スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中小企業緊急雇用安定助成金申請(追記) 

90514a.jpg
今日は朝から関内の神奈川労働局へ雇用安定助成金の申請に行った。
雑居ビルの5階。パンフには3階とあったが、5階の一室を借りて助成金専用の部屋にしたらしい。
申請書も3部から1部へ、タイムカードも該当月のものだけとなっていた。
「申請が多く紙の量もあるので申請書は1部でいいです」とのこと。
申請書一式の確認で終了。形式さえ整っていれば受理される模様だ。あとでまとめて審査するのかな。

隣の社長さんとのやりとりが聞こえてしまったが、形式審査で受理されない場合もあるようだ。係の人も困っていた。
90514b.jpg
帰りは再度、馬車道を通り会社へと向かった。
今日の朝は心地よい風と気温でした。


2009-5-15
雇用安定助成金などは、バラマキ批判も多少あるようですが、かならずしもそうは思えない。
定額給付金は給付金だけで2兆円程度。貯蓄や借金の返済に回るものもあるだろうから、景気刺激の効果はその分薄まるし、給付後は反動もあり景気が冷え込むとみられる。

雇用安定助成金関連は、総額でもまだ1兆円あるかないか(随時増額していてよくわからなくなった)くらいだと思うが、目的は雇用の維持なのでその目的は十分に果たしていると思われる。

ただ制度を広く利用してもらうため、対象企業が増えたこと(第三次産業も対象になるとは)、要件を大幅に緩和したこと(営業マンなどに助成するのは本来おかしいこと)、審査内容が大幅に緩和されたこともあって、申請書を書いている匝でさえこんなに甘くていいのかと首を傾げることもある。それでも継続的に雇用維持の効果はあるので目的自体はよいのだろうが…。お父さんが失業すれば多くの家族が困るし、それこそ自殺者も増えかねないという予防も兼ねているともいえるわけで、ま、複雑な思いではあるが。

これを期に廃業する企業も増えてきている。不況が長期にわたれば廃業や倒産も増え、助成金だけでは雇用は守れなくなるので次の政策が必要になるな。

バラマキといえば、緊急融資(セーフティネット5号)も長期間に渡れば…と思うが。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1528-45a848b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。