スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

招かざるモノ 

6月第1週は風邪に倒れたが、その後も長引き咳が止まらなくなった。喘息のような状態だが、ノドがヒューヒューいっているわけでない。もともと咳きこむことがあるので、風邪に誘発されたのだろう。
さすがに鼻水と咳がひどく、会社でも心配されたので病院へいってきた。

そんなわけで書き込み頻度が下がってましたが、がんばっていきましょう。

90614a.jpg 90614b.jpg
ゲホゲホいいながらも、ビオトープと菜園の観察は行っています。
写真左のアシタバさんはぜんぜん成長しません。葉を収穫するには30~40センチまで成長しないとできないのですが。水はけが悪いのかしらん?

それに比べてゴーヤは既に実をつけはじめました。まだベランダを覆うほどは育っていませんが、昨年より花が咲くのも少し早い気がします。今年は苦い味を求めて“にがにがくん”という品種にしたそうで、苦みと収穫の多さが特徴なのだそうだ。
90614c.jpg 90614d.jpg
ゴーヤは雌花と雄花に別々に花が咲く。よく知る花は雌しべと雄しべが花の中に一緒にいるが、ゴーヤは別々にあるわけだ。そのため、雄花から花粉を雌花に移動させるのだが、雌しべ雄しべに比べると接触する機会が少なくなる。もっとも同じ花で授粉すると自家受粉になり近親交配になるため、植物によっては同じ花の中でも雄しべが先に成熟し、その後雌しべが成熟するなど時間差を設けて、自家受粉しないようにしているものもあるそうだ。

ところでゴーヤの根元に何かでてますけど…
90614e.jpg
キノコだぁ!
おそらくは腐葉土の中に菌が混入していたのであろうな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1593-c66da9df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。