スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルエンザの症状 

感染症情報センターで公開された情報(医療従事者向け)

■新型インフルエンザの大阪における臨床像
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009idsc/clinical_epi_osaka.html

■2009年5月19日現在の神戸市における新型インフルエンザの臨床像(暫定報告)
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009idsc/clinical_epi_kobe.html

以上を読むと、国内で初めての感染者は神戸市の高校生ではあったが、既に大阪市内の学校で感染が拡大していたらしい。

同校ではGW直後の5/11から感染が広がり、5/13からは高校2年が学年閉鎖となったそうだ。神戸市で国内感染が確認された後、5/16に同校のインフルエンザに感染した生徒を調べたところ新型インフルエンザであったことが判明した。スクールバスや食堂など感染拡大の要素があった。

このことからも大阪と兵庫で一気に学校閉鎖したことは意味のある判断だったように思える。

また大阪、神戸ともに112例のうち1例を除き入院するような症状ではなかったそうである。

主な症状は…
1)39度以上の発熱
2)咳
3)38度以下の発熱、悪寒、熱感
4)咽頭痛

人により
1)全身の倦怠
2)頭痛
3)関節痛
4)下痢・嘔吐・腹痛
ただし調査した小学生には下痢などの消化器系の症状はみられなかったが、症例が少ないこともあり今後調査するとのこと。

過去に季節性インフルエンザの罹患例と今期のインフルエンザワクチン接種例でも、新型に感染していることがわかる。

また大阪の調査ではインフルエンザ迅速診断キットの結果について懸念が記載されている。
詳細な調査ではないため有用性の評価とはならないとコメントがあるが、発症時と発症2日以降ではキットでの判断が陰性となる例があるようだ。1日後でも完全ではないため、現場で検査し陰性であっても新型インフルエンザを否定できない旨の記載がある。このことが洗足学園の生徒が成田空港での検疫で陰性になった原因であろう。

ところで入院を必要とした1例は次の通り(転載)。
---
症例: 20歳代の女性。5月16日夕方より頻回の下痢と38℃台の発熱出現*、咳(-)、鼻水(-)、咽頭痛(-)、頭痛(+)、下腹部痛(++)、関節痛(+)、悪心(-)、全身倦怠感(+)、にて入院となる。現症として咽頭は軽度発赤しており、下腹部に圧痛がある以外には著変を認めない。この日の検査データとしては、末梢血で白血球 5100/mm3、血小板 17.0 x 104/μl、CRP 9.2mg/dl、咽頭拭い液あるいは鼻汁にて行われたインフルエンザ迅速検査A(-)B(-)、RT-PCRにてインフルエンザA(H1N1swine)陽性であった。タミフル、ブスコパンを処方され、輸液が行われた。5月19日現在、依然入院中だが、臨床症状は徐々に改善している。腹痛の原因については精査中である。
---

■新型インフルエンザA(H1N1)の流行状況-更新8
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009idsc/09idsc8-1.html
感染症情報センターは上の文書で、これから夏に向い気温が上昇するからと新型インフルエンザが抑制されるとは限らない、との記載がある。根拠は1957年のアジアインフルエンザ(アジア風邪)を例にあげている。

この時は5月から日本国内で感染が広がり、感染者は300万人、死者は5,700人とされる。
死因の多くは二次感染による肺炎(黄色ブドウ球菌)。
インフルエンザウイルスは黄色ブドウ球菌を増殖に使うことができる。

中外製薬:アジアかぜ
http://influenza.elan.ne.jp/basic/asia.php

報道によれば1957年以前に生まれた人は、新型インフルエンザの免疫を持っている人がいるとの米国CDCの発表を報じている。1957年はアジア風邪が流行する年なのだが、これ以前のスペイン風邪の免疫が今回のインフルエンザでも有効ではないかというもの。ソ連風邪もスペイン風邪の免疫がある人が感染しなかったとのことであるが、Aソ連型の免疫はダメだってことかな?




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1553-4ea69007

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。