スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻出しマスク 

一部マスコミでマスクの効果について疑問がでているようだ。
以前も書いたがマスクの感染予防効果は気休め程度。それでも空気感染など感染度が強いものには効果は期待はできるが、今回のような飛沫感染では感染者と同居しているとか、駅員など混雑した場所に勤務する人、病院関係者など以外では、もともと効果は期待薄だったわけだ。

もっともマスコミの論調は海外ではマスクをしていない。感染者とみなされる。格好が悪いという内容に感じるのが残念である。

先にも書いたが予防では期待薄だが、既に発病していたり、体調不良の人が予防のためにつけることは感染拡大防止に役立つと考えられている。

つまり、予防は不十分だが感染者がマスクすることは効果があるってことだ。

ところでマスクは入手困難らしい。花粉症の時期でさえマスクが売り切れなんてなかったし、ラッシュの電車でも花粉症の時期よりもマスクをつけている人は少ないように感じる。いったいマスクはどこへ?
各ご家庭で備蓄されているんだろうな。そしてタンスの肥やしになってしまうのでは…
もっとも生産が間に合い始めるとマスクは店頭にたくさん並ぶだろう。

その貴重なマスクをつけていても鼻を出している人がいる。鼻を出したらマスクの効果は激減だ。マスクがもったいない。感染者だって鼻を出したら感染拡大防止にならない。

マスクがこもって息苦しいのはわかる。実際、試しにつけたら暑苦しく息苦しかった。でもマスク内にこもる湿気がウイルスを足止めさせるのだから、鼻を出したら意味がないんだよなぁ。

もっとも第二波の警戒は怠らないように。マスクの効果についても、感染者と感染者と同居しているなど接触している人には十分な効果がある。マスコミがマスク効果は意味がないようなことを言っても、マスク効果を正しく理解されることを期待します。その理解が感染拡大を防止するだろうから。

と、自分に言い聞かせてみる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1561-af332434

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。