の口や高津に行くことがある。さらに横浜~溝の口でも定期の値段は変わらないので、いつも溝の口までの定期を購入していたのだ。

いつもは磁気定期券を入れて「よろしいですか?」の問いに「はい」しか押さなかった。今回ははじめから入力したのでついつい新地までにしてしまったのだぁ。

とりあえず購入した最寄り駅に行き、区間を間違ったので変更したいというと
駅「いつ買いました?」
匝「3時くらい(あせって時間間違っている)」 現在の時計は17時を指している。
駅「うーん、時間がギリギリだなぁ。とりあえず購入した券売機に並んで、順番になったらよびだし押してください」

案の定、駄目でした。そうそう、だって買ったの14時だもの。ここから類推すると2時間の猶予があるらしい。

結局は駅ではどうにもならないので定期券売り場へ行けということになった。あー、電車に乗って定期券売り場のある駅へいき、売り場へ着くとご案内係のお姉さんに同じ説明を行い、そのお姉さんが奥のおいちゃんにまた説明をし…と、まさに伝言ゲーム。どうにか無手数料で定期券情報のみの変更ということになりましたよ、ふー。

まずは定期券情報変更(消去だったかな?払戻兼の用紙ではあった)の書類を書き、改めて定期券の購入申込書も書き、列に並ぶ。

順番がきて書類とPASMO定期を出し、もう説明もめんどうなので「間違ったので区間変更です」と一言いうと、にこやかに払戻処理と定期券の購入処理をスマイル付でしてもらえました。

あぁ、おそらくはサービス開始の日にPASMOの払戻なんて匝くらいかも。

後ろでsuica定期と東急の磁気定期を持って二つをPASMOにしたいお客がいらっしゃいましたが、係りの人はsuica定期をJRで取り消してからこちらへ云々といっておったが、JRもバカではないだろうから東急線込みのsuica定期にしちゃうだろうね、きっと。

帰りに匝父のために記名式PASMOを購入。PASMO定期以外はクレジットカードでの購入はできないのね…。つまりは電鉄指定のクレジットカードでオートチャージせよとおっしゃる訳か。ふんふん。

匝はsuicaイオカードを記名式に変更して、これからも使って行こうと思う。だってVIEWカードがメインだし、クレジットカードでチャージできるし、ペンギンのsuicaも好きだもの…。

よく考えるとsuicaで東急乗り回ったのが今回の不運の原因だったのかもなぁ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/142-50b18281