FC2ブログ

関東発生 

新幹線などで関西からやってくると思われたのに、思わぬルートから新型インフルエンザが関東へ入り込んできた。
八王子市と川崎市に在住の高校生とのことだが、高津区にある洗足学園の生徒である。新地の会社も対策を講じねばならないだろう。

19日にニューヨークから帰国したとのことであったが、11日から訪米とは学校の判断はどうだったのか現地での行動も含め検証し今後の対応策を考えてもらいたい。もっとも帰国後、発病した生徒のほか参加した生徒全員、自宅待機させたのは対策としてよかったと思います。

また成田空港では検疫所のサーモグラフィーで見つけたところまではよかったが、簡易検査で陰性と判断されたのは技術的な限界か。簡易検査で陽性の場合、遺伝子調査でより精査し判定される。簡易検査は十分な精度がないからだが、陰性の場合はそのまま精査される機会がない。検疫の限界とあきらめないといけないのかな。もっとも調査票は提出しているから同じ便の人はある程度追跡し、連絡は可能だと思う。

八王子市の生徒の親は陰性だったといわれても、帰宅後発熱外来に相談したのは正しかった。検疫で陰性と言われていたので季節性のインフルエンザということで病院へいったり、病院でもその情報で対応が遅れたかもしれませんし。

とにかく電車内でのセキやクシャミは刺さるような冷たい視線を浴びそうです。
気温が高くなっているがマスクをしましょう。通勤電車も空調が入っているのでウイルスいれば拡散してしまいますしね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1544-2ea1c53d