FC2ブログ

3/25川越旅行 

今日(3/25)は川越旅行でした。
朝は暴風に見舞われ傘は一部骨折状態になったものの行程上徒歩となる時間は風も雨も降られずにすんだ。

今回のメインはサイボクハムでスーパーゴールデンポークを食すこと。
それからサツマイモビールを買い付けること。

ま、ポークの方は“匝の食歴”で後日書くことにしようと思います。

暴風のため東海道本線の遅れを恐れた匝は、新横浜から新幹線で集合地である小田原へ向かう。なぜなら小田原発着のバス旅行だから。
それはそうと、この前日掛川付近で“のぞみ”から飛び降りた人がいたようでダイヤが大幅に乱れていたようです。

小田原からは来た道をなぞるように小田原厚木道路を走り、厚木から東名へ入って終点東京まで。そこから環八を練馬方面へ向かい、関越道と圏央道を経て狭山・日高ICで下り、サイボクハムへと向かった。帰路も同じルートを辿ることになる。

サイボクハムは、株式会社埼玉種畜牧場が営業している施設で、ハム・ソーセージ工場やレストラン、野菜の直売所にパン工場があり、さらに“まきばの湯”という温泉施設まであった。

種畜とは、生産する家畜の種。たとえば馬であれば種馬というように、ここでは豚がメインなので“種豚”という。その仔は食用なので“肉豚”という、まさに食べられるためだけに生まれさせられた豚さんなのである。
種豚の上にもうひとつあったけれど、なんだっけ?

それはともかく、スーパーゴールデンポークのバーベキューというか鉄板焼きをいただくことになった。薄ピンク色のモモ肉がうつくしい。
これが食べられるためだけに…(略)

相席の老夫婦と小田原の社長と匝で鉄板を囲み、まず男3人でビールを連呼。しばし待っても持ってこないので旦那さんが従業員を呼びつけ気合を入れさせる。

和気藹々と食事が進むも酒好きな社長はウイスキーをハーフボトルで頼み、ロックで飲み始める。匝は中生2杯と割り当てられた水割りを1杯いただいた。この頃からかな、社長のロレツが怪しくなってくる。

さて社長の目当てはハムと味噌漬け。匝が奥さんの角煮の要望でばら肉も買い込み、ハムと豚のレバーも合わせてレジ袋4つ。おそらく参加者で一番購入したと推定される。

次は川越観光。

喜多院というお寺を参拝。ここは枝垂桜が美しく、数年前に来たときはソメイヨシノは満開で桜祭りをしていたが枝垂桜は散った後だった。
今回はその美しさを堪能できたものの、お天気がよければなぁとちょっと残念。
kitain2.jpg   kitain1.jpg

そのあと五百羅漢を参拝。ま、いろいろいらっしゃるので写真で紹介。
rakan1.jpg   rakan2.jpg   rakan3.jpg

蔵のある通りへ移動。こちらは春祭りということで交通規制が行われ、大道芸や和太鼓の演奏、武者行列と鉄砲隊の空砲を楽しむ。空砲とはいえ火縄銃の音は迫力ありましたな。
kawa10.jpg   kawa11.jpg

時の鐘に入るところの酒屋でサツマイモビールを買いつけ。さらに社長と1本ずつ飲む。なかなかおいしい。ラベルは昔のものとかわり“COEDO”というブランドになった。お店の奥様に前のものはどれだろかと尋ねると青いラベルのものだといわれる。ま、これを1ダース買って新地の会社へ送る手配をした。

社長は完全に落ちたらしく、ビラ配りのドコモのお姉さんに「FOMAはドコモつながらない」と絡むのだよ。はずかしいからやめなさいって。と、普通は思うのだが酒の入っている匝はやや生暖かい目で見守っていた。

以下、めんどくさいので略…

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/161-bde154a2