スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綱島さんぽ 

前々から気になっていた綱島街道沿い、東急ストア脇の高台に上がる階段。
神社らしきものがあるということくらいで、上ったことがなかった。結構、急でさらに高い。
90410_01.jpg 90410_02.jpg
今日はちょっと上ってみる気になった。階段は100段を超えるらしく、途中で二日酔いの身体ではしんどくなってきた。

粗末な木製の鳥居をくぐると“神明社”と彫られた碑が建っているだけだ。脇にも石碑があり、こちらは“桃雲台”と書かれている。昔、綱島が桃の里であった頃、この高台から眺める景色が美しかったことから碑が建てられた由。シジュウカラが鳴いていました。
90410_03.jpg
90410_04.jpg
桃と言えば、綱島も桃の花が満開ですよ。
90410_05.jpg 90410_06.jpg
諏訪神社の神域も静かで、ときおり撫でる風に竹林がサササと音をたてます。しだれ桜ももうしばらくしたら散ってしまうでしょう。

ところで横浜市の三千分一地形図で昭和15年の南綱島の地図をみると、神明社のあるところには諏訪神社が、現在の諏訪神社の場所には琴平神社と書かれている。今も諏訪神社の中に琴平宮はあるのだが、諏訪神社はもともとは神明社のあった場所だったのだろう。

ところで横浜市の三千分一地形図サービスではGoogle Earthに対応したKMLファイルも公開されていて、Google Earthの写真に地図を重ねることができる。表示をオンオフすれば、昔はどうであったかわかっておもしろいです。


2009-4-11 三千分の一の地図が正解です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1428-7bdd451d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。