スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然由来は安全? 

何かと“天然素材”は安全で“合成(人工)素材”は危険視されることが多い。
概ね合成素材は分解されにくいとか、身体に悪い影響を与えることが多いことは認めるが“天然素材”だって結構危険である。

例えばフグなんて肉は食用なのに毒を持っているため、調理には資格が必要だ。そもそもその毒は史上最強レベルの天然毒である。マグロやクジラも水銀を含んでいるという意味で危険だし、ギンナンだって多く食べると中毒を起こすと言われる。貝には貝毒があるのだ。

身の回りの食べ物にも微量とはいえ毒が含まれるものを食用としている。天然素材だから安心という根拠はこれだけでも否定されると思うが「それは食べ物だからいい」とか「たくさん食べないんだから問題ない」とかいわれてしまう。そして、もう頑張って自然由来のものの安全性を強調する人がいるのだが、なぜか、コチニール色素については拒絶する人がいる。

コチニール色素はくすんだ赤色の天然色素で、食品添加のほか化粧品にも使われている。
お子さまの大好きな“いちご牛乳”にも合成着色料ではなく自然由来のコチニールが使われている。

自然由来だし、自然由来の着色料の中では最高レベルの安全性試験が行われ、現在のところもっとも安全性が認められる色素、それがコチニール色素だ。

では、なんで自然志向とされる人の中で拒絶する人がいるのか…。
それはコチニール色素が、虫を原料にしているからなのだ。それもカイガラムシ。気持ちが悪いのだろう。

そんなこといったら、酒やみりんなどはカビを使うんですよ。ペニシリンもカビが原料。虫が嫌いならカビはどうするんだって感じです。納豆なんて枯草菌ですよ。もっとも虫は嫌いだが、カビとか菌は好き!っていう人もいるかも知れませんが。それでも黒カビは主婦の敵ですよね。

この段階で“自然素材は安全”という話はどっかへ飛んでしまい“虫は気持ち悪いでしょ”という話になる。それは嗜好の問題なので特に何もいわないが、自分が気持ち悪いがために“安全”な“自然素材”のコチニール色素を攻撃して、安全性の低い色素に置き換わるとしたら問題だと思うんだけれどね。

ここはバランスのとれた考え方が必要なのだ。安全性があれば合成されたものでもいいと思う。自然由来なものが安全だと言ったって“水”でさえ大量に飲めば“水中毒”を起こし死に至る。もっとも安全なイメージのある“水”でも死に至るわけで、もっとよく知り、よく考えることで賢い生活ができると思うけれどな。

テレビ番組とか、有名な先生が言っているなんて鵜呑みにしていてはダメなのだよ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1455-cd520ee6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。