FC2ブログ

ECM-MS907を試す 

キャノンのビデオカメラFV M300で、内蔵マイクとECM-MS907の90度と120度ステレオとを試してみた。録音(録画)場所は東横線鶴見川の鉄橋左岸。やや風が強い。録音後ヘッドホンで確認。

内蔵マイクだと音がやや高音になるようだ。鉄道だと少しうるさく感じる。
風音はノイズ(ウィンド)カットされていて気にならない。ただステレオさはあまり感じられなかった。

ECM-MS907の90度ステレオを試す。外部マイクにするとビデオのノイズ(ウィンド)カット機能がオフになるため、低音のボウボウという風音が気になる。ステレオ感はやはり少なめ。

120度ステレオに切り替えると、ステレオ音にかなり臨場感がでてくる。空間的な録音をするなら120度が最良のようである。ただ風音は入ってしまうので、これは別の方法でどうにかすることを考える。
スピーカではステレオ感は薄いが臨場感は大きく感じた。大きくと言っても自然な感じって意味。

ただ実際の運用で困るのは右手にカメラ、左手にマイクを持たねばならない。ビデオカメラにマイクを取りつけることができないのだ。

ところで90度と120度ってどうなっているんだろう?少し不思議。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1496-4803826d